634 view

X(旧Twitter)

X(旧Twitter)運用開始から3ヶ月でフォロワー1,000人突破|収益化に成功した独自のマーケティング方法を紹介

\ この記事をシェア /

X(旧Twitter)におけるSNSマーケティングは、拡散力の高さや交流を深められるのが特徴的です。
しかし認知拡大や売上向上などを考えた際「成功させるにはどうしたらいいか」「注意点や役立つツールはないのか」など気になるものです。
そこで本記事では、筆者の体験談を含めてX(旧Twitter)マーケティングの特徴や成功させるポイントを紹介します。
運用開始から3ヶ月でフォロワー1,000人突破し、収益につなげた経験者として語れる情報をお伝えします。
ぜひマーケティングに役立ててください。

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

X(旧Twitter)マーケティングとは

X(旧Twitter)マーケティングとは、X(旧Twitter)を活用したマーケティングです。

SNSマーケティングは、他にもInstagramやTikTokなどを活用したSNSマーケティングがあります。

その中でもX(旧Twitter)を活用したSNSマーケティングは、拡散力の高さなどが魅力になっている手法です。

たとえば商品やサービスを宣伝したケースや、X(旧Twitter)広告などで収益につなげているケースもあり、幅広く展開できるのが特徴的です。

X(旧Twitter)マーケティングの特徴

X(旧Twitter)マーケティングの特徴は下記の通りです。

・話題作りができる
・拡散力がある
・交流を深められる

順番に特徴を紹介していきます。

話題作りができる

X(旧Twitter)は、リアルタイムで話題作りができる特徴があります。

ハッシュタグ投稿を用いて、関連した発信から「トレンド」として表示されるようになるからです。

また、ハッシュタグがなくても同じキーワードがあればトレンドに表示されます。

SNSマーケティングにおいても、市場調査にも活用できるのが特徴です。

リアルタイムで話題になっている情報を掴めるので、活用しておきたい手法です。

拡散力がある

X(旧Twitter)は、どのSNSよりも拡散力があるので、魅力的なSNSマーケティングです。

X(旧Twitter)ならではの機能である「リポスト(旧リツイート)」は、大きな影響力を秘めています。

たとえばフォロワー数の少ないアカウントが発信した投稿を、インフルエンサーがリポストしたと仮定します。 インフルエンサーのリポストだけでも大きな影響力があり、さらにフォロワーがリポストを繰り返すと、想像以上の効果が見込めます。

交流を深められる

X(旧Twitter)は、発信だけでなくユーザーと交流できるので、距離を縮められる特徴があります。

SNSマーケティングにおける活用場面は、ユーザーとの信頼度向上です。

ユーザーの投稿に対して「リプライ」や「いいね」などで反応しておくと、企業としての熱意が伝わりやすくなります。

また、親密な交流からユーザーがファンになるだけでなく「商品の宣伝者」になる可能性も秘めています。

何より、ユーザーの声を集めやすいSNSなので、商品開発や業務改善など、マーケティング以外でも活用できるのです。

X(旧Twitter)マーケティングを成功させるポイント

X(旧Twitter)マーケティングを成功させるには、下記のようなポイントを押さえて運用していく必要があります。

・運用の目的を明確にする
・ペルソナを設定する
・分析を実施する

ステップごとに成功させるポイントを紹介していきます。

運用の目的を明確にする

X(旧Twitter)マーケティングを成功させるには、運用の目的を事前に決めておく必要があります。

なぜなら、ゴールを明確にしておかないと、方針がブレてしまうからです。

たとえば下記のような目的が挙げられます。

たとえば、企業であれば認知拡大や売上の向上などあり、個人であれば仕事のオファー獲得や広告収入など様々です。

何より、達成に近づけるような目標や期間を設定して、地道だろうと確実な運用を続けていく必要があります。

ペルソナを設定する

目的を決めたら、発信を届けたいペルソナを設定しましょう。

ペルソナを設定すると、ユーザーにとって共感されやすい発信が届くからです。

そもそもX(旧Twitter)を利用するほとんどのユーザーが、興味のある発信を掴んでいます。

逆にペルソナの設定が不十分だと、ユーザーからの興味だけでなく、届けたいターゲットに発信が届かない恐れがあります。

つまり、共感された発信は前述した拡散力も見込めるので効果的です。

分析を実施する

ペルソナを設定したら実際にツイートしてみましょう。

ツイートを発信する時間帯や文章も重要です。

なぜなら、設定したペルソナがX(旧Twitter)を見る時間に発信したいからです。

たとえば通勤や通学の時間帯に見る人もいれば、昼休憩によく見る人など異なります。

つまり、分析をするためにも時間帯や文章を試行錯誤し、最も反応が良かったものを分析しておく必要があります。

X(旧Twitter)におけるSNSマーケティングでよくある質問

ここからはTwitterにおけるSNSマーケティングでよくある質問を紹介します。

今回紹介するのは、下記の3つです。

・X(旧Twitter)マーケティングの注意点は?
・X(旧Twitter)マーケティングで役立つツールとは?
・個人でX(旧Twitter)マーケティングを成功させた事例は?

順番に疑問点を回答しながら紹介していきます。

X(旧Twitter)マーケティングの注意点は?

X(旧Twitter)マーケティングをするうえでの注意点は、下記の通りです。

・成果が出るまで時間がかかる
・炎上の可能性がある

X(旧Twitter)は、ある程度フォロワー数がいないと成果になりません。

当然最初はフォロワー数0人です。

0人の状態から地道にユーザーからの反応やフォロワーを獲得して、はじめて成果につながります。

また、前述の通り拡散力が高いSNSですが、拡散の理由が炎上の可能性もあります。

過激な発言や古代表現など、ユーザーにとって悪影響がある発信は、炎上の危険性を秘めているのです。

発信者としてのブランディングを傷付けないためにも、信頼性を忘れずに継続的な発信が重要です。

X(旧Twitter)マーケティングで役立つツールとは?

X(旧Twitter)マーケティングで役立つツールは、無料のものと有料のもの、どちらもあります。

今回紹介するのは「アナリティクス(旧Twitterアナリティクス)」と「SocialDog」です。

それぞれの違いは、下記の通りです。

ツール名料金特徴
アナリティクス無料発信ごとの影響度が確認できる
SocialDog有料(980円〜/月)キーワードから情報を収集して分析できる

アナリティクスは「もっと見る」→「Creator Studio」→「アナリティクス」の順番に開いて確認できます。

また、SocialDogは分析機能以外にも充実しているので、ぜひ公式サイトをご確認ください。

個人でX(旧Twitter)マーケティングを成功させた事例は?

ここでは筆者である私の体験談をお伝えします。

私自身も当然、0からX(旧Twitter)運用を始めました。

X(旧Twitter)運用を始めた目的は「認知拡大」と「電子書籍出版時の収益拡大」の2つです。

最初は苦戦しましたが、X(旧Twitter)の伸ばし方を理解したうえで運用できたおかげで、下記のような成果を残せました。

・X(旧Twitter):3ヶ月でフォロワー1,000人突破
・電子書籍:7部門で1位獲得

無名でもX(旧Twitter)のフォロワーを伸ばした方法や経験は、こちらの記事に詳しくまとめてあります。

ぜひご一読ください。

まとめ

今回は、X(旧Twitter)におけるSNSマーケティングの特徴や成功させるポイントを紹介しました。

マーケティングとして成功させるには、分析をする前に目的の明確化とペルソナ設定が重要です。

また、X(旧Twitter)は拡散力のあるSNSですが注意点として、炎上のリスクが拭えません。

ユーザーからの信頼を獲得して、確実なSNSマーケティングを構築していきましょう。

\こちらもおすすめ/

【X収益化】ついにX(旧Twitter)の収益化プログラムが開始。クリエイターはいくら稼げる? ひろゆきらが明細を公開

X Premium(旧Twitter Blue)とは?|1ヶ月加入した所感を踏まえてメリットや注意点などを紹介

X(旧Twitter)は衰退するのか?将来性や今後の展望について解説!

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

\インフルエンサーマーケティングに興味がある方へ/

【インフルエンサーマーケティング】月額4万円~PR依頼し放題!圧倒的コスパの『トリドリマーケティング』初月半額+1万円キャッシュバック

\ この記事をシェア /

ライター紹介

柴﨑 祐介

フリーライター

元お坊さん|(正座苦手な)僧侶歴14年|メディア出演した元説法のプロ|2022年ライター活動開始|電子書籍出版9部門1位|趣味はTwitterとYouTube|「関わった方が喜ぶ姿を見ること」をモットーに活動しています!
柴﨑 祐介の記事を見る

  • PR

  • x
  • このライターの記事

    柴﨑 祐介の記事を見る

  • PR

  • x
  • ランキング

    タグ一覧

    • PR

    • インターネット・光回線総合比較メディア:厳選.com
    • みりょくがいっぱい。台東区をご案内