468 view

TikTok YouTube

【企業必見】花王がヒット商品を連発する理由とは? 事例から考えるSNSマーケティング成功の秘訣

\ この記事をシェア /

「思ったほどSNSマーケティングの効果が出ない」「ヒットにつなげられない」などの悩みを抱えている企業マーケティング担当者は多いでしょう。

SNSマーケティングを成功させるためにも、実際の事例を参考にしてみませんか。

今回の記事では、花王のSNSマーケティングについて紹介します。

SNSプロモーションに力を入れ、数々のヒット商品を生み出してきた花王からヒントを探りましょう!成功事例とともに紹介するため、ぜひ参考にしてみてくださいね!

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

花王のSNSマーケティング成功事例

ビオレやニベア、リセッシュなどさまざまなブランドを展開する化学系メーカーの花王ですが、マーケティングが強い企業として有名です。

さっそく、SNSマーケティングの工夫によりヒットにつながった商品4つを紹介します。それぞれのマーケティングの特徴を詳しく解説するため、企業のマーケティング担当者は必見ですよ!

ビオレ「おうちdeエステ 肌をなめらかにするマッサージ洗顔ジェル」

テレビCMを実施せずに大ヒットを記録した驚きの商品です。2017年に発売されたこちらのマッサージ洗顔ジェルは、「忙しい毎日でもきちんとケアしたい」というニーズに応える「おうちでエステ」シリーズの一つ。SNSでの話題が購買を促し、ヒットにつながりました。

花王はまず、プロモーションコンテンツとしてYouTubeをチョイス。「毛穴」「洗顔料」などのキーワード検索履歴を持つ若年女性をターゲットに絞り、6秒の短尺動画広告を8種類制作して配信したのです。

この広告から徐々に認知度が拡大し、X(旧Twitter)に使用感や効果についての感想があがるようになります。美容に対して感度の高い層からのコチコミが、購入を迷っていた消費者を後押しするかたちとなりました。

ビオレ「瞬間ミストUV」

日経トレンディによる2023年上半期ヒット大賞にて「美容・ファッション部門」の大賞を受賞した「ビオレ瞬間ミストUV」。

発売から約半年で累計出荷数量600万本を突破する大ヒットとなり、一時は入手困難な状況にまでなりました。

この結果は、花王がTikTokでのプロモーション活動に注力してきたことが大きな要因です。

瞬間ミストUV発売からさかのぼること2年、2021年発売の「ビオレ水槽パックUV」のプロモーション戦略として、TikTokで使用するブランドエフェクトを制作。さらにはハッシュタグチャレンジも導入しました。

エフェクトを使用したハッシュタグチャレンジにより、商品の特徴である「すーっぴた!」という言葉を楽しく伝え、認知拡大につなげました。

@bioreuv_official

#ad あなたもすーぴた使うと…盛れるらしい!水層パックUVの「すーぴた診断」で盛れ度を診断してみて!#すーぴた使うと盛れるらしい #ビオレUV#水層パックUV

♬ すーぴた使うと盛れるらしい – ビオレUV

この流れのまま、2023年に発売された「ビオレ瞬間ミストUV」も、数多くのインフルエンサーを起用してTikTokで使用感を発信。「日焼け止めといえばビオレUV」というイメージを定着させることに成功しました!

リーゼ「1DAY HAIR MONSTER」

2020年に発売された「1DAY  HAIR MONSTER」は、1日だけのポイントカラーが楽しめるヘアカラー商品です。

認知拡大はもちろん、しっかりと価値を伝達して「一度使ってみようかな」という気持ちになってもらうためにSNSプロモーションを開始しました。

出典:花王『リーゼ 1DAY ヘアモンスター』

リーゼ公式X(旧Twitter)を活用し、イラストコンテンツの配信と「#ヘアモン研究所」キャンペーンを実施。

さまざまな髪型や髪の長さのイラストを紹介することで「自分ならどう使うかな?」との意識誘導に成功し、ヒットにつながりました。

アタック「アタックZERO

洗濯洗剤シェアNo.1のアタックは、イケメン集団5人によるCMがおなじみですが、SNS

を上手に活用してヒットにつなげた商品の一つでもあります。

2019年、SHIBUYA109に巨大な看板が現れました。「4.1発足#洗濯愛してる会 COMINGSOON!」の文字と5人のシルエットが描かれたその看板を目にした人たちが、X(旧Twitter)上で「シルエットは誰!?」と騒ぎ出します。

そして4月1日、テレビCM発表会をYouTubeでライブ配信したのです。その後、看板はイケメン俳優5人がわかるものにチェンジされ、アタックZEROは発売すぐにSNSで拡散されました。

まとめ

花王のような大手企業の商品は「売れて当たり前」と思われがちですが、ヒット商品の裏には綿密なマーケティング戦略が隠されていることがわかりました。

X(旧Twitter)やTikTok、YouTubeなどさまざまなコンテンツを駆使してヒットに繋げています。商品ごとに、どのコンテンツを使用すれば効率的に認知度を挙げられるのかがよく考えられている印象です。

SNSマーケティングに伸び悩みを感じている企業は、ペルソナを設定をしっかりとおこない、効果的なプロモーションにつなげましょう!

\こちらもおすすめ/

明治がお菓子の城を27万円で販売!?その迫力に早くもSNSは大バズり

【バズった】森永製菓のTikTok運用がうまい! 企業のSNS成功事例に共通するポイントとは

はじめて最後まで広告見た……ファイブミニのPRが”素敵すぎる”と話題。(社会人センイ向上大作戦など)

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

\インフルエンサーマーケティングに興味がある方へ/

【インフルエンサーマーケティング】月額5万円~PR依頼し放題!圧倒的コスパの『トリドリマーケティング』初月半額+1万円キャッシュバック

\ この記事をシェア /

ライター紹介

minami

フリーライター

一度きりの人生☆とことん楽しむぞ!! いろいろなことに興味を持って毎日を楽しく生きるフリーライター。 出版社勤務の経験を活かして、質の高い記事をお届けします^^
minamiの記事を見る

  • PR

  • x
  • このライターの記事

    minamiの記事を見る

  • PR

  • x
  • ランキング

    タグ一覧

    • PR

    • インターネット・光回線総合比較メディア:厳選.com
    • みりょくがいっぱい。台東区をご案内