387 view

知識・勉強

【時代が変わる】ゴーグル型のApple新端末『Apple Vision Pro』とは? 気になる価格や最新技術の先行体験をご紹介

\ この記事をシェア /

米国時間の6月5日、Appleより新端末のMRヘッドセット『Apple Vision Pro』が発表されました。

発表後はTwitterで即座にトレンド入り、翌日はテレビに取り上げられるなどその注目度の高さが伺えます。

そこで本記事にて『Apple Vision Pro』に関する情報をまとめました。

気になる価格や搭載機能はもちろん、SNSでの評判も掲載しているので気になっている方はぜひ。



『Apple Vision Pro』とは

出典:ITmedia NEWS

Apple Vision Proは、同社初のMR技術が搭載されたヘッドセットです。

価格は3499ドルで、日本円に換算すると約49万円。2024年の初めに米国で展開され、その他の国に関しては2024年後半の提供を目指しています。

最新技術の“空間コンピューティング”

出典:ITmedia NEWS

本製品の最大の特長は、実空間をディスプレイとして活用する空間コンピューティングが備わっていること。

現実の空間とデジタル画面を融合させるMR技術によって、まるで目の前に巨大なディスプレイが広がっているように見えます。

コンピュータによって創り出される仮想現実・VRとはまた違ったデバイスです。

出典:ITmedia NEWS

また、画期的なパフォーマンスと能力を備えた「Apple M2」とリアルタイム処理に特化した新チップ「Apple R1」のデュアルチップ構成となっています。

高いグラフィックパフォーマンスとR1チップによる低遅延表示によって、酔いを抑えた現実とコンピュータの融合が叶います。

“声・目線・手”で操作可能

出典:ITmedia NEWS

高機能ながら、音声と視線、手の動作だけで操作が完結します。

VRのようにコントローラを使用しないため、簡単でより現実味のあるデバイス操作が可能です。

またVision Proは、Apple初の3Dカメラにもなります。

現実世界を3Dとして映像·音で記録して、撮影した空間はいつでも呼び出すことができます。

ほかにも3D映画の視聴が可能。二次元では味わえない没入感を体験できます。

“顔が見える”MRヘッドセット

出典:ITmedia NEWS

さらに本製品は、ヘッドセットを着けたまま周囲とコミュニケーションを取れる新機能「EyeSightが搭載されています。

人が近づくと、外側のディスプレイに装着者の顔が表示されるのです。レンズの周囲に装着された高精度なアイトラッキングシステムにより、装着者が作業に夢中になっていてもどこに目線を送っているか目視が可能です。

“VR”ヘッドセットの場合は外から装着者の目線を確認することはできなかったため、非常に画期的な機能と言えます。

SNSでの評判は良い?悪い?

では、実際の評判はどうなのでしょうか。 

Twitterを見てみると、「欲しい」派と「欲しいけど高い」派の意見が二極化している様子が見受けられました。

アーティストのVaundyさんは、Vision Proの機能性の高さから使用感を想像して、「拡張性高すぎるな」「早く手元に 目元に」とツイート。その興奮気味な様子は文面だけでも伝わります。

また、米国現地ではApple Vision Proの先行体験が実施され、Twitterでも感動の声がツイートされていました。

TwitterでARの情報発信を行う、ARおじさんこと株式会社MESONのCOO·小林佑樹さんは、上記ツイートのスレッドにてVision Proを絶賛。

VR体験を多く経験してきた小林さんですが、「いままでで一番存在感を感じた」と言います。恐竜が出現するデモンストレーションでは、恐竜が近づいてきたとき反射的にのけ反ってしまったのだとか。

また、これまでいくつものHMD(ヘッドマウントディスプレイ)を装着してきた林信行さんも「テクノロジーではなく魔法」と疑いたくなるレベルだと語っています。

その分野を極めてきた方々にこれほどまで絶賛されるのは、本製品のスペックの高さを物語っていますね。

一方で、やはり約49万円という価格に対して「高い」との意見も多く見られました。

もちろん価格だけで見ると非常に高いですが、スペックを考えると逆に安いのでは?といった意見もあり思わず納得してしまいました。

まとめ

画期的な技術である空間コンピューティングが叶う『Apple Vision Pro』。

“時代が変わる”と言われているだけあり、多くの人が期待を寄せているのが見て取れました。

しかし価格を加味すると、良い製品とはいえ手が届きづらいと言えます。

また、ゴーグル型という日常に馴染みにくいサイズ感も購入を悩ませる要因の1つではないでしょうか。

個人的には、サングラスのようなフォルムだとより使いやすくなるのではと感じました。

とはいえ、Apple Vision Proの登場が私たちに良い影響を与えてくれると期待したいです。

\こちらもおすすめ/

メタバース専門のテレビ番組『新世界 メタバースTV!!』を深堀!話題沸騰中アニメ「ブルーロック」コラボなど最新エンタメが盛りだくさん

イーロン・マスク氏が新たなAI開発へ。チャットGPTに対抗する「TruthGPT」は何が違う?

中国版インスタ・小紅書(RED)の日本向けアプリ「habU」がリリース。待望の日本語へ自動翻訳される機能が!〈口コミ&使用レポあり〉



トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

\インフルエンサーマーケティングに興味がある方へ/

【インフルエンサーマーケティング】月額4万円~PR依頼し放題!圧倒的コスパの『トリドリマーケティング』初月半額+1万円キャッシュバック

\ この記事をシェア /

ライター紹介

あんず

インタビュアー、ライター、編集

NO SNS,NO LIFE. SNS時代と呼ばれる今に欠かせない情報を、Z世代ならではの視点で発信していきます。
あんずの記事を見る

  • PR

  • x
  • このライターの記事

    あんずの記事を見る

  • PR

  • x
  • ランキング

    タグ一覧

    • PR

    • インターネット・光回線総合比較メディア:厳選.com
    • みりょくがいっぱい。台東区をご案内