807 view

X(旧Twitter) 知識・勉強

【基本】X(旧Twitter)が伸びる時間はいつ? 平日・土日別の“バズる”投稿時間を知ろう

\ この記事をシェア /

みなさんはX(旧Twitter)を運用する上で、投稿する時間を気にしていますか?

より多くの人に見てもらうためには、「伸びる時間=ユーザーにシェアされやすい時間」を知る必要があります。

そこで本記事では、X(旧Twitter)のアクティブユーザーが多い時間帯をまとめました!

平日・土日別のゴールデンタイムもご紹介するほか、アクティブ時間の意外な“落とし穴”についても触れていきます。

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

意外と大事! X(旧Twitter)の投稿時間

たとえ投稿の内容がよくても、上手く拡散できなければユーザーの目に留まることはありません。

X(旧Twitter)の投稿時間を気にすべきワケは、下記の2つにあります。

  • インプレッション数を稼ぐため
  • SNSマーケティングに繋がるため

インプレッション数は、投稿が表示された回数のこと。適当な時間にアップするよりも、アクティブユーザーの多い時間帯にアップしたほうが、必然的に投稿のインプレッション数が増えるのです。

また拡散力の高さが強みのX(旧Twitter)は、SNSマーケティングに向いています。企業でも活用しているアカウントは多いでしょう。費用対効果を高めるためにも、より多くのユーザーにリーチする必要があります。

X(旧Twitter)のアクティブユーザーが多い時間帯

では、X(旧Twitter)のアクティブユーザーが多い時間帯を見ていきましょう。主に朝、昼、夜とそれぞれアクティブ時間が存在します。

通勤・通学|6:00~8:00(社会人・学生)

1日のはじめにやってくるアクティブ時間は、朝の6時から8時のあいだです。この時間帯は、通勤・通学中の社会人や学生のアクティブユーザーが増える傾向にあります。

ネットニュースをチェックしたり、友人の投稿を見たりとSNSを開く人が多いです。

一方で、朝に投稿するユーザーは少ないため、フォロワーの少ないアカウントでも目に留まる可能性が高いでしょう。

また、通勤・通学時間を逃すとアクティブユーザーは一気に減少するため、余裕をもって投稿することをおすすめします。

休憩|12:00~13:00(全世代)

つづいてやってくるアクティブ時間は、昼の12時から13時のあいだです。この時間帯はお昼休憩にあたるため、比較的幅広い層のユーザーがアクティブになる傾向にあります。

しかしながら多くのユーザーが閲覧すると同時に、ユーザーによる投稿数も増えるため、投稿が埋もれてしまう可能性も否めません。

ご飯を食べながらゆったりと見たり、友人や職場仲間との会話のネタにしたりと楽しめるような話題性のある投稿が好まれるでしょう。

放課後|16:00~17:00(学生)

そのつぎにやってくるアクティブ時間は、夕方の16時から17時のあいだです。この時間帯は、学校を終えた学生のユーザーが増える傾向にあります。

そもそもX(旧Twitter)の若年層ユーザー数が多いため、インプレッション数も稼ぎやすいのです。

Z世代向けのコンテンツを提供しているアカウントは狙い時でしょう。

夜・就寝前|19:00~22:00(全世代)

最後は、一日のなかで最もアクティブユーザーが増える夜の19時から22時のあいだです。この時間帯は、仕事や学校などを終えた多くの人がSNSを見る傾向にあり、その層も幅広くなっています。

つまり、投稿が埋もれやすくなってしまうことも事実です。夜のアクティブ時間で投稿を伸ばすには、内容に注力して“バズる”工夫を施しましょう。

平日・土日別のゴールデンタイムは?

一日のなかでアクティブユーザーが多い時間帯がわかったところで、つぎは平日・土日(休日)別のゴールデンタイムを見ていきます。

アクティブ時間と合わせて頭に入れておくことで、よりインプレッション数に期待できるでしょう。

平日(月~金)のゴールデンタイム

月曜日から金曜日までの平日ですが、実は曜日別でのアクティブユーザー数に大差はありません。また、先ほどご紹介した4つの時間帯と同じです。

なかでのゴールデンタイムは、18:00になります。会社の退勤時間であったり、学生も学校を終えてゆっくりしている時間だからです。

曜日間でこだわる必要はないので、投稿の流れ防止のためのリポスト機能や、継続した投稿でインプレッション数を稼ぎましょう。

土日祝日のゴールデンタイム

多くの人が休日となる土日祝日は、平日よりも一日を通してアクティブユーザー数が多い傾向にあります。

その分、“質の高い”投稿を意識すれば、バズることも夢ではありません。土日の13:00からアクティブ率が高まってくるので、午後以降がおすすめです。

なかでもゴールデンタイムに当たるのは、18:00以降となります。また、特に若年層は深夜までアクティブになるユーザーも少なくないので、意外と狙い目であります。

【注意】アクティブ時間に投稿しても伸びなかったら……

ここまでアクティブユーザーの多い時間帯について解説してきましたが、最後に1つ注意点があります。

アクティブユーザーの多い時間に投稿していても、なぜか伸びない……なんて経験はありませんか?

その原因はずばり、投稿が埋もれてしまっているからです。

先ほども触れましたが、アクティブユーザーが多い=投稿も多い傾向にあるため、特に昼(12:00~13:00)と夜(18:00~22:00)は埋もれる可能性が高くなります。

回避するためには、アクティブユーザーに比べ投稿の少ない朝を狙ったり、あえてアクティブ時間を外してみたり、トレンドに引っかかるワードを入れてみたりと工夫してみましょう。

まとめ

今回は初心に返り、X(旧Twitter)の伸びる時間について解説していきました。

〈X(旧Twitter)のアクティブユーザーが多い時間帯〉をおさらいしましょう。

————————————————–
通勤・通学|6:00~8:00(学生・社会人)
休憩|12:00~13:00(全世代)
放課後|16:00~17:00(学生)
夜・就寝前|19:00~22:00(全世代)
————————————————–

また、上記の時間帯には当てはまりませんが、主婦層向けのアカウントは、家事が落ち着く14:00前後がおすすめです。

つまり、ターゲットによっても伸びる時間帯は変わってくるので、アクティブ時間を参考にご自身のアカウントへあてはめてみてください。

\こちらおすすめ/

【初心者向け】X(旧Twitter)広告とは? プロモーションの種類や広告効果について解説

【SNS担当者必見】個人でも活用できて簡単に自分が運用しているX(旧Twitter)を分析できるアナリティクスの使い方を紹介

【前代未聞】空き物件探しで10万円⁉ バーガーキングの太っ腹すぎるキャンペーンがSNSで話題

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

\インフルエンサーマーケティングに興味がある方へ/

【インフルエンサーマーケティング】月額5万円~PR依頼し放題!圧倒的コスパの『トリドリマーケティング』初月半額+1万円キャッシュバック

\ この記事をシェア /

ライター紹介

あんず

インタビュアー、ライター、編集

NO SNS,NO LIFE. SNS時代と呼ばれる今に欠かせない情報を、Z世代ならではの視点で発信していきます。
あんずの記事を見る

  • PR

  • x
  • このライターの記事

    あんずの記事を見る

  • PR

  • x
  • ランキング

    タグ一覧

    • PR

    • インターネット・光回線総合比較メディア:厳選.com
    • みりょくがいっぱい。台東区をご案内