465 view

X(旧Twitter)

ついにX(旧Twitter)有料化テスト開始。対象ユーザーは? 料金は? 気になる詳細について解説

\ この記事をシェア /

2023年10月17日、X(旧Twitter)の有料化テストが開始されました。

以前より“完全有料化”がささやかれていましたが、ニュージーランドとフィリピンで試験的に導入されたのです。

本記事では、有料化テストの対象ユーザーや料金などの詳細について解説します。

X(旧Twitter)の移行先として有力視されている『タイッツー』に関しても取り上げたので、気になる方は要チェックです。

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

X(旧Twitter)有料化プログラム「Not A Bot」

新規ユーザーは年間1米ドル

10月17日より開始された有料化プログラム「Not A Bot」は、新規ユーザーのみが対象者となります。

新しくアカウントを作成した場合、年間1米ドル(約149円)のサブスクリプションに加入しなければ、

ポスト・他ポストへのいいね・リポスト・引用リポスト・返信・ブックマークの機能が使用不可能となります。

加入しない場合は“閲覧専用アカウント”となり、他ユーザーのポストを見たり、フォローしたりすることのみが可能です。

しかし対象は新規ユーザーのみのため、現段階では既存ユーザーへの影響はありません。

導入目的はボット・スパムの排除

本有料化プログラムの導入目的は、横行するボットやスパムの排除です。

以前からX(旧Twitter)改革の目的としてイーロン・マスク氏が掲げていますが、この取り組みを強化するために今回のテストが実施されました。

つまり、利益目的ではないということになります。

「Not A Bot」の加入条件

「Not A Bot」へ加入するには、2つのステップを踏む必要があります。

ステップ①電話番号認証

今回対象となった2カ国の新規ユーザーは、まず電話番号の認証を行います。

通常ならメールアドレスでも可能ですが、本有料化プログラムでは不可能となりました。

ステップ②支払い

支払い方法は、「クレジットカード」または「各種プラットフォーム(Apple、Google)」となります。

クレジットカードを持っていない方やそもそも作れない方(18歳未満)にとってはハードルが上がるでしょう。

X(旧Twitter)ユーザーの反応

発表後のX(旧Twitter)では、「X有料化」や「完全有料化」などの関連ワードがトレンド入りしました。

やはり、有料化プログラムに関して不信感や嫌悪感を抱いているユーザーが大半なようです。

たとえ払える金額だったとしても、無料で使えていたものにお金を払ってまで続けたくないといったユーザーが多くいました。

一方で、「推しにリプ返をしたい」といった理由で1ドルなら支払う意思のあるユーザーも。

また、クレジットカード情報の流出も懸念されているようです。

たしかに近年、クレカ流出事件が頻発しており、X(旧Twitter)へ情報が渡ることに対して安心できるとは言い難いかと思います。

『タイッツー』への移行者増加か?

X(旧Twitter)有料化が動き出したことで、タイムラインでは移行先を考える人も。

なかでもよく目にするのは、『タイッツー』です。

タイッツーとは、「やさしく寄り添うSNS」をテーマにエンジニアのhoku氏が開発・運用を行っています。

タイッツーならではの機能

仕様は初期のTwitterを髣髴とさせ、よりユーザーが快適に利用できるような機能も備わっています。

最近では、センシティブ設定した投稿に対して注意文をつけられるようになりました。

映画の感想などを投稿する際に「※ネタバレ注意」など添えることができる画期的な機能です。

また密かに人気な機能が、10連ガチャ機能

ログインボーナスの「タイーツ石」を使って、毎日ガチャを回すことができます。

リリース時からある機能ですが、いまだに使い道はない様子……。

しかし、課金の必要がなく楽しめることからタイッツーユーザーの間で話題となっています。

アプリやリプ機能はまだ無し

まさに平和なタイッツーですが、X(旧Twitter)からの移行を渋っているユーザーもいます。

理由は、アプリ版やリプ機能が実装されていないことです。

しかし、開発者のhoku氏によると今後実装予定とのことですので、期待して待ちましょう。

まとめ

ついに動き出したX(旧Twitter)の有料化プログラム。

日本での実装は未定ですが、もしX(旧Twitter)が有料となればきっと利用者は減るでしょう。

筆者自身まだ現実味をおびていませんが、タイッツーを移行先として検討しようと考えています。

みなさんも今後のために移行先を検討してみてはいかがでしょうか?

\こちらもおすすめ/

X(旧Twitter)の完全有料化? 月額266円? まさかの事態にタイッツー・Threadsが移行先として注目。

【Twitter改名で注目】とても“画期的な”SNS「タイッツー」ってなに? わずか1週間で登録者10万人を突破した話題アプリを徹底解説

【最速レポ】誰も傷つかない新SNS「DYSTOPIA」とは? X(旧Twitter)で話題の“AI搭載型”アプリを実際に使ってみた

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

\インフルエンサーマーケティングに興味がある方へ/

【インフルエンサーマーケティング】月額4万円~PR依頼し放題!圧倒的コスパの『トリドリマーケティング』初月半額+1万円キャッシュバック

\ この記事をシェア /

ライター紹介

あんず

インタビュアー、ライター、編集

NO SNS,NO LIFE. SNS時代と呼ばれる今に欠かせない情報を、Z世代ならではの視点で発信していきます。
あんずの記事を見る

  • PR

  • x
  • このライターの記事

    あんずの記事を見る

  • PR

  • x
  • ランキング

    タグ一覧

    • PR

    • インターネット・光回線総合比較メディア:厳選.com
    • みりょくがいっぱい。台東区をご案内