143 view

知識・勉強

よく聞くアンバサダーとは一体!?インフルエンサーとの違いも徹底解剖!!

\ この記事をシェア /

 「この度、〇〇のアンバサダーを務めさせていただくこととなりました!」という報告、SNSで一度は見かけたことがあるのではないでしょうか。漠然と、すごいことに選ばれたのだろうな・・・と思うでしょうが、アンバサダーって何かご存じでしょうか。

「アンバサダーってかっこいい響きだけど、今更アンバサダーって何?なんて聞けない・・・」なんて思っている方必見!

 今回の記事では、アンバサダーについて深掘りします。そもそもアンバサダーとインフルエンサーの違いって?アンバサダーってどうやって選ばれるの?など、今更聞けない基本知識から、マーケティングに関してまで徹底解剖していきます。

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

アンバサダーとインフルエンサーの違いって!?

アンバサダーの日本語訳は「大使」や「代表」です。その意味からもわかるように、企業と消費者をつなぐ役割をするのがアンバサダーです。アンバサダーは企業の商品やブランドそのものに熱量があるファンであり、その魅力をファン代表として発信していきます。

芸能人の「〇〇県の観光大使に任命されました」というニュースを、思い浮かべてもらうのがわかりやすいです。芸能人と県がパートナーを組み、芸能人がその県の代表者となって、おいしい食べ物や観光地などの有益な情報を世の中に発信していますよね。

 一方インフルエンサーですが、SNSの普及により、一般的にインフルエンサーという言葉が使われるようになりました。インフルエンサーは、自身の持つコミュニティに関して、世の中に強い発信力をもつ人のことを指します。

どうすればアンバサダーになれる?

ここまでを読んで「インフルエンサーを目指しているけど、ゆくゆくはアンバサダーになりたい」と感じた方もいるのではないでしょうか。インフルエンサーは多くのフォロワーを獲得すればなれます。しかし、一体アンバサダーにはどうすれば就任できるのでしょうか。

 「フォロワーもたくさんいることだし、特定の企業商品の投稿を続ければアンバサダーになれそう!」なんて思いますが、実際のところは違います。フォロワーの数はあまり関係ありません。何度も言うようですが、大切なのはその企業に対する「熱量」です。

企業側がアンバサダーを選ぶ際に重要視するのは、世の中に与えたい自社イメージを理解しているかどうかです。フォロワーが少なかったとしても、その人のSNSへの投稿が企業イメージに合ったものであればアンバサダーの依頼をするでしょう。

もし、アンバサダーになりたいくらい大好きな企業があるのなら、ひたすらその企業商品をほめるような投稿を続けるのではダメです。大切なことは、自分の言葉で、愛をもって発信することです。企業側に「この人はしっかり商品のレビューをしてくれそうだな」と思ってもらえれば、アンバサダー就任の道は近づきます。ですから、企業のHPなどを見て、写真のイメージをつかんだり、商品のアピールポイントを探したりしましょう。

企業側のメリットは?アンバサダーマーケティングを徹底解剖!

ここまでで、アンバサダーとインフルエンサーの違いで大きい点として「質」と「量」があることはおわかりいただけたでしょうか。インフルエンサーが、商品の認知度を広める役割があるのに対して、アンバサダーは商品の販売促進の役割があります。

アンバサダーをフォローしている人の多くは、すでにその企業のことをよく知っています。さらにその企業の商品を買うかどうか決める際に、アンバサダーの感想を参考にするのです。

アンバサダーマーケティングは、詳細な商品レビューや愛のある情報発信から、インフルエンサーマーケティングより、さらに一人あたりのマーケティング効果の高さが期待できます。アンバサダーの投稿によって、消費者の購買意欲に直結するので、とても費用対効果の高い戦略といえます。

さらに、アンバサダーの投稿へのコメントは、企業からしたら宝の宝庫です。お金を出してでも知りたい消費者の声であふれているからです。インフルエンサーは認知度を広める役割ですので、どうしてもインフルエンサーからの一方通行になってしまいがちです。しかし、アンバサダーの投稿へのコメントは、同じように熱量のあるものが多くみられます。その中には「今回の商品は企業とイメージが違った」とか「こういった点を改善してほしい」など、辛辣なコメントもあるかもしれません。しかし、これらは消費者のリアルな声です。アンバサダーといった企業と消費者の間に一部屋作ることで、よりリアルな生の声を聞くことができるいいチャンスだと捉えましょう。

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

まとめ

口コミが消費者にとって重要であることからわかるように、世の中は「個人」からの発信が影響力をもつようになりました。ですから、企業の情報発信について悩んでいる企業やマーケティング担当者は、インフルエンサーマーケティングから、さらに一歩踏み込んだ「アンバサダーマーケティング」にも積極的に挑戦していってください。アンバサダーの選任から、企画、実行と難しいマーケティング手法ですが、「質」にこだわるなら挑戦する価値ありです!

\ この記事をシェア /

ライター紹介

minami

フリーライター

一度きりの人生☆とことん楽しむぞ!! いろいろなことに興味を持って毎日を楽しく生きるフリーライター。 出版社勤務の経験を活かして、質の高い記事をお届けします^^
minamiの記事を見る

  • Twitter
  • このライターの記事

    minamiの記事を見る

  • Twitter
  • ランキング

    タグ一覧

    • みりょくがいっぱい。台東区をご案内