795 view

その他のSNS

イーロン・マスク氏が新たなAI開発へ。チャットGPTに対抗する「TruthGPT」は何が違う?

\ この記事をシェア /

イーロン・マスク氏は17日(現地時間)、新たなAI「TruthGPT」の開発を表明。

米FoxNewsが公開した、タッカー・カールソン氏との独占インタビューにて明らかとなりました。

これは、AIチャットボットの先駆者的存在であるチャットGPTに対抗する動きであり、すでにサービスも開始しています(18日時点)。

本記事では謎に包まれたTruthGPTについて、イーロン・マスク氏の最近の動向と合わせて解説していきます。

ツイッターキャンペーンツール:インスタントウィンのDokitter ドキッター

TruthGPTについて

出典:Impress Watch

イーロン・マスク氏の独占インタビュー

チャットGPTのライバルとして発表された大規模言語モデル(LLM)の「TruthGPT」。

マスク氏は独占インタビューにて、「宇宙を理解しようとする、最大限の真実を求めたAIを開発する」と語りました。

“宇宙”や“真実”という点にこだわっていることが読み取れます。その背景としては、「宇宙に関心のあるAIが人間を絶滅させる可能性が低いと考え、これが安全への一番の近道だ」とAIの危険性を減らせる考えを示しました。

またチャットGPTに対しては、「左翼の専門家によってプログラムされており、チャットボットに嘘をつかせている」と説明しました。この偏った見解に対抗するため、TruthGPTは開発されたとみられます。

すでにサービス開始。使い方は?

18日時点でサービスは開始しており、Telegramの統合機能・Webアプリ・モバイルアプリ(iOS、Android対応)から無料で利用可能です。

Webアプリは、アカウントを作成することなく利用できますが、サービス開始時点で日本語に対応はしていません。

チャットGPTはその名の通り“チャット機能”のみですが、TruthGPTではチャットモード質問モードの2つが用意されています。

さらに回答に関しても、「常に複数の選択肢を提示するほか、真のデータに基づいた独自の回答も準備する」としています。

真のデータについては、信頼できるソースと代替ソースの双方から幅広くデータ収集を行うほか、情報の検閲がされていないため、偏りのない真実の提供が実現するのだとか。

またTruthGPTのWebサイトによると、下記の情報なども明らかとなっています。

●暗号通貨「$truth」

サービスと同時に立ち上げられた暗号通貨「$truth」は、このトークンを保持することで「TruthGPT Pro」という名の特典が受けられる仕組みとなっています。

特典は広告が表示されなくなる等で、ステーキングプラットフォームも立ち上げられる予定です。

※ステーキングとは、特定のプラットフォーム上で暗号資産を保持することで報酬が得られる仕組み。近年増加しているサービスです。

●ロードマップ公開

TruthGPTでは、サービス開発のロードマップも公開されています。

サービス立ち上げからモバイルアプリ開発の段階であるフェーズ1は完了しており、現在(執筆時点)はフェーズ2の途中。ホワイトペーパーのリリース、TRUTHGPT WEB申し込み、チーム拡張までが完了し、マーケティングやブランディングが進められています。

今後のフェーズ3では、インフルエンサーやセレブとの提携、広告プラットフォームに関することなどマーケティング市場の拡大を図っていくものとみられます。

イーロン・マスク氏の最近の動向まとめ

出典:FoxNews

TruthGPT開発の匂わせか?

実はイーロン・マスク氏、以前TruthGPTの開発を匂わせるような発言を行っていました。

2023年2月17日、自身のTwitterにて「必要なのはTruthGPTです」といった内容のツイートをしています。これには多くの反響があり、「新たなAIを開発するのか」といった声も寄せられていました。本当に現実になりましたね。

AI開発の6カ月間停止を求める公開書簡に署名

その後のマスク氏は、一見矛盾しているような行動ばかり起こします。

2023年3月、マスク氏をはじめとした1,300名を超える有識者が、少なくとも6カ月間のAI開発停止を求める公開書簡に署名しました。

これは急速な発展を遂げるAIに対し、社会や人間に及ぼす危険性を恐れた上での動きです。

マスク氏のほかに、Appleの共同創設者であるスティーブ・ウォズニアック氏なども署名を行っています。

しかしその後の報道で、イーロン・マスク氏率いるTwitterが約1万個ものGPUを購入し、独自のジェネレーティブAIの開発を進めていることが判明しました。これにより、マスク氏に対して不信感を募らせたユーザーも少なくありません。

新企業「X.AI」を設立

さらにマスク氏は2023年4月、アメリカのネバダ州にAI特化の新企業「X.AI」を設立。「X.AI」はすでにネバダ州で法人化されており、その提出書類から明らかとなりました。

またマスク氏が保有する企業の1つであるTwitter社は、同じくマスク氏の保有するX Holdings傘下の企業「X」と合併したことも報じられています。

こちらも、アメリカのフロリダ州南部地区にある裁判所にて提出された資料より明らかとなりました。

以上がマスク氏の最近の動向となります。署名をしていたのに関わらず……といった声もありますが、いずれにせよマスク氏はAIチャットボットを開発するため水面下で動いていたのでしょう。

まとめ

チャットGPTの世界的普及により多くの企業がAI業界に参入する中、イーロン・マスク氏の参入によりさらにAI業界の盛り上がりが加速することが予想されます。

TruthGPTはまだ発展途上ですが、今後チャットGPTに対抗するサービスへと成長していくのか注目していきたいところです。

私たちが追い付けないほどの速度で進化していくAIは、どこまで時代を占領していくのでしょうか……。

\こちらもおすすめ/

話題の対話型AI『ChatGPT』はなぜ人気?実際に使用して話題のワケを探ってみた【登録方法の解説アリ】

『AIギャル』に『AIいらすとや』、そして『AIひろゆき』⁉AIお絵描きアプリ「AIピカソ」を提供する株式会社AIdeaLabのコラボレーションが秀逸だった【ChatGPT】

Twitter 新APIの開始でTwitter連携サービスが次々と終了・・・無料プランはどうなる?既存のAPI利用者の今後は?色んな疑問を含めて解説します

ツイッターキャンペーンツール:インスタントウィンのDokitter ドキッター トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

\インフルエンサーマーケティングに興味がある方へ/

【インフルエンサーマーケティング】月額4万円~PR依頼し放題!圧倒的コスパの『トリドリマーケティング』初月半額+1万円キャッシュバック

\ この記事をシェア /

ライター紹介

あんず

インタビュアー、ライター、編集

NO SNS,NO LIFE. SNS時代と呼ばれる今に欠かせない情報を、Z世代ならではの視点で発信していきます。
あんずの記事を見る

  • PR

  • x
  • このライターの記事

    あんずの記事を見る

  • PR

  • x
  • ランキング

    タグ一覧

    • PR

    • インターネット・光回線総合比較メディア:厳選.com
    • みりょくがいっぱい。台東区をご案内