19,485 view

その他のSNS

Zenly(ゼンリー)が終了!理由と代わりになる位置共有アプリを紹介

\ この記事をシェア /

友達や家族と位置情報を共有して楽しめるSNSとして人気を博していたZenly。

4000万人ものユーザー数を誇るSNSでしたが、 2023年2月3日にサービス提供が終了することが決まっています。

この記事では、Zenlyがサービス提供を終了するに至った理由や、Zenlyの代わりとなるアプリを紹介します。

Zenlyの代替アプリとして、特におすすめのものを紹介していますので、「Zenlyの代わりを探している」という方はぜひ最後までご覧ください!

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

Zenlyが終了した理由は?

Zenlyは、スナップ社の経営不振によりサービス提供の終了を発表することとなりました。

フランスでリリースされたアプリでしたが、2017年にスナップチャットの親会社であるアメリカのスナップ社に買収されています。

Zenlyはユーザー数の多いアプリでしたが、想定していたよりも売り上げが見込めず、サービスを終了することとなってしまいました。

位置共有ができるSNSとして人気の高かったZenlyがなくなることで、愛用していたユーザーから惜しまれています。

Zenlyの代わりに使える位置共有アプリ

Zenlyは2023年の2月3日にサービスを終了することが決定しています。

ここからは、Zenlyの代わりに使える位置共有アプリを3つ紹介します。

Naunau

「naunau」は、すでにZenlyの代わりとして使っているユーザーも多いアプリです。

特徴

・IOSユーザーとAndroidユーザーのどちらもが使用できる
・QRコードで簡単に友達の追加ができる
・アプリ内でメッセージのやり取りが可能
・Zenlyと同様の機能が使える

Zenlyと同様の機能として、ゴーストモードとフリーズモードが使用できます。

そのため、Zenlyの代わりとして使いやすいアプリといえるでしょう。

ゴーストモード大まかな位置を表示させる
フリーズモード相手に位置を知らせない

また、フリーズモードは、友達ごとに個別設定が可能です。

ただし、その人のアイコンをタップすると、「この人にフリーズされています」というメッセージが表示されてしまいます。

NaunauはZenlyと似た機能を使える位置共有アプリですが、「フリーズしていることが相手にバレてしまう」ということにデメリットを感じている人もいるようです。

とはいえ、現時点でZenlyに一番近い形で利用できるアプリであるといえそうです。

「Zenlyに近い使用感のアプリを探している!」という方は、あとで紹介する「whoo」と比較して試してみるとよいでしょう。

Life360

Life360は、位置情報をメンバー同士で共有できるアプリです。

位置情報の正確性から人気があるアプリのひとつで、子供の防犯や紛失防止目的で使う人もいます。

特徴

・通知エリアの設定ができる
・グループ設定ができる
・メッセージでのやりとりが可能
・登録方法は電話番号のみ
・ゴーストモードやフリーズモードは未搭載

 Life360の特徴として、特定のエリアに対して通知設定ができるというものがあります。

誰かが自宅に帰ってきたときや、職場や学校といった特定の場所に到着した際に通知がくるように設定できます。

また、家族や友達といったグループ単位で位置情報の共有ができる点も魅力です。

ただし、無料版では通知エリアの設定やグループ設定がそれぞれ2つまでと制限があります。

Zenlyのようにゴーストモードやフリーズモードといった機能は使えませんが、通知機能や位置情報の正確性といった点では使いやすいアプリであるといえそうです。

Whoo

Whooは、Zenlyのサービス終了を受けて開発されたアプリです。

12月9日にリリースされたばかりですが、急速な勢いで成長しており、すでに多くの人に利用され注目されています。

特徴

・画面が見やすく感覚的に使いやすい
・足跡機能で移動記録が見られる
・開放されていない機能が多い
・どこに何時間留まっているかがわかる
・充電残量の表示
・若者に合わせた言葉遣いでノリが軽い感じ
・現在使えるのはiOSユーザーのみ(ただし、2023年1月に実装予定とのこと)

Zenlyの終了に伴って開発されたアプリだけあって、使用感が似ているとの口コミが多数確認できました。

whooは記事執筆時点ではまだAndroidユーザーが利用できませんし、ゴーストモードやフリーズモード・チャット機能などは未実装です。

しかし、かなり急速な勢いで成長しているアプリなので、すぐに不自由なく使えるようになるものと予測されます。

リリースからたった数週間で、頻繁にアップデートを公開していることからも間違いないでしょう。

Androidもすぐにリリースされる予定のようです。

まだリリースしたばかりということもあり、今後機能が拡充されていくものと思われますので、インストールして使ってみるのもおすすめです。

まとめ:Zenlyの代わりとしては、「naunau」「Life360」「whoo」がおすすめ

今回は、Zenlyのサービス終了に伴って代わりに使えるアプリを紹介しました。

「友達の今がわかる」「身近な人をより身近に感じられる」

そんなZenlyのサービス終了は惜しまれる声が多いです。しかし、そんな中で新しくアプリも開発されています。

「とにかくZenlyの使用感に似たアプリが使いたい!」ということであれば、「naunau」や「whoo」を使ってみてください。

Whooはまだ開発が進んでいる途中なので、両方を試しながら使っていくのがおすすめです。

位置情報が正確に知りたい場合や、グループ単位で位置情報を共有し合いたい場合は「Life360」を選ぶとよいでしょう。

今回紹介したアプリを友人や家族と共有して、ぜひ一緒に使ってみてくださいね。

\こちらもおすすめ/

今注目のアプリ「Lemon8」ってなに?Instagramとの違いは?SNS広告でよく見かける人気アプリについて徹底解説!

【広告収入】〝スキマ〟を〝広告〟に! 空きスペースを広告枠として貸し出すマッチングサービス『MACHISUPE』が飲食業界の救世主に?

フランス発祥のSNS「Bereal」とは?ありのままの姿を投稿する新感覚のSNSを解説

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

\インフルエンサーマーケティングに興味がある方へ/

【インフルエンサーマーケティング】月額4万円~PR依頼し放題!圧倒的コスパの『トリドリマーケティング』初月半額+1万円キャッシュバック

\ この記事をシェア /

ライター紹介

つむぎ

フリーライター

1995年生まれの女性フリーライター。 当時2歳の子どもを育てながら、26歳でWEBの世界へ飛び込みました。 SNSの運用やWEB活用方法についての記事をお届けします。
つむぎの記事を見る

  • PR

  • x
  • このライターの記事

    つむぎの記事を見る

  • PR

  • x
  • ランキング

    タグ一覧

    • PR

    • インターネット・光回線総合比較メディア:厳選.com
    • みりょくがいっぱい。台東区をご案内