469 view

TikTok

「デ・インフルエンシング」がトレンド入り!?買わないを勧めるその心理とは!?

\ この記事をシェア /

「デ・インフルエンシング」がSNS上で話題を呼んでいます。影響力のあるインフルエンサーたちが「買わないことをおすすめ」しているのです。TikTokの「#deinfluencing」というハッシュタグが付けられた投稿は、すでに3億回以上も表示されています。

今回の記事では、トレンド入りしている「デ・インフルエンシング」について解説します。このムーブメントがもたらす影響は果たして!?Z世代が伝えようとしていることは何なのか!?さっそく見ていきましょう!

ツイッターキャンペーンツール:インスタントウィンのDokitter ドキッター

「デ・インフルエンシング」とは

Z世代は㏚案件の投稿にそろそろうんざりし始めています。インフルエンサーの多くは、ハッシュタグで#prと付け、商品の購入をすすめる投稿をしていますよね。こういった、消費を促すだけの投稿の信憑性が問われ始めているのです。

デ・インフルエンシングとは、商品に対してのインフルエンサーの評価と実際の商品のクオリティーがかけ離れていた場合に「買わないことをおすすめする」ものです。企業からしたら、背筋の凍る話ですよね。

「デ・インフルエンシング」ムーブメントの背景にはZ世代の不満があった

筆者は最近こんな経験がありました。「おすすめの化粧水を探したいけれど、どの情報も大人の事情が絡んでいそう!結局、自分自身が使ってみないとわからない・・・」。皆さまもこういった経験ありませんか?

Z世代も同じように、自分に必要のない商品を大量に売り込もうとしてくるインフルエンサーの情報に、不満を募らせているのです。世界的に物価が高騰する今の世の中には、インフルエンサーの手法はマッチしていないといえます。

「デ・インフルエンシング」がもたらすメリット

加速しているデ・インフルエンシングの動きですが、SNSの世界にどういったメリットを与えるのでしょうか。

透明性の高い情報が増える

毎日のように㏚案件を投稿しているインフルエンサーの情報に、いったいどれほどの真実が含まれているのでしょうか。こういった社会で生きてきたZ世代は、情報の信憑性を見抜く力が養われています。デ・インフルエンシングの動きが広がれば、インフルエンサーによる、ただ消費を促すだけの投稿は淘汰されていくでしょう。

ライフスタイルを見直すきっかけになる

インフルエンサーの㏚案件の多くは、企業から報酬をもらう、あるいは無料で商品をもらうことを条件に投稿しています。私たちはそれらの商品を、一生懸命働いたお金で消費しているのです。

デ・インフルエンシングの動きは、これまでの価値観を見直す、いいタイミングとなるでしょう。商品を購入する前に「本当に自分にとって必要なものなのか」を考える癖がつきますね。

価値ある情報が求められる世の中になる

インフルエンサーのあり方にも影響を与えることは間違いありません。これからは、ファンと本当の絆を結び、価値ある情報を発信できるインフルエンサーが支持される時代となるでしょう。

デ・インフルエンシングの動きが広がれば、インフルエンサーは企業からの案件選びに、より慎重になるはずです。宣伝に費用をかけ、粗悪な商品を生み出すような企業は今後SNSの世界では通用しなくなります。デ・インフルエンシングは、価値のある情報・価値のある商品だけが生き残っていく世の中に導くでしょう。

「デ・インフルエンシング」の投稿いろいろ

デ・インフルエンシングについての投稿は、まだまだ海外でトレンドになっているのが実情。この先日本でもデ・インフルエンシングの投稿が盛んになっていくことを期待しています!

@aqsendit

baby stuff you may or may not need according to me 🎁 #deinfluencing #deinfluencingbaby #babyregistryideas #babyregistrymusthaves #babystuffiregretbuying #babyregistryregrets #firsttimemomtips baby items you don’t need de influencing baby stuff baby registry regrets baby products i don’t use this not that baby products

♬ original sound – amanda
@michelleskidelsky

Replying to @canxd97 🫡🫡 back again to hate on things for the purpose of saving all our bank accounts #deinfluencing

♬ original sound – michelle

これらの投稿は、どれも自身が使ってみて必要と感じなかった物の紹介です。どのインフルエンサーも、スキンケア用品や育児グッズのおすすめを紹介しているアカウントですが、デ・インフルエンシングの投稿を挟むことによって、ほかの投稿の信憑性が格段にアップしますね!

 これからデ・インフルエンシングの投稿は日本でも増えていくと予想しています!ファン獲得の秘策としても活用していきましょう。あなたの本音を、投稿してみませんか?

まとめ

日本ではまだまだ聞き慣れない「デ・インフルエンシング」についてご紹介しました。

インフルエンサーも、案件を依頼する企業側にとっても影響が大きい動きだと考えます。SNSユーザーは、おすすめされる商品について見極める力を身に付けています。それはZ世代に顕著に表れているでしょう。デ・インフルエンシングの動きは、商品の価値よりも消費を促すことだけに注力してきた人たちに警鐘を鳴らしているのです。

この動きがもっと広がり、情報や商品そのものに価値が誠実な価値が生まれることを望んでいます。

\こちらもおすすめ/

【暴露】インスタグラマーの収入ってどのくらい?フォロワー別に解説

【目指すならどっち】インフルエンサーとインスタグラマーの違いとは?仕事内容と収入について解説

【インフルエンサーを目指す人必見!】インスタアカウントの育て方徹底分析!!

ツイッターキャンペーンツール:インスタントウィンのDokitter ドキッター トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

\インフルエンサーマーケティングに興味がある方へ/

【インフルエンサーマーケティング】月額4万円~PR依頼し放題!圧倒的コスパの『トリドリマーケティング』初月半額+1万円キャッシュバック

\ この記事をシェア /

ライター紹介

minami

フリーライター

一度きりの人生☆とことん楽しむぞ!! いろいろなことに興味を持って毎日を楽しく生きるフリーライター。 出版社勤務の経験を活かして、質の高い記事をお届けします^^
minamiの記事を見る

  • PR

  • x
  • 関連記事一覧

    このライターの記事

    minamiの記事を見る

  • PR

  • x
  • ランキング

    タグ一覧

    • PR

    • インターネット・光回線総合比較メディア:厳選.com
    • みりょくがいっぱい。台東区をご案内