92 view

Twitter

マクドナルド公式Twitterはなぜ目を惹くのか!その戦略に迫ってみた

\ この記事をシェア /

Twitterの活用を始めたものの、他企業の投稿に埋もれてしまいなかなか成果がでないという人もいるのではないでしょうか。

今回はそんな企業担当者の方に向けて「マクドナルド公式Twitter」のSNS戦略を紹介していきます。

マクドナルドのTwitterには、SNS運用に役立つノウハウが詰まっています。

SNSマーケティングを成功させたい企業担当者の方や、マクドナルドのSNSマーケティングが気になる方はぜひ参考にしてみてください。

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

マクドナルド公式Twitterってどんなアカウント?

日本マクドナルド公式Twitterは2010年から運用を始めたアカウントで、現在は512万人ものフォロワーを獲得している企業公式アカウントです。

長年Twitter運用していることからも、SNSの使い方が上手い…!と感じるツイートが盛りだくさんです。

ユーザーにウケがよいポイントを押さえた投稿を数多くおこなっており、毎日3〜4件は欠かさずツイートしています。

マクドナルド公式Twitterの投稿が目を惹く理由!

ここからは、「マクドナルド公式Twitterの投稿はなぜ目を惹くのか?」について深掘りしていきます。

投稿画像のインパクトが強いから

マクドナルド公式Twitterの投稿画像にはインパクトが強いものが多いです。

ハンバーガーの投稿をドアップで写した画像はひときわ目を惹きます。

また、マクドナルドの投稿画像にはインパクトがありますが、意外にもごちゃごちゃしておらずシンプルです。

余計な情報がないからこそ、ストレートに情報が入ってきます。

投稿画像のインパクトはしっかりと、伝えたいことはシンプルに伝えている点は、注目すべきポイントです。

キャッチコピーが斬新だから

マクドナルドの投稿画像には、よくキャッチコピーが添えられています。

キャッチコピーには、斬新で目を奪われるものが多いです。

例えば、こちらの月見マフィンをPRしている投稿画像に注目してみてください。

月夜を背景とした商品画像とともに「朝にも月はある」という文字が大きく入れられています。

こうしたキャッチコピーは読み飛ばされることも多々あるかと思うのですが、マクドナルドのキャッチコピーはどこか斬新です。

そのため、つい気になって目を止めてしまいますね。

投稿が縦長で目に止まりやすい

投稿が縦長で目に止まりやすい点も、マクドナルドが投稿するツイートの特徴です。

文章をところどころで区切って縦長にすることで、投稿全体が長く表示されます。

短いツイートだと、たとえタイムラインに表示されても素早くスワイプされてしまった場合に、見てもらえない可能性があります。

さらにマクドナルドの投稿には画像が添えられていることが大半なので、目につきやすいです。

多くの投稿に埋もれてしまわないような工夫として、縦長になるようにツイートするのは有効であるといえます。

マクドナルド公式Twitterのネタ投稿

マクドナルド公式Twitterは、ネタ投稿もおもしろいことで人気があります。

ここでは、おもしろいネタ投稿をいくつか紹介します。

LINEのやりとり風ツイート

こちらは、「サムライマック炙り醤油風 ダブル肉厚ビーフ」と「マックフライポテト」のLINE画像です。

マクドナルドの商品同士が親しげにLINEでやりとりをしている画像で、商品の名前をかけ合わせたギャグのセンスには光るものがあります。

こうして商品たちがLINEでやりとりをしている画像はユーザーの反応数が多く、シリーズで何度か投稿されているようです。

普段のつぶやき

商品のPRが多数を占めますが、たまに取り止めもないつぶやきを投稿しているのも特徴的です。

一見あまり意味のないツイートのようですが、こういった何気ないツイートを急に挟んでくるところがマクドナルドのすごいところです。

企業アカウントの投稿がPRだらけになると、どうしても宣伝色が強くなってしまいます。

適度に緩急をつけることでユーザーからの注意を引けるのは、マクドナルド公式Twitterの強いところだと思います。

こうした絵文字だけの投稿に対しても、いいね数3796件、リツイート372件、コメント57件と上々の反応数です。

PR投稿とネタ投稿がちょうど良いバランスで投稿されており、マクドナルド公式Twitterの運用には見習うべき点が多くあるように感じました。

ユーザー参加型キャンペーン

マクドナルド公式Twitterでは、ユーザー参加型のキャンペーンも定期的におこなっています。

例えばこちらの投稿。

「マクドナルドに行くと必ずやるマイルールを教えて」という内容でキャンペーン参加を促しています。

ハッシュタグをつけてリプライを送ることで参加でき、抽選で100名にマックカードが当たるという内容です。

リプライが多数寄せられると、それだけツイートが他のユーザーのタイムラインに表示されやすくなるため、宣伝効果が高くなります。

こうした手法は、多くの人にマクドナルドを意識させる方法として、非常に有効であるといえるのではないでしょうか。

まとめ

今回は、マクドナルド公式Twitterの投稿に注目してみました。

単にフォロワーが多いからという理由だけではなく、マクドナルド公式Twitterは多くのユーザーから親しまれていることが窺えます。

また、マクドナルド公式Twitterは宣伝ツイートばかりではなく、適度にユーモアを交えた投稿を挟むことで、消費者の心をつかんでいます。

SNSを使ってうまくユーザーを巻き込んでいく手法は、企業アカウント運用の際に参考にできる点が大いにありそうです。

Twitterマーケティングに活かしたい方は、今回紹介した手法をもとに運用プランを考えてみてはいかがでしょうか。

\こちらもおすすめ/

【ペプシ&コカ・コーラ SNS比較】一貫性の高いブランディングでファンを獲得!

【ローソン・ファミマ・セブン】大手コンビニ3社のSNSを比較!~Twitter編~

Twitterのプロモ広告とは?メリットや注意点を事例つきで解説!

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

\インフルエンサーマーケティングに興味がある方へ/

【インフルエンサーマーケティング】月額4万円~PR依頼し放題!圧倒的コスパの『トリドリマーケティング』初月半額+1万円キャッシュバック

\ この記事をシェア /

ライター紹介

つむぎ

フリーライター

1995年生まれの女性フリーライター。 当時2歳の子どもを育てながら、26歳でWEBの世界へ飛び込みました。 SNSの運用やWEB活用方法についての記事をお届けします。
つむぎの記事を見る

  • Twitter
  • このライターの記事

    つむぎの記事を見る

  • Twitter
  • ランキング

    タグ一覧

    • みりょくがいっぱい。台東区をご案内