394 view

X(旧Twitter)

明治がお菓子の城を27万円で販売!?その迫力に早くもSNSは大バズり

\ この記事をシェア /

これまでも、SNS運用のお手本にしたい企業として明治さんを取り上げてきましたが、またしてもビッグニュースが舞い込んできました!

なんと、明治さんが27万円のお菓子の城の発売を発表したのです。案の定、ビッグニュースにSNSがざわついています。

今回の記事では、なぜ明治さんがこれほどまで高額なお菓子の城の販売を計画したのか、その理由を深掘りしました。

明治さんのSNS活用術についても触れるため、企業のマーケティング担当者の方は必見ですよ。

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

明治発売27万円のお菓子の城とは!?

明治は2024年1月16日にSNSにて「子どものころに夢見た、お菓子でつくる大きな大きなお城キット」の発売を発表しました。

価格はなんと、27万円! 画像からも迫力が十分に伝わりますが、2m×2mの超特大お菓子の城が作れるキットです。

株式会社Chocolate Times代表取締役のパティシエ、小清水圭太さん(自称、一級お菓子建築士)が設計しているこの大きなおかしな城には、アポロやたけのこの里、マーブルチョコレートなどおなじみの明治のお菓子がふんだんに使われています。

販売数は5セット! 27万円の高額商品でありながら、即完売したというからこれまた驚きです。

出典:Amazon

完成サイズとして画像が添えられていますが「広いスペースが必要です」をやたらと強調。それもそのはず、ダンボール16箱、計8.7㎏もの商品が届くのです。明治さん、攻めすぎ。

大きなお菓子の城にSNS大バズり

明治がX(旧Twitter)で、今回のお菓子の城の発売を発表すると、SNSにたくさんのコメントが寄せられました。

「HIKAKINやはじめしゃちょーが買いそう!」「すごい…!めちゃくちゃオシャレ…!」など大盛り上がりの様子です。

明治は、今回の大きなお菓子の城以外にも、手軽に作れるキットの発売も発表しています。そちらの売れ行きも気になるところです。

情報をキャッチするアンテナを張っている明治さん

筆者は、明治さんが大きなお菓子の城を発売するまでの経緯を調べてみました。

今回の設計に携わった小清水圭太さんは、2022年11月に自身のSNSに「成人男性2名の深夜テンションでできあがったお菓子の城」として写真を公開。

板チョコやビスケット、ジャイアントカプリコなど身近なお菓子でつくられたそのお菓子の城は非常に美しく、数多くのいいね!やコメントが寄せられました。

その話題に着目した明治さんが、小清水さんにオファーをして今回のコラボ商品につながったのです。明治さんの視野の広さには毎回驚かされます。

明治さんのSNS活用術

SNSの活用が上手な企業はさまざまありますが、今回紹介した明治さんもそのなかの一つ。ここからは、明治さんのSNS活用の特徴を深掘りしていきます!

SNSの細分化

明治さんのSNS公式アカウントは数多く存在します。

株式会社明治としてのアカウントはもちろんのこと、レシピを中心に発信している「明治おいしいキッチン」や、果汁組グミ【公式】、明治エッセルスーパーカップ【公式】などさまざま。

今回紹介した大きなお菓子の城は「チョコレート大作戦」のX(旧Twitter)から発表されました。

このように、SNSを細分化することにより、よりコアなファンを獲得できます。

大企業は取り扱う商品も多く、それぞれの情報を一つのアカウントのみで発信していると情報が埋もれてしまいがちです。

商品ごとにアカウントを作れば、それぞれのファンにしっかりと情報が伝えられますね!

コミュニケーションを大切にしている

明治さんは、SNS上での消費者とのコミュニケーションを大切にしている印象があります。

「#明治」のハッシュタグが付けられた投稿をリポストしたり、明治商品についての投稿に対してコメントしたりと、消費者との距離がとても近い。消費者の声を拾い上げてくれる企業には、安心感がありますよね。

企画力

以前紹介した「明治ありそうでなかった雑貨」を代表に、明治さんの企画力には脱帽です。

2023年12月、明治さんはX(旧Twitter)に「今年、明治のXを賑わせた投稿を振り返る」という投稿をしているのですが、「#本物はどっち」「#うずまきソフト#うますぎソフト」どちらの企画もファンを楽しませるアイディア満載の企画でしたよね。

「次はどんなSNS企画で楽しませてくれるのかな」とワクワク感が止まらない! まだ明治さんの公式アカウントを知らない方は、ぜひフォローしてみてくださいね。

まとめ

明治さんが発売を発表した、27万円のお菓子の城について深掘りしてみました。大胆な企画に驚くばかりか、その企画に到るまでの経緯も興味深いものでした。

明治さんはSNS活用のお手本のような企業であり、たくさんの商品がSNSをきっかけとして誕生しています。

SNS運用について悩みを抱えている企業は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

\こちらもおすすめ/

BeRealでマッチング⁉ 交換アプリ「BeMatch(ビーマッチ)」とは。使い方や SNSの口コミなどをご紹介

【SNSで話題】きのこの山のワイヤレスイヤホン発売でたけのこの里派反発!?

【バズった】森永製菓のTikTok運用がうまい! 企業のSNS成功事例に共通するポイントとは

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

\インフルエンサーマーケティングに興味がある方へ/

【インフルエンサーマーケティング】月額5万円~PR依頼し放題!圧倒的コスパの『トリドリマーケティング』初月半額+1万円キャッシュバック

\ この記事をシェア /

ライター紹介

minami

フリーライター

一度きりの人生☆とことん楽しむぞ!! いろいろなことに興味を持って毎日を楽しく生きるフリーライター。 出版社勤務の経験を活かして、質の高い記事をお届けします^^
minamiの記事を見る

  • PR

  • x
  • このライターの記事

    minamiの記事を見る

  • PR

  • x
  • ランキング

    タグ一覧

    • PR

    • インターネット・光回線総合比較メディア:厳選.com
    • みりょくがいっぱい。台東区をご案内