226 view

X(旧Twitter)

「チェルシー」販売終了が決定。SNSでは「悲しすぎる」との声が相次ぐ……

\ この記事をシェア /

明治のロングセラー商品「チェルシー」。

かわいらしいパッケージと素朴なおいしさが人気ですが、先日、2024年3月末での販売終了が発表されました。

すると、翌日にはX(旧Twitter)のトレンドにチェルシーがランクイン。各SNSにも販売を惜しむ声が相次ぎました。

本記事では、チェルシー販売終了のお知らせに対するSNSの反応について深掘りします。

販売終了発表後の騒動や類似ケースについても解説するため、ぜひチェックしてみてくださいね!

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

明治「チェルシー」販売終了のお知らせ

昭和46年から販売されているロングセラー商品「チェルシー」。明治は、2024年3月末での販売終了を発表しました。

チェルシーの販売終了をもって、明治はキャンディー事業から撤退することとなります。

チェルシー販売終了の大きな理由の一つに、若者の“あめ離れ”があります。実は、明治は2023年にガム事業からも撤退しており、現在はグミ部門に注力している状況です。

最近、大手お菓子メーカーがあめやガムの販売終了を発表するケースが相次いでいます。

2023年1月には「サクマ式ドロップス」でおなじみの佐久間製菓が廃業。明治の大人気商品だった「キシリッシュ」も、2023年に販売終了となりました。

SNSにはチェルシーの販売終了を惜しむ声が続出

チェルシーの販売終了を受け、各SNSには悲しみの声やチェルシーの思い出エピソードなどがたくさん投稿されています。

ほかにも「遠足のおやつに必ず持って行った思い出がある」「今でも食べるくらい好き!売り上げ低迷していると伝えてくれたらみんなで助けたのに!」など、突然の別れに悲しむ方が日本中にいるようです。

販売終了後思わぬ事態に発展

明治がチェルシーの販売終了を発表して間もなく、全国のスーパーやコンビニからチェルシーの姿が消える事態となりました。

そう、転売です!

某フリマサイトではチェルシーバブルと呼ばれるほど、チェルシーが高値で販売・購入されているのです。通常であれば1袋200円程度で購入できるチェルシーですが、10倍以上の値段で取引されています。

この悲しい状況に、SNSには「どこにも売ってない」「転売やめて!」などの声があがっています。

人気お菓子生産終了の事例はほかにも

今回取り上げたチェルシーのほかにも、惜しまれつつも販売終了した人気のお菓子はまだまだあります。

なかには、SNSでの反響が大きく、期間限定で復活した商品も。「小さい頃よく食べたなぁ~」「大好きだったのに」など思い出に浸りながらチェックしてみてくださいね。

明治「カール」東日本での販売終了

「東日本からカールが消える…」。日本中に衝撃が走った、明治カールの販売終了のお知らせは、まだ記憶に新しいと感じる方も多いのではないでしょうか。

明治は、2017年にスナック菓子「カール」の全国販売を中止し、西日本地域限定で販売することを発表しました。

もちろん、当時のTwitterでは「カール」がトレンド入り。ネットは騒然となりました。また、ネットではカール販売終了の境界がわかる日本地図も話題に。

森永製菓「チョコフレーク」

カールに続き2018年に販売終了と発表された商品が、森永製菓の「チョコフレーク」です。近年の、カカオ含有量多めの苦いチョコの人気が大きな原因だといわれています。

また、スマートフォンの普及により、チョコフレークのような手が汚れるお菓子は敬遠される傾向です。

しかし、ネットやSNSで悲しみの声が続出したこともあり、「森永チョコフレーク<武骨な塊>」として2022年に再登場! 手に付かない加工や小袋サイズなど、Z世代の特徴を踏まえて工夫が施されています。

明治「エッセルスーパーカップ チョコミント」

明治の大人気商品「エッセルスーパーカップ」ですが、チョコミント味は期間限定でたびたび販売されているフレーバーだとはあまり知られていません。

明治は、2022年7月にも期間限定でチョコミントを販売。その後販売終了のお知らせをSNSに投稿したところ、なんと1万件以上の反響が寄せられる事態に。その声に応える形で、2023年の夏にも期間限定での販売を決定しました。

まとめ

明治「チェルシー」の販売終了に対するSNSの反応について深掘りしました。

「最後の思い出に購入したい」「このデザインが見られなくなるのは悲しい!」などの反響が集まれば集まるほど、転売につながるという悲しい現実もあるようです。

また、販売終了のお知らせは、メーカーにとってはファンの声を聞ける最後のチャンス! 森永製菓のチョコフレークのように、リニューアル販売につながるケースもあります。

今後、チェルシーの復活があるのか、気になるところですね♪

\こちらもおすすめ/

ついに決着か⁈ きのこたけのこ戦争に現れた“強者”がX(旧Twitter)で話題

明治がお菓子の城を27万円で販売!?その迫力に早くもSNSは大バズり

【SNSで話題】きのこの山のワイヤレスイヤホン発売でたけのこの里派反発!?

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

\インフルエンサーマーケティングに興味がある方へ/

【インフルエンサーマーケティング】月額5万円~PR依頼し放題!圧倒的コスパの『トリドリマーケティング』初月半額+1万円キャッシュバック

\ この記事をシェア /

ライター紹介

minami

フリーライター

一度きりの人生☆とことん楽しむぞ!! いろいろなことに興味を持って毎日を楽しく生きるフリーライター。 出版社勤務の経験を活かして、質の高い記事をお届けします^^
minamiの記事を見る

  • PR

  • x
  • このライターの記事

    minamiの記事を見る

  • PR

  • x
  • ランキング

    タグ一覧

    • PR

    • インターネット・光回線総合比較メディア:厳選.com
    • みりょくがいっぱい。台東区をご案内