134 view

Twitter

拡散力を活かすTwitterマーケティングの学ぶべきポイントやメリット・デメリットを簡単に解説

\ この記事をシェア /

Twitterマーケティングとは、文字通りTwitterを活用したSNSマーケティングのことです。
SNSが普及し、需要の高まりを見せている昨今では、Twitterで企業アカウントを見かけるのは一般的となりました。
多くの企業がTwitterを活用しており、企業アカウントをフォローしている一般のユーザーも珍しくありません。

そんなTwitterを活用したマーケティングも多くの企業で実施されています。
本記事では、Twitterマーケティングのポイントとメリット・デメリットについて解説します。
Twitterを活用したマーケティングに興味があるという方はぜひご覧になってください。

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

Twitterを活用するユーザー層と特徴

Twitterは全世界で3億人以上、日本で4500万人ものアクティブユーザー数を誇るSNSです。
その中でも特に、10代や20代の若年層が多く利用しています。
しかしながら、若年層だけでなく30代以上の利用者も多い面もあり、幅広い年代で利用されているSNSです。
そのため、若年層から中高年世代の人にまで広くアプローチしやすいといえるでしょう。

また、Twitterの特徴として即時性の高いSNSであるということが挙げられます。
最新のニュース情報をすぐに知ることができたり、流行の情報をつかんだり「今世界で何が起きているのか」という情報をキャッチできるという点です。
拡散性も高く、ツイートがフォロワー以外にも広がりやすいという特長があります。

Twitterマーケティングのメリット

Twitterマーケティングを行うメリットについて解説します。

メリットその① 幅広い年齢層にアプローチできる

Twitterを利用している年齢層は広いため、さまざまな世代のユーザーに働きかけることができます。
特に、Z世代と呼ばれる10代前半から25歳くらいの世代に効果的にアプローチをかけることが可能です。

メリットその② 拡散されやすい

Twitterの特徴といえば、拡散性の高さです。
リツイート機能で簡単にツイートが拡散されるだけでなく、いいねやリプライもタイムラインへ表示されます。
ユーザーに見てもらえる可能性が高く、リーチにつなげやすいという点でマーケティングに活かしやすいメリットといえるでしょう。

Twitterマーケティングを行うデメリット

次に、Twitterマーケティングを行うデメリットについて見ていきましょう。

デメリットその① すぐに成果が出にくい

Twitterマーケティングはすぐに成果が出にくいという点が挙げられます。
運用を始めてからアカウントが広く認知されるようになるまでには時間がかかるためです。
結果を出すにはコツコツと取り組む姿勢が大切になってくるでしょう。

デメリットその② 炎上が広がりやすい

拡散されやすいというメリットは、裏を返せば炎上も広がりやすいということです。
企業アカウントが不適切なツイートを投稿し、炎上したという例は多く存在します。
特に、Twitterで大きな拡散を狙う「バズマーケティング」などを取り入れる際は、細心の注意を払いましょう。

Twitterマーケティングの手法

それでは、Twitterでマーケティングを行う手法について解説します。

アカウント運用

Twitterマーケティングにおいて最もポピュラーな方法として、アカウント運用があります。
企業のアカウントを作成し、実際に投稿を行うというものです。
アカウントを運用するのであれば、毎日コンスタントに投稿し続けることが望ましいといえます。
アカウントを運用する際は、初めにプラン決めをしないと続かなくなるので、時間帯や発信内容を決めて取り組むのがおすすめです。

企業キャンペーン実施

Twitterを利用している企業の多くが、キャンペーンを活用しています。
キャンペーンは多くの参加者を募ることができ、キャンペーンを通じて新規フォロワーの獲得に繋がるためです。

インフルエンサーを起用

Twitterを利用しているインフルエンサーを起用して、企業や商品のPRをしてもらうという手法もあります。
インフルエンサーはフォロワー数が多く影響力が高いので、多くのユーザーに情報を見てもらうことができ、プロモーションに効果的です。

Twitter広告

Twitterのタイムライン上に広告ツイートを載せるという方法もあります。
ターゲットを細かく設定できるため、ピンポイントにアプローチすることも可能です。

アクティブサポート

アクティブサポートとはTwitter上で自社や製品に対する口コミを見つけだして、企業側からコンタクトを取りサポートを行うという手法です。
アクティブサポートにより企業のイメージアップにつながる場合もあります。

Twitter運用のポイント

Twitterを運用する際に留意すべきポイントについて解説します。

効果測定をする

Twitter運用の際は、効果測定を行うことで目的をどのくらい達成できたのかという点が明確になります。
効果測定には、Twitterアナリティクスの活用がおすすめです。
Twitterアナリティクスはアカウントを持っていれば誰でも利用ができ、ツイートごとのインプレッションやエンゲージメントの他に、ひと月ごとのデータも見ることができます。
Twitterアナリティクスは効果測定にかなり有効なツールですので、積極的に活用してみましょう。

ユーザーが求めている発信を心がける

Twitterではユーザーにとって有益な情報や、多くの人が共感できる内容、おもしろい投稿などが人気です。
そのため、企業がTwitterを活用してツイートを投稿する際にはユーザーが楽しめるような内容や、役立つ内容にすることが好ましいといえます。

楽しめるようなキャンペーン内容や企画を考えたり、ユーザーにとって有益な投稿を心がけたりしましょう。
ツイートもひとつのコンテンツとして、高い意識を持って投稿することが大切です。
質の高いツイートを投稿すればフォロワー数は自然と伸び、企業や商品が認知されやすくなりますよ。

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

まとめ

今回は、Twitterマーケティングについて解説しました。
Twitterは情報の拡散性が高いので、上手く活用すれば幅広いユーザー層にリーチできるSNSです。
本記事を参考に、ぜひTwitterをマーケティングに活用してみてくださいね。

\ この記事をシェア /

ライター紹介

つむぎ

フリーライター

1995年生まれの女性フリーライター。 当時2歳の子どもを育てながら、26歳でWEBの世界へ飛び込みました。 SNSの運用やWEB活用方法についての記事をお届けします。
つむぎの記事を見る

  • Twitter
  • このライターの記事

    【Instagram】笑って泣いて共感できる!描く育児インスタの人気投稿を分析
    つむぎの記事を見る

  • Twitter
  • ランキング

    タグ一覧

    • みりょくがいっぱい。台東区をご案内