1,534 view

X(旧Twitter) 知識・勉強

X(旧Twitter)で凍結は解除できるの? 解決できた人の情報をもとに原因や対策、解除方法を紹介

\ この記事をシェア /

X(旧Twitter)を運用する中で、急にログインできなくなったりポスト(旧ツイート)できなくなったりした経験がある方もいるのではないでしょうか。

「凍結」と呼ばれるペナルティの一種で、最悪の場合アカウントの再作成ができなくなるので注意が必要です。

そこで本記事では、X(旧Twitter)で発生する凍結の種類やペナルティの内容など紹介します。

実際に凍結を解除できた方からの情報をもとにした解除方法なども紹介します。

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

X(旧Twitter)で凍結すると何が起こるのか

X(旧Twitter)で運用しているアカウントが凍結してしまうと、アカウント自体が使えなくなってしまいます。

何の告知もなく凍結するのは比較的少なく、初期段階として利用が制限される症状です。

運用しているアカウントが一時的に閲覧のみの状態になるものの、一般的には利用制限の期間さえ過ぎれば解除されます。

また、凍結の対象と考えられるアカウントに対し、ロックをかけて知らせる状態も考えられます。

X(旧Twitter)凍結の種類

X(旧Twitter)で発生する凍結には、下記の3種類が存在します。

・ロック
・凍結
・永久凍結

それぞれ症状の違いや注意点などを解説します。

ロック

アカウントのロックとは、アカウントを利用できないだけでなく、ログインできない状態です。

ログインを試してみても「このアカウントはロックされています」と表示されます。

ログインができない状態なので、もちろんポスト(旧ツイート)だけでなく、フォローなどもできなくなります。

客観的にロックされたアカウントを見ると、フォロー数やフォロワー数がどちらも0と表示されるのが特徴的です。

多くの場合、電話番号やアドレスなどの本人確認を行えば解除され、フォロー数やフォロワー数も元通りになります。

しかし、あくまで凍結の可能性が高いアカウントを対象にした「警告」と認識する必要があります。

ロックしてしまった際は、本人確認規約違反が考えられる投稿を削除して対処しましょう。

凍結

アカウントの凍結とは、ロックよりも重いペナルティが課された状態です。

ロックを放置しているアカウントを対象にしているケースが多く、症状はロックと同じです。

ロックと凍結との違いは、凍結状態になると「ログインができる」特徴があります。

凍結状態でログインすると「アカウントは凍結されています」と表示されるので、ログインできても安心できません。

ロックであれば、本人確認や違反投稿の削除などで対処できますが、凍結の場合は後述する「異議申し立て」をする必要があるのです。

永久凍結

アカウントの永久凍結とは、明確な違反行為や頻繁に凍結を繰り返しているアカウントに課されるペナルティです。

X(旧Twitter)の中で「最も重いペナルティ」と言われているものです。

「ご利用のアカウントは永久凍結されています」と表示され、下記のような症状が発生します。

・アカウントが復元できなくなる
・アカウント情報が完全に消去される
・アカウントを操作できなくなる
・新しくアカウントを開設するのは難しくなる

X(旧Twitter)では、アカウントを作成する段階でIPアドレスをトラッキングしています。

凍結の再発防止を目的に、アカウントの再作成が難しくなるのです。

凍結と同様に、異議申し立てもできますが、解除される可能性は極めて低いと認識しておきましょう。

X(旧Twitter)で凍結する原因とは

X(旧Twitter)で凍結する可能性を高める原因は、下記の通りです。

・スパム行為しているアカウントに見られた
・機械的な行動が多い
・攻撃的な発信が多い
・ほかのSNSへ誘導している

順番に紹介していきます。

スパム行為しているアカウントに見られた

短期間に大量の投稿をしていたり、大勢にDMを送っていたりするアカウントは、凍結になりやすいと言われています。

また、悪質と思われる投稿も対象になります。

たとえば企業アカウントが発信したキャンペーンの当選者を対象に、複数のアカウントに同一の内容でDMを送信する際は注意が必要です。

DMを送信する際「DM規制回避用No.〇〇」と記載したうえで、ユーザーに何かしらの返信やスタンプで反応してもらえるよう促すと効果的です。

機械的な行動が多い

こちらは、ポスト(旧ツイート)やフォローバックなどのシステムを自動化しているアカウントが対象になる可能性があります。

たとえばフォロワー数の増加を目的に、フォローバックしたアカウントを短時間で一斉にフォロー解除すると、機械的なアカウントと判断されてしまうのです。

どうしてもフォロー欄を整理したい場合は、一斉に整理せず少しずつ解除した方が比較的安全です。

筆者自身もフォロー整理したタイミングはありますが、一斉に解除しなかったので凍結せずに済みました。

攻撃的な発信が多い

特定のアカウントや不特定多数に向けて、攻撃的な発信をしていると凍結する可能性を高めてしまいます。

たとえば誹謗中傷や差別的な発言、嫌がらせなどが該当します。

また、なりすまし行為も凍結の対象になり、ほかのユーザーが発信したポスト(旧ツイート)を真似した通称「パクツイ」も注意が必要です。

仮に自分が発信していく中で、誹謗中傷を感じさせるリプライが来たら「通報」ボタンを押して対処していきましょう。

ほかのSNSへ誘導している

「詳しくはプロフのリンクから受け取ってください」などと発信し、ほかのSNSへ誘導したものは凍結の可能性が高くなります。

X(旧Twitter)を閲覧している際、「答えはプロフに……」やポスト(旧ツイート)の途中で終わっている内容を目にしたユーザーもいるでしょう。

実は「プロフ誘導」と呼ばれる手法の1つで、X(旧Twitter)の「ガチ勢」がフォロワー数増加を目的に行っているものです。

答えがプロフィール欄にあれば、問題になるケースは少ないと言われています。

しかし、ほかのSNSに誘導していると「スパム」の対象になる可能性があるので注意しましょう。

X(旧Twitter)の凍結におけるよくある質問

ここからはX(旧Twitter)の凍結に関して、よくある質問を紹介します。

今回取り上げる質問は、下記の3つです。

・凍結してしまった際の解除方法はあるの?
・凍結したアカウントを消す方法は?
・凍結を防ぐには何をしたらいいの?

順番に回答しながら紹介していきます。

凍結してしまった際の解除方法はあるの?

アカウントが凍結してしまった際、初回であれば多くの場合は本人確認をすれば解除できます。

アカウントに紐づいたアドレスに届くメールを確認し、認証コードを入力する流れです。

また異議申し立てをしたい際は、こちらの専用ページにアクセスし、対処していきます。

氏名やユーザー名、異議の内容などを入力して対処する方法ですが、解除されない場合もあるので注意が必要です。

筆者の周りで凍結を解除できた方は「正直イライラしたけど真摯な姿勢を忘れずに送信した」と教えてくれました。

ビジネスメールを送信する感覚で、相手を敬った言葉を並べるのが効果的になりそうです。

凍結したアカウントを消す方法は?

凍結したアカウントを削除したい際、ログインできるかできないかで方法が異なります。

まずログインできる場合、「設定とサポート」にアクセスし、「アカウント削除」を選択すれば実行できます。

あくまで「アカウント削除の申請」段階で、30日間ログインせずに放置し、完全に削除されるのを待ちましょう。

一方でログインできない場合は、こちらの専用ページから削除できます。

ログインできるか状況を把握し、適切な方法でアカウントを削除していきましょう。

凍結を防ぐには何をしたらいいの?

X(旧Twitter)で凍結を防ぎたい際、前提として「規約の遵守」が必須です。

とくに最近はルールの変更が多く、正解がわかりにくくなっています。

つまり、移り変わりの激しい規約を守っているかが重要になるのです。

とはいえ日頃忙しい方からすると、頻繁に規約を確認するのは不可能です。

筆者自身も規約を隅々まで読んでいる時間はありません。

そこで不可欠なのは「客観的に信頼性が高いアカウント」であることです。

攻撃的な発信をしないのはもちろん、セキュリティを高めてハッキング被害の防止を実施しましょう。

まとめ

今回はX(旧Twitter)の凍結について、凍結の種類や考えられる原因、解除方法などを紹介しました。

凍結してしまうと、アカウントが使えなくなるだけでなく、最悪の場合アカウントの再作成ができなくなってしまいます。

認知拡大や交流を深められるなど、メリットの多いX(旧Twitter)だからこそ、真摯な姿勢を持ったうえで運用していきましょう。

\こちらもおすすめ/

X(旧Twitter)でシャドウバンになった際の対処法とは? 1週間バンになった体験談をもとに解除法など紹介

令和5年10月施行|ステマ規制の対象とは? 違反しないための対策をわかりやすく解説

創業13年未満の企業は要注意!Twitterアカウントが凍結?!防ぐには?凍結時の対処法も解説

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

\インフルエンサーマーケティングに興味がある方へ/

【インフルエンサーマーケティング】月額5万円~PR依頼し放題!圧倒的コスパの『トリドリマーケティング』初月半額+1万円キャッシュバック

\ この記事をシェア /

ライター紹介

柴﨑 祐介

フリーライター

元お坊さん|(正座苦手な)僧侶歴14年|メディア出演した元説法のプロ|2022年ライター活動開始|電子書籍出版9部門1位|趣味はTwitterとYouTube|「関わった方が喜ぶ姿を見ること」をモットーに活動しています!
柴﨑 祐介の記事を見る

  • PR

  • x
  • このライターの記事

    柴﨑 祐介の記事を見る

  • PR

  • x
  • ランキング

    タグ一覧

    • PR

    • インターネット・光回線総合比較メディア:厳選.com
    • みりょくがいっぱい。台東区をご案内