53 view

Instagram TikTok Twitter 知識・勉強

クチコミマーケティングとは?SNSで成功させるポイントを解説

\ この記事をシェア /

近年、商品の購入前にクチコミを確認する消費者が増えています。

SNSでポジティブなクチコミが拡散されれば、商品やサービスに良いイメージを与えられるでしょう。

今回は、そんなクチコミを活用したクチコミマーケティングについて解説します。

記事内ではクチコミマーケティングのメリットや注意点などについても触れていますので、ぜひ参考にしてみてください。

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

クチコミマーケティングとは?

クチコミマーケティングとは、その名の通り消費者のクチコミを狙ったマーケティング手法のことです。

購買前に商品やサービスの良いクチコミを見ることで、商品の購買意欲を高める効果が期待できます。

クチコミを使った商法は古くから活用されており、利用者の声といった形でクチコミを提示して顧客を呼び込む方法が取られてきました。

クチコミといえばSNSや商品レビューを想起する人が多いかもしれませんが、実際に人との会話から生じるクチコミも含みます。 近年ではインターネットが普及し、商品を購入する前に商品レビューを確認したりSNSでクチコミを検索したりする人が増えており、クチコミの影響力は高いと言われています。

クチコミマーケティングのメリット

クチコミマーケティングにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここからは、クチコミマーケティングのメリットを紹介します。

認知度を高められる

クチコミマーケティングのメリットとして、「認知度を高められる」といった点が挙げられます。

クチコミは人から人へと伝わっていくため、商品やサービスの認知度向上に役立つのです。

特にWebサイトやSNSなどは、年代や地域を問わず広い範囲にクチコミの情報が広がっていきます。

SNSを活用したクチコミマーケティングは、商品やサービスの認知度向上にも一役買ってくれるでしょう。

SNSで話題になる

うまくクチコミマーケティングを活用すればSNSで話題になることがあります。

特におもしろみのある商品や目新しいサービスなどは注目されやすいため、TwitterやInstagramなどのSNSで反響を呼びやすいです。

例えば、Twitterでは特定のツイートが話題になると多くの人の目に触れやすくなります。

クチコミ投稿の話題性が高まれば、大きな宣伝効果を生むかもしれません。

クチコミマーケティングを成功させるポイント

ここからは、クチコミマーケティングを成功させるポイントを紹介します。

話題になる仕組みを作る

クチコミマーケティングを成功させるために、商品の購入やサービスの利用をした消費者が、実際にクチコミをしたくなるような仕組みづくりを意識してみましょう。

例えばハッシュタグを使ったクチコミ投稿を呼びかけたり、クチコミが増える企画を立ててみたりと、SNSで商品やサービスに関する投稿を促すとクチコミが広がりやすくなります。

良い商品を作ることで自然と良いクチコミが発生することを期待することもできますが、ハッシュタグや企画を活用することで、消費者のクチコミ投稿を後押しできるのです。

メリットを提示する

消費者がクチコミを投稿することで得られるメリットを提示すれば、クチコミ投稿をしてもらいやすくなります。

例えば、クチコミ企画を作るときに「抽選で割引券が当たる」といったメリットを提示すれば、割引券を目当てに企画に参加する消費者が増えるでしょう。

話題を大きくするために、メリットを提示して積極的にクチコミを投稿してもらうこともクチコミマーケティングの有効な方法です。

クチコミマーケティングの注意点

ここからは、クチコミマーケティングの注意点を解説します。

ステルスマーケティングに注意

クチコミマーケティングを実施する際は、ステルスマーケティングにならないよう注意しましょう。

ステルスマーケティングが発覚すると、企業やインフルエンサーのイメージダウンにつながる恐れがあるためです。

ステルスマーケティングとは、消費者に宣伝と明示せずに宣伝行為をおこなうことを指します。

例えば、インフルエンサーを起用して商品のPRを依頼する際に、「企業からの依頼であることを隠してPR投稿をしてもらう」といったことはステルスマーケティングに当たります。

依頼であることを隠して発信するということは消費者を騙すことにつながるため、印象が悪くなってしまうのです。

クチコミマーケティングを取り入れる際はステルスマーケティングにならないように注意しましょう。

ネガティブなクチコミは影響力が高い

良いクチコミは、消費者の購買意欲を高めたり、商品やサービスの認知度を向上させたりするのに役立ちます。

その一方で、ネガティブなクチコミの影響力も高いといわれています。

クチコミは消費者の真っ直ぐな意見が聞けるため信憑性が高く、その効果は広告よりも高いといわれるほどです。

例えば、商品が気になっている段階で消費者がクチコミを調べたとします。

そこで目にしたクチコミがネガティブな意見ばかりだった場合、最初は購入に前向きだったとしても、購入を取りやめてしまう可能性があるのです。

以上の点からクチコミを呼びかける際は、ネガティブなクチコミが広まる可能性も視野に入れ、さらには炎上の恐れがないかどうかも気にかけておくとよいでしょう。

ユーザーが自由にクチコミを投稿できるようにする

クチコミマーケティングを実施するときは、ユーザーが自由にクチコミを投稿できるような仕組みを作りましょう。

悪いクチコミだからといって削除したり、良いクチコミを書くように強制したりすることは、消費者に悪い印象を与えることに繋がりかねません。

消費者のクチコミは、企業側が操作できるものではないため、積極的にクチコミを投稿してもらえるような仕組みづくりや、良い評価をもらえるような商品やサービスをつくるアプローチが望ましいといえます。

まとめ

今回は、クチコミマーケティングについて解説しました。

SNSで良いクチコミが拡散されると、商品やサービスの認知度が上がり、消費者の購買意欲を高める効果に期待できます。

広告よりも効果が高いといわれるクチコミをうまくマーケティング活用すれば、購入前の段階にいる消費者の後押しができる可能性があります。

記事内で紹介した注意点を参考にしながら、クチコミマーケティングを取り入れてみてはいかがでしょうか。

\こちらもおすすめ/

『SIPS:シップス』とは?SNSマーケティング担当者が知るべき消費者行動

事例でわかる『SIPS』を取り入れたSNSマーケティング。オイシックスから学ぶシップスの事例

乙女はタダに弱い♡女性マーケティングから見るプレゼントキャンペーン【otome×SNS】第5弾

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

\インフルエンサーマーケティングに興味がある方へ/

【インフルエンサーマーケティング】月額4万円~PR依頼し放題!圧倒的コスパの『トリドリマーケティング』初月半額+1万円キャッシュバック

\ この記事をシェア /

ライター紹介

つむぎ

フリーライター

1995年生まれの女性フリーライター。 当時2歳の子どもを育てながら、26歳でWEBの世界へ飛び込みました。 SNSの運用やWEB活用方法についての記事をお届けします。
つむぎの記事を見る

  • Twitter
  • このライターの記事

    つむぎの記事を見る

  • Twitter
  • ランキング

    タグ一覧

    • みりょくがいっぱい。台東区をご案内