130 view

TikTok YouTube

「旅ガチャ」がバズった理由。きっかけはSNSだった!規制緩和で旅行、観光、ホテル業界に新しいトレンド

\ この記事をシェア /
画像引用元:Peachの「旅くじ」 – 行き先を選べない旅してみませんか? | Peach Aviation | ピーチ (flypeach.com)

新型コロナウイルスの影響を受けた業界は多くありますが、とりわけ飲食業界と旅行業界は大打撃でした。特に旅行業界、新型コロナウイルス拡大前は成長市場と言われ、さらに東京オリンピック目前で業界全体が明るいムードでした。しかし、2020年以降は訪日外国人旅行者が激減。ムードは一変しました。

そんな旅行業界ですが、久々に明るい話題で盛り上がっています。それは「旅ガチャ」。みなさんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。情報番組でもよく取り上げられているので、発売前から話題となっていたと思い込んでいました。しかし、そうではなかったのです。

今回の記事では、そんな「旅ガチャ」のバズった経緯を深堀していきます!

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

「旅ガチャ」は期待されていなかった!?

「旅ガチャ」とは

格安航空会社ピーチ・アビエーションにより、2021年8月に大阪に初めて設置されたのが「旅くじ」のガチャガチャです。このガチャガチャ、1回5,000円でハズレがなく、行き先指定の航空券が購入できるピーチポイントが約6,000円入っています。この「行き先が選べない旅」が思わぬカタチでバズり、ピーチはさらにホテルの宿泊やバスツアーにも応用し「旅ガチャ」として企画を次々と生み出しているのです。

画像引用元:Peachの「旅くじ」 – 行き先を選べない旅してみませんか? | Peach Aviation | ピーチ (flypeach.com)

はじめは月に2,3個売れればいいと思っていた

この旅くじ、ピーチ社内でも「企画内容が奇抜だから多分無理だろう」といった声も上がっていたそうな。月に2,3個売れれば良い方だと考える社員もいたそうです。しかし、福袋のようなワクワク感をもって、旅への期待を高めてほしいといった理由で発売に踏み切りました。

きっかけはやはりSNS

あまり期待されずに発売された「旅くじ」ですが、若者の間では「旅ガチャ」と呼ばれSNSで話題となり、約2か月で3000個以上を販売し大ヒット。

これは、SNSで盛り上がる秘密が隠されているからです。それは「ミッション」。カプセルの中に入っているポイント引換券には、その旅での「ミッション」が記されているのです。例えば、石垣島では「海岸を歩いて、不思議なものを見つけてきて!」とか宮崎では「宮崎地鶏と自撮りしてきて!」などなど内容はさまざま。クスっと笑ってしまう内容もあり、旅がさらに楽しくなりそうです。

もちろん、このミッションは強制ではなく、達成すればさらに抽選でポイントがもらえるキャンペーンに参加できるというものです。

どんなSNSで盛り上がってる!?

この「旅ガチャ」、TikTokやYouTubeといった、動画系SNSで盛り上がっています。

@tonchan_travel 行き先はガチャ次第!#旅ガチャ #vlog #tiktok旅行 ♬ アユミ☆マジカルショータイム – キノシタ

では、なぜ動画系SNSで「旅ガチャ」は盛り上がっているのでしょうか。

動画系SNSでウケるわけ

どこに飛ばされる!?視聴者もワクワク!

ショートムービーのTikTokでは、主に「旅くじ」のガチャガチャを回し、行き先が来まるまでの動画が盛んです。まず、ピーチカラーである、ピンクのカプセルが映えます。そして、視聴者もどこの旅先が出てくるのか、一緒にガチャを回している気分でワクワク感が得られます。旅先が決定した瞬間の、みんなのリアクションも見ていて面白いです。中には、地元が旅先に決定してショックを受けている人も。期待している旅先にならないことも、「旅ガチャ」の面白さです。

企画性が高い!

ガチャガチャを回して、旅先が決められることや、ミッションが与えられることなど、「旅ガチャ」で旅をするだけでかなりの企画性の高さです。

YouTubeでは、旅先決定から出発、ミッション遂行までをうまく編集したものが多くみられます。人気YouTuberもたくさんこの企画を取り上げており「出ている側も見る側もドキドキ感が得られる面白い企画!」といったコメントが寄せられています。

自粛疲れでみんな旅行欲が沸いている

新型コロナウイルス拡大の影響で、自粛ムードになってすでに3年目。そろそろ自粛も限界ですよね。この「旅ガチャ」が話題になって、みんなの旅行欲の高さが再確認されました。

ピーチから販売されている「旅くじ」ですが、5,000円のガチャで中身は約6,000円分のピーチポイントなので、お得感は薄いのです。しかし、自粛疲れしている消費者が求めているのはお得感ではなく、ワクワク感でした。ヒットの理由はまさにそこでしょう。実際に「旅ガチャ」ができない人も、この企画の動画SNSを見るだけで、いつもより楽しい旅行を味わうことができます。どんな旅先になるのか、どんなミッションが行われるのか、視聴者も一緒になって旅のワクワク感を楽しみましょう!

まとめ

今回取り上げた「旅ガチャ」は、時代の気分と企画内容がうまくマッチしたものだといえます。旅行は行きたいけれど、なんだかまだ周りの目が気になるといった人も多くいるでしょう。そんな人にとって、思い切って旅行してみる、いいきっかけとなる企画です。そんな企画がSNSにもうまくハマり、発売当初の期待の低さとは裏腹に、思わぬカタチでバズることとなりました。

少しずつ規制緩和も進み、これから旅行業界、観光業界、ホテル業界などは正念場です。「旅ガチャ」のような、企画性の高い商品でSNSからのバズりを誘発することも策でしょう。生み出した企画が、新しいトレンドとなって世の中に広まるかもしれません!

\こちらもおすすめ/

フォロワー180万人越え!ダイソーのInstagram活用例と商品紹介のポイントを解説

【しまむら】に学ぶ!インフルエンサーを起用したSNS販売戦略とは

快眠&ストレス軽減を謳うヤクルト1000がバズったわけは?効果を確かめるためヤクルトレディから定期購入してみた

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

\インフルエンサーマーケティングに興味がある方へ/

【インフルエンサーマーケティング】月額4万円~PR依頼し放題!圧倒的コスパの『トリドリマーケティング』初月半額+1万円キャッシュバック

\ この記事をシェア /

ライター紹介

minami

フリーライター

一度きりの人生☆とことん楽しむぞ!! いろいろなことに興味を持って毎日を楽しく生きるフリーライター。 出版社勤務の経験を活かして、質の高い記事をお届けします^^
minamiの記事を見る

  • Twitter
  • このライターの記事

    minamiの記事を見る

  • Twitter
  • ランキング

    タグ一覧

    • みりょくがいっぱい。台東区をご案内