1,260 view

X(旧Twitter)

X(旧Twitter)は衰退するのか?将来性や今後の展望について解説!

\ この記事をシェア /

Twitterが名称を変更し、Xとなったことが話題です。機能面にもさまざまな変更があり、ユーザーに混乱が広がっています。

X(旧Twitter)マーケティングの将来性について気になる方もいるでしょう。

そこで今回は、Xの将来性や今後の展望を考えていきます。

SNSマーケティングを実施している方は、ぜひ参考にしてください。

Twitterがブランド名を「X」に変更

Twitterは、2023年7月24日に名称を「X」に変更しました。

これは、Twitterを買収したイーロン・マスク氏が、Twitterをよりオープンで自由なプラットフォームにしたいと考えたためです。

また、Twitterのコンテンツ規制を緩和し、ユーザーが自由に意見を述べられるようにしたいとも述べました。

「X」という言葉は、未知の可能性や未開拓の領域を表すため、Twitterの将来性を象徴する言葉として選ばれたと考えられています。

したがって、Twitterの名称変更は、イーロン・マスク氏のTwitterに対するビジョンが反映されたものであるといえるでしょう。

今後、Twitterはどのような変化を遂げていくのか注目が集まっています。

X(旧Twitter)の移住先を探すユーザーが増えている

Xは名称だけでなく、機能面でさまざまな変化が起こっています。

具体的には、投稿の編集や長文の情報発信などが可能になるTwitter Blueのリリースにより、無料プランのユーザーに不都合が生じている点が挙げられます。

一日に送れるDM(ダイレクトメッセージ)の制限や、APIの制限により一定の回数を超えると投稿が見られなくなるなどの規制がありました。

また、名称が変更になったことによる混乱も巻き起こっています。

機能に制限がかかり、さまざまな仕様変更が生じたことから、Twitterから使い勝手の良いSNSに移行しようとするユーザーが増えています。

具体的には、「Threads(スレッズ)」や「Mastodon(マストドン)」「たいっつー」などのSNSがXの代わりとして有力候補に挙がっています。

このようにネガティブな意見も多数見られますが、Xは衰退してしまうのでしょうか?

X(旧Twitter)の今後はどうなる?

Twitterは、1億4500万人以上のアクティブユーザーを抱える世界最大のソーシャルメディアサービスです。

ニュースやエンターテインメント、ビジネス、政治など、さまざまな分野の情報をユーザーに提供しています。

ユーザー同士が交流する場としても活発に利用されており、今後も需要がなくなることは考えにくいでしょう。

しばらく様子見をするというユーザーや、やはりX(旧Twitter)が良いというユーザーも多いようです。

自由で快適に発信できるように改善されていくことが予想されるため、今後もX(旧Twitter)マーケティングの需要は見込めると考えられます。

変化するX(旧Twitter)で成果を上げるポイント

変化していくX(旧Twitter)で成果を上げるためには、下記のポイントを意識しましょう

・最新情報をキャッチする
・ユーザーのニーズを理解する
・必要に応じてBlueの活用を

それぞれのポイントを押さえましょう。

最新情報をキャッチする

X(旧Twitter)には、常に新しい機能やサービスが追加されています。

そのため、最新情報をキャッチし、自社アカウントをアップデートしていくことが重要です。

つねに新しい情報にアンテナを広げ、新しい機能を実践することで、ユーザーに新鮮味を与えられるでしょう。

トレンドやニュースなどをチェックすることで最新情報をキャッチできます。

ユーザーのニーズを理解する

X(旧Twitter)は、ユーザーが自分の興味や関心に沿った情報を自由に発信できるプラットフォームです。

トレンドやユーザーの反応を把握することで、より効果的なマーケティング活動ができます。

SNSのトレンドは入れ替わりが激しいため、今求められているものを理解し、ニーズに応じたコンテンツを発信していくことが重要です。

また、ユーザーと積極的に交流することで、より深い関係を築くことができるでしょう。

必要に応じてBlueの活用を

Blueは、X(旧Twitter)を快適に利用するための有料プランです。

1ヶ月1,380円、年間14,300円で利用でき、具体的には下記のようなメリットが受けられます。

・アカウントにブルーの認証マークを付与
・投稿の上位表示
・長文ポストの投稿(最大2,5000文字)
・公開した投稿の編集(※ツイート後30分以内で変更回数上限あり)
・テキストの装飾(太字・斜体)
・長尺動画のアップ(最大2時間、8GBまで)

Blueに加入することで、長文テキストや長尺動画などの活用で多くの情報を発信できます。

また、文字装飾も活用すれば、ユーザーの目を惹くコンテンツを投稿できるでしょう。

ただし、Blueにかかる費用はけして安い出費とはいえません。費用対効果のバランスを見て検討するとよいでしょう。

まとめ:X(旧Twitter)は新たな可能性を秘めたSNS

ここまで、X(旧Twitter)の将来性や今後の展望について考えてきました。

Xは、常に新しい機能やサービスを追加し、ユーザーのニーズに応え続けています。

今後も多くのユーザーに利用され、社会に大きな影響を与えていくと考えられます。

最新の情報をキャッチしながらXマーケティングを実践してみてください。

\こちらもおすすめ/

【X収益化】ついにX(旧Twitter)の収益化プログラムが開始。クリエイターはいくら稼げる? ひろゆきらが明細を公開

【Twitter改名で注目】とても“画期的な”SNS「タイッツー」ってなに? わずか1週間で登録者10万人を突破した話題アプリを徹底解説

【Twitter消滅】ブランド名&ロゴを「X」へ。Twitterの象徴である“青い鳥”もさよなら

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

\インフルエンサーマーケティングに興味がある方へ/

【インフルエンサーマーケティング】月額4万円~PR依頼し放題!圧倒的コスパの『トリドリマーケティング』初月半額+1万円キャッシュバック

\ この記事をシェア /

ライター紹介

つむぎ

フリーライター

1995年生まれの女性フリーライター。 当時2歳の子どもを育てながら、26歳でWEBの世界へ飛び込みました。 SNSの運用やWEB活用方法についての記事をお届けします。
つむぎの記事を見る

  • PR

  • x
  • このライターの記事

    つむぎの記事を見る

  • PR

  • x
  • ランキング

    タグ一覧

    • PR

    • インターネット・光回線総合比較メディア:厳選.com
    • みりょくがいっぱい。台東区をご案内