279 view

Instagram Twitter

SNSは子育て中ママの救世主!バズった“育児あるあるネタ”をご紹介♡

\ この記事をシェア /

企業の発信でも個人の発信でも、ちょっとした独り言のような投稿が話題になることってありますよね。思わずクスっと笑ってしまう投稿が、口コミで広がり、思わぬカタチでバズることも珍しくはありません。

今回は、筆者が育児中に助けられたSNSでの「育児あるあるネタ」をご紹介します。おもわず「わかる!」と笑ってしまうものばかりです。そして、ユーモアあふれる投稿の中に、マーケティングのヒントが隠されているかもしれません。笑いとSNSマーケティングを掛け合わせて、バズる投稿を目指しましょう!

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

子育て中のママはSNSと超仲良し!

子育てでSNSを利用するママは9割近くに上ります。利用目的は「情報収集」や「育児での悩みの共有」です。初めての子育ては不安がつきもので、寝かしつけや離乳食の進め方など、周りの家庭はどうしているのか気になるものです。

そんなときに使えるのがSNS。ハッシュタグ機能で検索がかけられるInstagramやTwitterはとくに利用されます。

子育て中のママは検索魔になるものです。育児で疲れているにもかかわらず、夜中の授乳中もいつもスマホ画面はSNS!!私も隙あらば何かを調べていました・・・

参考文献:みんなどうしてる? 子育てとSNS – NHK すくすく子育て情報

子育て中ママを和ませてくれた「育児あるあるネタ」

そんな毎日殺気立ったママさんにおすすめしたい、クスっと笑える「育児あるあるネタ」をご紹介します。ここで上げる事例は、SNSでの投稿からバズりに発展したものばかりです。

「#名画で学ぶ主婦業」

Twitterでバズった主婦たちのつぶやきです。子育てや主婦業の中での「あるある」を名画でたとえてツイートするのですが、これがもう共感しかない!名画とのマッチングが絶妙すぎて笑えます。思わず自分も一言添えて投稿したくなりませんか?

この「#名画で学ぶ主婦業」は育児中ママの共感の嵐を呼び、ついに書籍化までされました。ほかにも「#名画で学ぶサラリーマン」や「#名画で学ぶ飲食業」などシリーズ化されているほどです。もしかしたら、あなたの企業のSNSにも使えるかもしれません!

こちらはInstagramで日々の子育てあるあるを発信しているyamakana.coさんです。3人の子育て真っ只中の方ですが、その大変さも笑いに変えて届けてくれています。とくに小学生男子あるあるが最高!男の子がいないご家庭でも、なぜかわかるわかる~と共感すること間違いなし!
他にも子育て中のママにフォーカスを当てた「運動するママあるある」や「ズボラ母川柳」も見ていただきたいです。フォロワー数10万人を誇る人気も納得の面白さ。

#ジブリで学ぶ主婦業

まさかの、名画だけでなくジブリもあった!

シュールな名画もいいですが、日本人なら誰もが知っているジブリとあるあるネタの融合も最高です。

孤独な子育て中だからこそ、ママさんは「あるあるネタ」で共感できることが嬉しく感じるのです。「あ~どこの家庭もいっしょなんだ!」と感心感さえ抱きます。

あるあるネタはウケやすい

これらの投稿は、授乳中や子どもがお昼寝している隙間時間でさえも、ついついスマホで育児関連の記事を見てしまうママさんたちを和ませてくれました。SNSとの距離が近いママさんに向けているからこそ、口コミでバズる可能性も高いといえます。

しかし、共感を得るという意味では「あるあるネタ」はどの業界でも使えるのではないでしょうか。今回は子育て関連の「あるあるネタ」をご紹介しましたが、子育てだけでなくさまざまな「あるあるネタ」が存在します。「看護師あるある」や「営業職あるある」など。あるあるネタはその業界の人には絶対に共感を得ることができるので、SNSの投稿に迷ったら使えるワザです。

バズる秘訣は意外性だけではない

バズるといえば、意外性だけを考えてしまいがちですが、SNS上での交流において「共感」は重要です。共感するから拡散したくなるのです。共感はさらに他のユーザーと共有したいという心理が働きます。SNSマーケティングにおいて、この「共感」をうまく利用することは訴求力を上げてくれるでしょう。

まとめ

今回は筆者が実際に育児中に助けられた「育児あるあるネタ」をご紹介しました。子育て中ママだけではなく、誰しも「あるあるネタ」って思わずクスっと笑ってしまうんですよね!
どんな業界でも「あるあるネタ」はあるのではないでしょうか。SNSの投稿内容に迷ったり、SNSマーケティングに行き詰ったりしたら、ユーモアで攻めてみるのも効果的かもしれませんよ!?「あるあるネタ」で共感を呼んで、拡散力を高めましょう!

\こちらもおすすめ/

【人気:育児系漫画】笑って泣いて共感できる!描く育児インスタの人気イラスト投稿を分析

“〇〇の日”はキャンペーンにうってつけ!!女性を後押しした実例をご紹介♡【otome×SNS】第3弾

SNS疲れのインフルエンサーも始めてる!?優しいSNS「GRAVITY」とは【otome×SNS】第4弾

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

\インフルエンサーマーケティングに興味がある方へ/

【インフルエンサーマーケティング】月額4万円~PR依頼し放題!圧倒的コスパの『トリドリマーケティング』初月半額+1万円キャッシュバック

\ この記事をシェア /

ライター紹介

minami

フリーライター

一度きりの人生☆とことん楽しむぞ!! いろいろなことに興味を持って毎日を楽しく生きるフリーライター。 出版社勤務の経験を活かして、質の高い記事をお届けします^^
minamiの記事を見る

  • Twitter
  • このライターの記事

    minamiの記事を見る

  • Twitter
  • ランキング

    タグ一覧

    • みりょくがいっぱい。台東区をご案内