298 view

知識・勉強

インフルエンサーを判断する際のポイントは?フォロワー分析は必須

インフルエンサーを判断する際のポイントは?フォロワー分析は必須
\ この記事をシェア /

近年、SNSを使ったマーケティング戦略が一般的になり、インフルエンサーマーケティングを検討している企業も多いのではないでしょうか。

しかし、せっかくインフルエンサーを起用したのに、トラブルが起きたりイメージダウンに繋がったりということは極力避けたいですよね。

インフルエンサーの起用を検討しているのであれば、フォロワーの分析やインフルエンサーの見極めは必ず必要になります。

今回は、企業がインフルエンサーを選ぶ際のポイントについて解説します。

インフルエンサーマーケティングで成果を上げたい方にとって、参考にしやすい記事内容となっていますので、ぜひご覧ください。

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

なぜフォロワーが重要なの?

結論から言えば、インフルエンサーのフォロワー数やフォロワーの質によって、宣伝効果にかなりの差が生じるためです。

フォロワーの数もインフルエンサーの起用を判断するひとつの要素です。

しかし、インフルエンサーの中にはフォロワー買いをしているというケースもありますし、フォロワー数だけで判断するのは避けた方がよいでしょう。

インフルエンサーの起用を検討する際は「アクティブなフォロワーがどれだけいるのか」や「フォロワーの層はどのようなものなのか」について分析することが重要です。

そこで次に、インフルエンサーマーケティングを行う際に知っておきたいインフルエンサーの種類や影響力について解説します。

インフルエンサーの種類

トップインフルエンサー

トップインフルエンサーとは、フォロワー数100万人以上のインフルエンサーのことを指します。

フォロワー数が多いことから、圧倒的にリーチ数が高くなることが特徴です。

有名人などが多いトップインフルエンサーですが、懸念材料としては起用する際に料金が高くなってしまうということが挙げられます。 とにかく商品や企業の知名度を上げたいということであれば、トップインフルエンサーは影響力については申し分ないと言えるでしょう。

ミドルインフルエンサー

ミドルインフルエンサーは10万人以上100万人以下のフォロワーがいるインフルエンサーのことです。

トップインフルエンサーには満たないものの、基準が10万人以上なので影響力は大きいものといえます。

また、トップインフルエンサーと比べてエンゲージメント率(投稿への反応)の伸びがよいということもメリットのひとつです。

マイクロインフルエンサー

マイクロインフルエンサーとは、フォロワー数1万人以上10万人以下のインフルエンサーのことです。

芸能人などのフォロワー数が多く影響力の高いインフルエンサーは、近寄りがたいイメージを持たれることがある一方、マイクロインフルエンサーは親近感を持たれやすい傾向があります。

そのため、エンゲージメント率が高くなる傾向があり、上手くターゲットを絞り込むことができれば効果的なアプローチが期待できるでしょう。

ナノインフルエンサー

ナノインフルエンサーはフォロワー数1000人以上1万人以下のインフルエンサーのことを指します。

特定のジャンルに特化したコミュニティに属していることが多いインフルエンサーです。

ナノインフルエンサーは、フォロワー数の多いインフルエンサーと比べると圧倒的にリーチが低くなります。

しかし、コミュニティの密度が高いのでユーザーとの距離が近く、エンゲージメント率にも期待を持つことができます。

人間力を見ることが重要

インフルエンサーに商品のPRをしてもらうということは、商品や企業のブランドイメージにも関わってくることです。

大事な商品なので、多くの企業担当者が商品のイメージダウンには繋げたくないと思っていることでしょう。

このことからも、商品イメージに合った人を選ぶことはもちろん、倫理観に問題がありそうな人は避けることが肝心です。

フォロワー数が多く影響力が高い人に依頼をするということは、それだけ炎上などが起こった場合のリスクも大きいということです。

フォロワーに心から信頼されているインフルエンサーであれば、礼儀正しさがあったり情に厚い面が見えたりということもあるでしょう。

そうしたインフルエンサーに依頼をすれば商品のイメージも上がりますし、フォロワーから信頼されているので、エンゲージメント率が高く成果に繋げやすくなります。

商品をPRしてもらうのであれば、人間力の高いインフルエンサーに依頼をしたいものです。

インフルエンサーマーケティングをするなら、フォロワー数だけを見るのではなく「フォロワーからどれだけ信頼されているのか」を見極めましょう。

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

まとめ

インフルエンサーを判断する際のポイントと、インフルエンサーマーケティングを行うにあたって重要なフォロワーの影響力や選び方のポイントについて解説しました。

インフルエンサーを起用するのであれば、商品にどのようなイメージを持ってもらいたいのかという視点を持つことも重要です。

影響力だけを見るのではなく、商品に「いい影響」をもたらしてくれる人を選びたいですね。


\こちらの記事もおすすめ/
▼【インフルエンサーマーケティング】月額4万円~PR依頼し放題!圧倒的コスパの『トリドリマーケティング』初月半額+1万円キャッシュバック

\ この記事をシェア /

ライター紹介

つむぎ

フリーライター

1995年生まれの女性フリーライター。 当時2歳の子どもを育てながら、26歳でWEBの世界へ飛び込みました。 SNSの運用やWEB活用方法についての記事をお届けします。
つむぎの記事を見る

  • Twitter
  • このライターの記事

    【Instagram】笑って泣いて共感できる!描く育児インスタの人気投稿を分析
    つむぎの記事を見る

  • Twitter
  • ランキング

    タグ一覧

    • みりょくがいっぱい。台東区をご案内