497 view

知識・勉強

インフルエンサー★ヒストリア 第55話「徳川吉宗 編:投書事情」

\ この記事をシェア /

【8代将軍 徳川吉宗】

庶民の要求や不満などの投書を受け付けるために、評定所の門前に置かれた「目安箱」。
将軍徳川吉宗が、享保の改革の目玉としてスタートさせました。
ただし、投書は住所・氏名記入式。
現代のデジタル目安箱のような匿名式ではないため、投書するのも結構勇気がいるかも…。

(マンガ&文:前野コトブキ)

次へ>第56話「織田信長 編:出生秘話」

前へ>第54話「織田信長 編:リール動画って…?」

\ この記事をシェア /

ライター紹介

前野 コトブキ

イラストレーター/漫画家

歴史&時代劇をベースにギャグ漫画を描く一方、児童書・ビジネス書等のイラストレーションも描いています。 手書きの柔らかさにデジタルで味付けしたようなイラストが得意です。 最近では書籍の装丁制作、ポスターのデザイン、HPデザインやバナーなどweb案件も多数制作しています。
前野 コトブキの記事を見る

  • PR

  • x
  • このライターの記事

    前野 コトブキの記事を見る

  • PR

  • x
  • ランキング

    タグ一覧

    • PR

    • インターネット・光回線総合比較メディア:厳選.com
    • みりょくがいっぱい。台東区をご案内