186 view

その他のSNS

SNS疲れのインフルエンサーも始めてる!?優しいSNS「GRAVITY」とは【otome×SNS】第4弾

\ この記事をシェア /

Twitterで日ごろの愚痴をつぶやき、Instagramではキラキラした毎日を演出、Tik Tokで流行りの曲に合わせて踊る友人にいいね・・・いつも指先は画面をタップタップタップ・・・・。「あれ?私、疲れちゃってない!?」そう感じている乙女たち、多いのではないでしょうか。

私たちの生活に欠かせないSNSですが、距離感を間違えると苦痛や疲労の原因となってしまいます。競うようにキラキラした日常をアップしたり、いいねの数を気にしたり、他人のリア充アピールを妬んだり、そういったことで心が疲れていると感じたら、一度立ち止まってみましょう。

そうは言っても「やっぱり投稿したい!」「でも結局疲れちゃうかも」なんて、好きなクセに疲れちゃう、勝手な生き物それが乙女なのです!!あーもう!めんどうくさい!!

【otome×SNS】第4弾は、そんなワガママ乙女にお届けします。SNSとのお付き合いにお悩みのあなた、ちょっと読んでみませんか?

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

優しいSNS「GRAVITY」って!?

画像引用元:「Gravity(グラビティ)- 優しいSNS」をPCでダウンロード (memuplay.com)

今優しいSNSが注目されつつあります。その一つ「GRAVITY」を紹介します。このGRAVITY、何が優しいって、乙女特有の「他者との比較」ができないようになっているのです。TwitterやInstagramと同じように、自分自身の投稿が出来たり、他ユーザーの投稿を閲覧出来たり、基本的機能は変わりません。しかし「匿名」であることが特徴です。アイコンも自撮り画像などは使えません。アプリ内にある数種類のイラストアイコンから選択するシステムです。

なるほど・・・これはSNS疲れに悩む、ワガママ乙女にはとっておきのSNSなのでは!?と感じます。

実際に使ってみて感じたGRAVITYの優しさ

SNS疲れを感じているインフルエンサーも、このSNSを始めているという噂を聞きつけ、この度実際に使ってみました!
先に感想を一言で述べておくと、「いい感じにゆるい」です。確かに、他者の目を気にしないって心地いいなぁと感じました。

アプリのイラストがかわいい

このイラストですでに癒されます。アイコンのイラストもかわいい、回っている惑星もかわいい!ゆるい世界観ですでに心がぽわっとします。

性格診断でカテゴリー分け

匿名性が高いのに似たタイプのユーザーの投稿がタイムラインに流れるとは、どういった仕組みなのか気になっていたのですが、始めてみて納得です。登録時に「性格診断」されるのです。ちなみに私はお調子者に分類されました。お調子者って表現もなんだか優しい・・・。この性格診断は登録時の一度しか受けられません。

必要最低限なプロフィール

簡単なプロフィールとアイコンが設定可能です。先ほども述べましたが、用意されているアイコン以外の登録はできません。選択肢も少ないなぁと感じましたが、自分を着飾ることをしなくてもいいので、案外すんなり受け入れられました。

プロフィールには名前、興味のあることをタグとして表示させました。フォローシステムはあるので、タグをうまく使えば同じ趣味のユーザーとフォローし合えるようです。

知らない人ばかりだと素の自分になれる

GRAVITYは、ユーザー検索可能ですが、自分を検索結果に出さないよう設定ができます。

本当につぶやきたいことをつぶやいて、全く知らないユーザーからコメントが入ったり、いいねされたりするといった感じです。

これまでの「これを書くのは〇〇ちゃんにどう思われるかな」「本当は仕事の愚痴言いたい!!」といった悩みから解放されて、素の自分が出せます。学校や仕事から帰っても、友人関係に縛られたくないですよね。

匿名なのにみんな優しい気がする

タイムラインに流れてくる投稿を見ていると、リアル世界で疲れているんだろうなと感じるものが多いです。「ぼーっとしたくて海に来た」「育児疲れすぎて爆発しそう」など。そんな投稿に対して「わかるよー私も同じ」「育児行き詰ったら甘い物いつも食べてます」といった、温かいコメントが並んでいるのです。

匿名だと逆にコメント欄が荒れたりするのかな、と思っていたので予想外でした。TwitterやInstagramなど、映えを気にする生活に疲れた人たちが集まっているのでしょう。とても平和な世界だなと感じます。

危険性も否定できない!?

GRAVITYと検索すると「出会い」というワードが出てきます。GRAVITYは新しいSNSですが、徐々に出会い系利用する人が増えてきているのも事実のようです。検索機能は充実していませんが、フォロー制度がある以上、そういった使い方をする人も出てくるでしょう。非常に残念ですが、いくら優しいSNSとはいえ、自分の身は自分で守る意識は持った方が良さそうです。これからもっと利用者が増えた場合、この危険性は高くなると考えます。

まとめ

この記事を読んでくださっている人の中にも、売れっ子インフルエンサーやインフルエンサーを目指す乙女たちがいらっしゃるのではないでしょうか。SNSはたくさんの情報が溢れ、キラキラしたものが詰まっていますが、その反面知らず知らずに心に疲れがたまっているかもしれません。他人の目を気にしたり、反応におびえたり、ちょっとSNSと距離を置きたくなったら、ぜひGRAVITYも試してみてください。素の自分を発信したら、思いもよらない嬉しいリアクションが返ってくるかもしれませんよ。

\こちらもおすすめ/

#がんばれシンクロフィット ユニ・チャームはSNSの声を聞き逃さなかった【otome×SNS】第1弾

フェムテック市場拡大!難しいアプローチ、成功事例によって紐解きます【otome×SNS】第2弾

“〇〇の日”はキャンペーンにうってつけ!!女性を後押しした実例をご紹介♡【otome×SNS】第3弾

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

\インフルエンサーマーケティングに興味がある方へ/

【インフルエンサーマーケティング】月額4万円~PR依頼し放題!圧倒的コスパの『トリドリマーケティング』初月半額+1万円キャッシュバック

\ この記事をシェア /

ライター紹介

minami

フリーライター

一度きりの人生☆とことん楽しむぞ!! いろいろなことに興味を持って毎日を楽しく生きるフリーライター。 出版社勤務の経験を活かして、質の高い記事をお届けします^^
minamiの記事を見る

  • Twitter
  • このライターの記事

    minamiの記事を見る

  • Twitter
  • ランキング

    タグ一覧

    • みりょくがいっぱい。台東区をご案内