146 view

Twitter

Twitter集客を成功させるコツを紹介。売上アップのためには必須です。

\ この記事をシェア /

Twitterは集客を成功させる鍵を握っています。

Twitterをうまく活用すれば集客の効果を最大化することができます。

今回はTwitterをどのように活用すれば集客を成功させられるか、売上につなげられるのかについて解説をしていきます。

「Twitterからの集客をもっと効率よくやっていきたい」「Twitterを活用して売上を伸ばしていきたい」と思っている方はこの記事を最後まで読んでみてください。

また、Twitterから集客するのに適している場合と、そうでない場合があるのでそこもしっかりと確認するようにしましょう。

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

Twitterを使った集客のコツ

では、早速ですがTwitterを活用して集客をするコツを解説していきます。

これからコツをしっかりと理解してTwitter集客を成功させましょう。

訴求を入れ、目立たせる

まずは『訴求』を必ず入れるようにしてください。

訴求とは「してほしいことは何なのかを明示する」ということです。

また、その訴求を目立たせるということもものすごく重要になります。

Twitterはほとんどが文章で構成されていますので、訴求が他の文章に埋もれてしまっては意味がありません。

見てほしいところはどこなのかがしっかりと伝わるように、【】、『』、!などの記号も使いましょう。

ターゲットを明確にする

「あなたのターゲットは誰ですか?」と聞かれた時にはっきりと答えられるようにしておく必要があります。

Twitterでの集客の前に事業としてターゲットが明確でないと伝わらないことが多いです。

例えば、あなたが普段、友達と話している時には目の前の友達に向かって喋っていますよね?
だから友達には言っていることが伝わりやすいです。

ですが、これが人数が増えてきて「不特定多数に当たり障りのないこと」を言うと相手には伝わらなくなってしまいます。

なので、どれだけターゲットを絞り、ターゲットに自分事だと思ってもらうかが大切です。

拡散してもらえるようにツイートする

Twitterの魅力は”拡散力”です。

どれだけ拡散してもらえるかが重要になっています。

拡散してもらうためにまずやるべきことは『1日2ツイート以上』と『ハッシュタグを2〜4つ付ける』というものです。

これはマストでやるようにしましょう。

その中でどのような工夫をするかですが、以下の要素を取り入れましょう。

・ハッシュタグはオリジナルのものも入れる

・キャチーな内容・表現を入れるようにする

・有益なものになるように考え抜いてツイートする

・投稿は適当にするのではなく、線となるように一貫性を持たせる

上記のようなことを意識しながら毎日2ツイート以上をすれば少しずつアカウントが伸びてきます。

それでも伸びない場合は一貫性がなかったりツイート自体に価値がないと判断されている可能性もあるので見直しが必要です。

ちなみにTwitterのアカウントが伸び始めるまでには短くても半年は必要だということは理解しておきましょう。

すぐに結果がついてくるものではありません。

集客導線を明確・明示しておく

最終的なゴールは集客です。

ですので、どのようにして集客をするかは明確にしておき、ユーザーにわかるように明示しておきましょう。

ただし、明示しておくというのは「ここから集客してます」とかを言うわけではありません。

「無料で資料を受け取りたい方はコチラ」「無料カウンセリングの申し込みはコチラ」など、次のアクションを起こすならどこから起こすべきかをわかるようにしておくということです。

Twitterからであれば直接公式LINEに誘導するかLPに飛ばすかアンケートなどに飛ばすかが多くなっています。

企業であればHPを載せておくのが無難と言えるでしょう。

Twitterでの集客が向いている業種

では、ここからはTwitterでの集客に向いている業種について解説をしていきます。

全ての業種でTwitterを使えば集客がうまくいくわけではありません。

では、どのような業種が向いている価値言うと「InstagramやTikTokで集客をしていない業種」です。

InstagramやTikTokで集客をしていない業種というのは、ただ単にやっていない場合もありますが適していないからやっていないという理由が大きいです。

特にB to Bの業界ではあまりInstagramやTikTokは使われていませんが、B to Cの業種では積極的に活用されています。

ちなみに、B to Bとはビジネスマンが顧客のビジネスモデルで、B to Cが一般的なお客さんが顧客のビジネスモデルのことを指します。

例えば、飲食店は積極的にInstagramやTikTokを取り入れていますが、Twitterはやっていません。

逆にSNSコンサルなどのお仕事はInstagramやTikTokではなく、Twitterでの集客がメインになっています。

このようにどの業種、もっと言うとどんな商品なのかによってTwitterを使うべきかどうかは変わります。

適正を見極めて集客を成功させましょう!

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

まとめ

今回は「Twitterでの集客を成功させるために」というテーマで解説をしてきました。

Twitterには他のSNSにはない強みがあります。

その代表とも言えるのが「拡散力」です。この拡散力を最大限に活用し、適正を見極めて集客の成果を最大化させていきましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました!


\こちらの記事もおすすめ/
▼【インフルエンサーマーケティング】月額4万円~PR依頼し放題!圧倒的コスパの『トリドリマーケティング』初月半額+1万円キャッシュバック

\ この記事をシェア /

ライター紹介

タクマ

フリーライター

"成約につながる"Web制作が得意です!頼の希望に沿うように対応します! LP制作・ブログ記事・メディア運営などご希望に沿う形でサポートします! 現在、2つの企業様からメディア運営を任せて頂いており、半年で月間PV数1万を達成しました。
タクマの記事を見る

  • Twitter
  • このライターの記事

    タクマの記事を見る

  • Twitter
  • ランキング

    タグ一覧

    • みりょくがいっぱい。台東区をご案内