91 view

Instagram

Instagramで集客できないアカウントの特徴10選【SNS担当者ガイド5】

\ この記事をシェア /

フォトジェニックな写真を撮って投稿すればフォロワーが集まり集客になるInstagramにおいて、その時代は終わりました。アルゴリズムは以前に増して複雑になり、ユーザーがInstagramに求める事柄も変わりつつあります。

そこでこの記事では、Instagramで集客できないアカウントの特徴を10個ご紹介します。少し辛辣な表現もありますが、現状を受け止め、改善に向けて努力することが何より大切です。

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

Instagramで集客できないアカウントの特徴10選

それでは、Instagramで集客できないアカウントの特徴をご紹介します。

“ 共感” を重視していない

現代のSNSユーザーは「フォロー=自己表現の1つ」と考えています。何をフォローするかによって自分の価値観が表現されるため、共感できない投稿にはいいねもフォローもしません。

その投稿は、ユーザーが共感できるようなものでしょうか?

1日1投稿で満足している

Instagram集客で投稿頻度はかなり重要です。しかも、1日1投稿で満足していては全く足りません。1日3〜5投稿できるくらいの仕組みを作り、継続的に投稿する努力が必要です。

あなたの会社のInstagramアカウントは1日に何回投稿していますか?

投稿内容がつまらない

単純に投稿内容がつまらない、というケースも考えられます。投稿頻度を増やそうとするほど質が低下するので、質と担保した投稿を量産できる方法を編み出しましょう。

「こんにちは、今日も〇〇ですね(顔文字)」などの投稿が続いていませんか?

信頼性の低い投稿が目立つ

SNSユーザーはInstagramを情報収集ツールとしても利用しているので、情報の信頼性は大切です。フォロワー数が数万〜数十万人いるようなアカウントは必ず “ 数値化 ” で情報の根拠を提示しています。

投稿内容が経験則ばかりで信頼性が低くなっていませんか?

プロフィールに魅力がない

投稿に興味を持ってくれても、プロフィールに魅力がなければフォローしてもらえません。無機質な文章よりも温かみを感じる文章を考え、ユーザーにとって魅力的に映るプロフィールを作りましょう。

「〇〇株式会社、事業内容:〜」のように堅い文章になっていませんか?

ハッシュタグを使っていない

Instagramでは最大30個のハッシュタグを付けられます。ハッシュタグはSNSマーケティングの基本ですが、ハッシュタグなしで投稿しているケースも少なくありません。ハッシュタグを使わないことは損しかないので、今すぐ使いましょう。

自社のマーケティングに最適なハッシュタグを知っていますか?

ターゲット分析ができていない

ドリルを売っている会社が、ドリルの写真ばかり投稿しても商品は売れません。ユーザーが知りたいのは「そのドリルでどんな穴を開けられるのか?何ができるか?」です。ターゲット分析を行い、ユーザーが本当に知りたがっている情報を改めて把握してみましょう。

大まかなターゲット設定をもとに闇雲に投稿していませんか?

リーチの仕組みがわかっていない

Instagramでリーチ(投稿を見た人の数)を伸ばすには、フォロワーではないユーザーに投稿を届けるのが非常に大切です。これを決めているのがアルゴリズムであり、SNSマーケティングの基本はアルゴリズムの攻略だと言えます。

Instagramのアルゴリズムを理解していますか?

コンセプトがブレている

どういった目的を持ったInstagram運用なのか、そのコンセプトがブレているアカウントも少なくありません。InstagramなどのSNSは、Webサイトのような多彩な情報を掲載する媒体には向かないので、「1アカウント=1コンセプト」を基本としましょう。

複数の目的・コンセプトを1つのアカウントに詰め込んでいませんか?

機能をフル活用していない

Instagram運用を始めたばかりの企業では、Instagramの機能を使いこなせていないケースが多々あります。リールやストーリーズ、ショッピングなどInstagramにはマーケティングに利用できる機能が多数搭載されているので、それらをフル活用するのがポイントです。

同じ機能ばかり使っていませんか?

まとめ

Instagram運用でよくある悩みが「フォロワーが増えない」「集客できない」です。この記事ではそうした問題を抱えるアカウントの特徴をご紹介しました。当てはまった項目が少ないからといって安心するのではなく、1つでも当てはまったら改善に向けて動き出しましょう。Instagramマーケティングでは集客できない原因を1つひとつ潰していくことが、成功への最短距離になります。

\こちらもおすすめ/

SWOT分析とは?SNS担当者の必須フレームワーク【SNS担当者ガイド4】

これでネタ切れ知らず!SNS運用のテクニック2選【SNS担当者ガイド3】

KGI・KSF・KPIってなに?マーケティング用語を使いこなす【SNS担当者ガイド2】

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

\インフルエンサーマーケティングに興味がある方へ/

【インフルエンサーマーケティング】月額4万円~PR依頼し放題!圧倒的コスパの『トリドリマーケティング』初月半額+1万円キャッシュバック

\ この記事をシェア /

ライター紹介

カシトモ

ウェブライター

2013年に夫婦でウェブライターとして独立。企業のブログ記事を中心に執筆し、今まで10,000本以上を提供する。 Google検索での上位表示記事多数。 夫は元通訳・翻訳家、妻は元大手アパレルのエリアマネージャー。
カシトモの記事を見る

  • Twitter
  • このライターの記事

    カシトモの記事を見る

  • Twitter
  • ランキング

    タグ一覧

    • みりょくがいっぱい。台東区をご案内