1,738 view

Instagram

【目指すならどっち】インフルエンサーとインスタグラマーの違いとは?仕事内容と収入について解説

\ この記事をシェア /

「インフルエンサーとインスタグラマーって何が違うの?」

あなたもそのような疑問を持たれたのではないでしょうか。

「インフルエンサー」や「インスタグラマー」という言葉をよく聞きますが、どのような違いがあるのかは分かりづらいですよね。

今回は、インフルエンサーとインスタグラマーの違いと、それぞれの収入・仕事内容について解説します。

インスタグラマーかインフルエンサーを目指しているという方は、ぜひ最後まで読んでみてください!

ツイッターキャンペーンツール:インスタントウィンのDokitter ドキッター

インフルエンサーとインスタグラマーの違い

「インフルエンサー」と「インスタグラマー」は、影響力を持つ範囲が違います。

インフルエンサーとは、SNS上で影響力を持つ人の総称を指します。

それに対し、インスタグラマーとは、Instagram上で影響力を持つ人の総称です。

つまり、インフルエンサーというくくりの中に、インスタグラマーが含まれることになります。

また、インフルエンサーは、フォロワー数に応じて次のように分類されています。

トップインフルエンサー100万フォロワー以上
ミドルインフルエンサー10万フォロワー以上
マイクロインフルエンサー1万フォロワー以上
ナノインフルエンサー1万フォロワー未満

フォロワーの数によって、影響力や仕事内容、収入が大きく変わってきます。

さらに、私の感覚にはなりますが、インフルエンサーは「自分自身を売りにしている」のに対し、インスタグラマーは「Instagramの運用スキルを売りにしている」傾向があります。

ここからは、インフルエンサーとインスタグラマーの仕事内容と、収入の違いについて解説します。

インフルエンサーの収入と仕事内容

まずは、インフルエンサーの仕事内容と収入について解説をします。

仕事内容は、主にクライアントからPR案件です。

PR案件とは、ある商品・サービスをSNSで紹介したり、実際に使っている動画などを投稿するお仕事です。

フォロワーが多ければ多いほど、認知拡大が見込めるため、インフルエンサーにPRを依頼する企業は多いです。

また、フォロワーの多さに比例しますが、影響力が大きければ大きいほど、宣伝効果が強くなり、商品・サービスの購入に繋がります。

PR案件の収入は、「固定報酬型」と「成果報酬型」の2つに分かれます。

固定報酬型の案件は、PRの成果に関わらず報酬が固定の案件で、フォロワー数や依頼主の規模によっても大きく異なります。

成果報酬型の案件は、成果に応じて報酬が変わります。

商品が何個売れたかによって報酬が変わるといった報酬体制です。

ただし、成果報酬型であっても、固定報酬型であっても、収入の目安は『1フォロワーにつき1円』です。

例えば、フォロワー5万人のインフルエンサーがPR案件を1件やれば、約5万円の収益になるということです。

インスタグラマーの収入と仕事内容

インスタグラマーの仕事内容には、さまざまなものがあり、大きく分けて次の5つです。

  • PR案件
  • コンテンツ販売
  • アフィリエイト
  • SNS運用コンサル
  • SNS運用代行

インスタグラマーの仕事内容は、インフルエンサーに比べて種類が多くなっています。

理由としては、私の考えにはなりますが、インスタグラマーは「Instagramの運用スキル」を売りにしていることが多いためです。

対して、インフルエンサーは「自分自身」を売りにしていることが多いため、お仕事の種類に差があるのです。

インスタグラマーの収入について、詳しく知り方はこちらをご覧ください。

>>【暴露】インスタグラマーの収入ってどのくらい?フォロワー別に解説

インフルエンサーとの比較のため、インスタグラマーのPR案件の収入について解説します。

結論、インスタグラマーのPR案件もインフルエンサーと全く同じです。

「固定報酬型」と「成果報酬型」の2種類があり、1フォロワーにつき1円が報酬の目安となっています。

まとめると、インフルエンサーの方がPR案件における報酬は高くなる傾向があるが、インスタグラマーの方が活動の幅が広いです。

ただし、実際のところインフルエンサーとインスタグラマーの境界はかなり曖昧です。言葉による違いはあるものの、スキル・ノウハウを武器にしているインフルエンサーもいます。

あくまでも、分かりやすく区別をつけるなら、という意味での区別になります。

【結論】インフルエンサーとインスタグラマーはどっちを目指すべき?

今回は、インフルエンサーとインスタグラマーの違いについて解説をしてきました。

まとめると、インフルエンサーの方が影響力が大きく、PR案件の報酬も高くなる傾向があります。

インスタグラマーは、Instagramを伸ばすためのスキル・ノウハウがあり、仕事の幅が広くなる傾向にあります。

「どちらを目指したいか」というよりは、あなたが今後どのような活動をしたいのかで判断してみてください!

\こちらもおすすめ/

【初心者向け】インスタグラマーになるには?完全未経験から始めた私の体験談

【インフルエンサーを目指す人必見!】インスタアカウントの育て方徹底分析!!

一般人でも稼げる?インスタグラムで収益化(マネタイズ)する方法

ツイッターキャンペーンツール:インスタントウィンのDokitter ドキッター トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

\インフルエンサーマーケティングに興味がある方へ/

【インフルエンサーマーケティング】月額4万円~PR依頼し放題!圧倒的コスパの『トリドリマーケティング』初月半額+1万円キャッシュバック

\ この記事をシェア /

ライター紹介

タクマ

フリーライター

"成約につながる"Web制作が得意です!頼の希望に沿うように対応します! LP制作・ブログ記事・メディア運営などご希望に沿う形でサポートします! 現在、2つの企業様からメディア運営を任せて頂いており、半年で月間PV数1万を達成しました。
タクマの記事を見る

  • PR

  • x
  • このライターの記事

    タクマの記事を見る

  • PR

  • x
  • ランキング

    タグ一覧

    • PR

    • インターネット・光回線総合比較メディア:厳選.com
    • みりょくがいっぱい。台東区をご案内