722 view

X(旧Twitter) その他のSNS

X(旧Twitter)の完全有料化? 月額266円? まさかの事態にタイッツー・Threadsが移行先として注目。

\ この記事をシェア /

米国時間9月18日、イーロン・マスク氏がX(旧Twitter)を有料化する方針を明らかにしました。

“完全有料化”ともささやかれ、まさかの事態にX(旧Twitter)ユーザーは困惑。

と同時に、タイッツーやThreadsといった同ジャンルのSNSも再注目されています。

そこで本記事にて、◎X(旧Twitter)の有料化報道◎タイッツー・Threadsの再注目についてまとめました。

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

X(旧Twitter)の有料化について

事の発端は、イーロン・マスク氏とイスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相とのライブストリーミングの対談。

対談内でマスク氏が、

We’re moving to having a small monthly payment for use of the X systems.

Xシステムの月額使用料を少額課金する方向に移行している

と述べたことで事態が膨らんだのです。

目的は「大量のbotによるヘイトスピーチや誤情報を防ぐため」と言及しています。

しかし、以前にも「ブロック機能をなくす」等の発言は実現されていないため、マスク氏の真意は分かりません。

また、具体的な金額については触れていませんでしたが、メディアの“報道の違い”によってSNSは錯乱状態に陥りました。

“完全有料化”はデマ?事実?

X(旧Twitter)の有料化に関する一連の流れを解説していきます。

メディアの報道が二極化

メディアの報道は、下記のように二極化しました。

ITmediaやCNBC等の大手テックメディアは、「現在X Premiumユーザーのみの課金だが、全ユーザーの課金になる」と完全有料化の方針を報道。

一方でX News Daily等のX(旧Twitter)専門メディアは、「低価格帯のプランを導入する」との表現に留め、「文脈的に何も新しいことを発表していなかった」と完全有料化を否定しました。

つまり、完全有料化説の「肯定派」と「否定派」の双方が現れたのです。

X(旧Twitter)でデマ主張も、メディア側は否定

日本メディアではITmediaが先駆けて報じたため、完全有料化の情報が先行してX(旧Twitter)でトレンド入りしました。

しかし、「マスク氏は完全有料化とは述べてない」といった旨のコミュニティーノートが海外メディアのポストに貼られます。

よって日本のX(旧Twitter)ユーザーは、“完全有料化はデマ”だと認識しました。

しかしITmediaは、「音声を直接確認して記事を執筆した」と反論しています。

デマなのか、真実なのか。

X(旧Twitter)ユーザーが混乱の最中、さらには「月額266円」で有料化されるとの情報もトレンド入りしました。

しかしこの情報のソースははっきりしておらず、いまだ真相は不透明のままです。

タイッツー・Threadsの再注目でユーザー移行か

一連の騒動をきっかけに、X(旧Twitter)の代替SNSと呼ばれるアプリが“移行先”として再注目されました。

特にX(旧Twitter)のトレンド入りするほど話題になったのが「タイッツー」「Threads」です。

初期Twitter仕様「タイッツー」

タイッツーとは、hoku氏が個人で運営を行うSNSです。

度重なるX(旧Twitter)のシステム変更を受けて、“やさしく寄り添うSNS”を目指し開発されました。

タイッツーユーザーからは「初期のTwitterを髣髴とさせる」と好評で、X(旧Twitter)からの移行先として最有力視されています。

タイッツーの詳細は下記にまとめています↓
【Twitter改名で注目】とても“画期的な”SNS「タイッツー」ってなに? わずか1週間で登録者10万人を突破した話題アプリを徹底解説

Instagram運営元のメタ社が開発「Threads」

Threads(スレッズ)は、Instagram・Facebookを運営するメタ社が提供するSNSです。

X(旧Twitter)と同じくテキスト投稿型SNSですが、Instagramチームが開発に携わっているだけあり写真投稿の要素も合わさったアプリとなっています。

投稿者: @zuck
Threadsで見る

例えるならば、X(旧Twitter)とInstagramのいいトコどり

大手メタ社の安心感がありますし、Threadsならではの良さもあると人気を集めています。

Threadsの詳細は下記にまとめています↓
Twitter対抗の新SNS「Threads(スレッズ)」って? アプリの特徴からアカウント開設方法、使用レポまで徹底解説

まとめ

今回は、X(旧Twitter)の有料化について解説していきました。

結論、完全有料化の真偽は分かっていません。

しかし、ソースのない情報も一人歩きしているので、X(旧Twitter)のタイムラインを鵜呑みにしないことをおすすめします。

それにしても、もともと無料で使えていたものを有料化するのは、ほとんどのユーザーが抵抗を感じるでしょう。

現実にならないことを祈りつつ、他のSNSを視野に入れてみても良いかもしれません。

\こちらもおすすめ/

【X収益化】ついにX(旧Twitter)の収益化プログラムが開始。クリエイターはいくら稼げる? ひろゆきらが明細を公開

【Twitter改名で注目】とても“画期的な”SNS「タイッツー」ってなに? わずか1週間で登録者10万人を突破した話題アプリを徹底解説

Twitter対抗の新SNS「Threads(スレッズ)」って? アプリの特徴からアカウント開設方法、使用レポまで徹底解説

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

\インフルエンサーマーケティングに興味がある方へ/

【インフルエンサーマーケティング】月額4万円~PR依頼し放題!圧倒的コスパの『トリドリマーケティング』初月半額+1万円キャッシュバック

\ この記事をシェア /

ライター紹介

あんず

インタビュアー、ライター、編集

NO SNS,NO LIFE. SNS時代と呼ばれる今に欠かせない情報を、Z世代ならではの視点で発信していきます。
あんずの記事を見る

  • PR

  • x
  • このライターの記事

    あんずの記事を見る

  • PR

  • x
  • ランキング

    タグ一覧

    • PR

    • インターネット・光回線総合比較メディア:厳選.com
    • みりょくがいっぱい。台東区をご案内