3,358 view

X(旧Twitter)

【X収益化】ついにX(旧Twitter)の収益化プログラムが開始。クリエイターはいくら稼げる? ひろゆきらが明細を公開

\ この記事をシェア /

8月8日、米X(旧Twitter)のクリエイター広告収益分配プログラムが日本でも開始されました。

Xでは「X収益化」「Twitter収益化」がトレンド入りし、早くも収益を受け取ったクリエイターが明細を公開するなど話題になっています。

では実際のところ、収益化によっていくら稼げるのか、そもそも収益化の条件はあるのか、気になる疑問を本記事で解説していきます。

X(旧Twitter)の収益化が開始

今回開始された「クリエイター広告収益分配プログラム」は、米X(旧Twitter)より今年7月にスタートしました。

一定の条件を満たしたX Premium(旧Twitter Blue)およびVerified Organization(認証済み組織)ユーザー向けに“応募制”で実施されています。

当初は収益の分配を7月31日に行う予定でしたが、プログラムへの応募者数が予想を上回ったことから延期されました。

イーロン・マスク氏の過去投稿によると、今回入金される収益は2月~7月末までの累計額となっています。

ちなみに同プログラムは、決済プラットフォーム「Stripe」の支払いをサポートしているすべての国で利用可能です。

ひろゆきさんらが明細を公開。いくら稼げる?

収益化の開始にともなって、プログラム収益を公開するクリエイターが次々と現れました。

匿名掲示板「2ちゃんねる」の開設者で実業家の西村博之(ひろゆき)さんは、約2328ユーロ(約36万6000円)が振り込まれていたことを報告。

“Twitterで呟いてるだけで暮らせる人が出てきそう”と述べていますが、今回の収益はあくまでも2月~7月末の累計額です。

そのため月換算すると、1か月約6万円の収益ということになります。半年で36万円となると、Xのみでの生活はかなりシビアですね。

同投稿を見たユーザーも、“ひろゆきさんレベル(フォロワー約240万人)でこの金額か…”と収益額の現実に目を向けている様子……。

しかし、他ユーザーの投稿を見ていると、貰える金額はフォロワーと比例しないようです。

主にIT関連の投稿をしている「いぐぞー!!」さんは、収益化時点でのフォロワー数が1万人未満だったにも関わらず、約753ドル(約10万7716円)の収益がありました。

上記ツイートのスレッドには、アカウントのインプレッション数(2月~7月)も掲載されています。

2023/2 513万imp
2023/3 975万imp
2023/4 1896万imp
2023/5 578万imp
2023/6 1049万imp
2023/7 1861万imp
2023/8 1183万imp (暫定)

引用:いぐぞー!! ✈️ 旅するプログラマー

どうやらフォロワー数ではなく、インプレッション数と関係があるのか……他のユーザーも見てみましょう。

過去3か月のインプレッション数が約3000万という上記ユーザーは、約91ドル(1万2915円)の収益があったと投稿。

「いぐぞー!!」さんの過去3か月のインプレッション数は約4,000万ですが、収益は10万以上です。

このことから推測するに、単純にフォロワー数とインプレッション数に比例するわけではないと言えます。 またXの仕組み上、広告が表示されるのはリプ欄のため、リプライ数が関係してくる可能性が高そうです。

収益化プログラムのクリエイター条件

では、具体的な収益化プログラムの条件について解説していきます。

収益化の条件は、下記の5つです↓

X Premiumおよび認証済み組織のユーザー

大前提として、X Premium(旧Twitter Blue)およびVerified Organization(認証済み組織)にサブスクライズしている必要があります。

※X Premiumの料金は月/980円。

フォロワー500人以上

アカウントのフォロワー数は、500人以上いればOK。そこまで多くないため、投稿を頑張れば到達する数値だと言えます。

過去3か月のインプレッション数が1,500万以上

過去3か月の投稿に対する“合計”インプレッション数が、1,500万以上ある必要があります。

この条件が最も厳しいかと思います。毎日1投稿の場合、1回につき約17万のインプレッション数がないと条件は満たせません。

18歳以上

残念ながら、18歳未満のユーザーは問答無用で収益化は不可能となります。X Premiumに加入していても関係ありません。

決済ツール「Stripe」のアカウントを作成

収益化プログラムの決済ツールに使用される「Stripe」のアカウントを作成する必要があります。

しかし、プログラム申請後に簡単に作成できますのでご安心ください。

まとめ

今回はXの収益化プログラムについて解説していきました。

改めて、《収益化の条件》は以下の5つ。

①X Premiumおよび認証済み組織のユーザー
②フォロワー500人以上
③過去3か月のインプレッション数が合計1,500万以上
④18歳以上
⑤決済ツール「Stripe」のアカウントを作成

実際に収益化したユーザーを見るに、収益化できたとしても“月々のお小遣い稼ぎ”感覚になりそうだと感じました。

とはいえ、多少なりとも稼げるXに力を入れていく人は今後増えていくのではないでしょうか。

\こちらもおすすめ/

【Twitter消滅】ブランド名&ロゴを「X」へ。Twitterの象徴である“青い鳥”もさよなら

【Twitter改名で注目】とても“画期的な”SNS「タイッツー」ってなに? わずか1週間で登録者10万人を突破した話題アプリを徹底解説

Twitter対抗の新SNS「Threads(スレッズ)」って? アプリの特徴からアカウント開設方法、使用レポまで徹底解説

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

\インフルエンサーマーケティングに興味がある方へ/

【インフルエンサーマーケティング】月額4万円~PR依頼し放題!圧倒的コスパの『トリドリマーケティング』初月半額+1万円キャッシュバック

\ この記事をシェア /

ライター紹介

あんず

インタビュアー、ライター、編集

NO SNS,NO LIFE. SNS時代と呼ばれる今に欠かせない情報を、Z世代ならではの視点で発信していきます。
あんずの記事を見る

  • PR

  • x
  • このライターの記事

    あんずの記事を見る

  • PR

  • x
  • ランキング

    タグ一覧

    • PR

    • インターネット・光回線総合比較メディア:厳選.com
    • みりょくがいっぱい。台東区をご案内