191 view

YouTube 知識・勉強

【企業向け】YouTubeマーケティングで成功するためのポイントと成功事例を紹介

\ この記事をシェア /

「YouTubeマーケティングについて知りたい」「YouTubeでどんなコンテンツを発信したらいいか分からない」とお悩みではありませんか?

昨今、企業がPRのためにYouTubeに参入することも珍しくなくなりました。
しかしながら、やみくもに動画を投稿するだけでは視聴数は伸びません。

本記事では、企業がYouTubeで成果を上げるために意識すべきポイントと、企業の成功事例を紹介します。

企業でYouTubeマーケティングを始めたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

目標とプランを立てる

何事においても、目標を決めることがもっとも重要です。
YouTubeマーケティングを行うことにより「どんな成果に繋げたいか」という目標を具体的に定めましょう。
なぜなら、目標を設定しないままでは、目的と違う方向へ進んでいってしまうためです。

「企業のブランディングをしたい」「売り上げのアップに繋げたい」「実店舗への客足を伸ばしたい」などの目標を明確に決めておきましょう。

目標はできる限り具体的にしておく方がゴールに対してのイメージがつかみやすいため、プランを立てやすくなります。
目標設定を数値化するとより具体的になるため、月間売上〇〇円のような形で設定しておくのがおすすめです。

ユーザーが求めている内容を基準にプラン決めをする

次に、自社のターゲットになりそうな層を分析し、適切にアプローチできるプランを立てましょう。
注意しておきたいのが、単に発信したい内容や発信できそうな内容の動画を作るのではなく、ユーザーが求めている内容にするということです。

動画の製作を始める前にしっかりとプランを立て「ユーザーに需要があるかどうか」という点を意識しておきましょう。

一般的に需要が高いのは次のような動画コンテンツです。

・ノウハウ・ハウツー系
・共感・あるある
・新鮮味があるコンテンツ
・面白みがあるコンテンツ

商品のPRをする場合においても、消費者にどう役立つのかを明快に示すコンテンツや、面白みのあるコンテンツは視聴後の満足感が高いことから人気があります。

動画コンテンツ制作時には、視聴者側の視点を持つという意識が重要になります。
プランを練る際には参考にしてみてください。

視聴数を上げるには、SEO対策が重要

YouTubeの検索上位に上げる工夫として、SEO(検索エンジン)対策が有効な手段です。

Google社の傘下であるYouTubeでは、関連動画やおすすめ動画表示、キーワード検索による表示に独自のアルゴリズムを採用しています。

どれだけ素晴らしい内容の動画コンテンツを投稿しても、表示されないのでクリックされる機会がない、表示されたとしてもクリックされない、といった具合ではあまり意味がありません。

まずは、表示される機会を作るためにSEO対策を取り入れましょう。
視聴数を上げるためには、検索上位に表示されるキーワードの選定と、ユーザーが興味をそそるようなサムネイルを作る必要があります。

キーワードを選ぶ際は、キーワードサーチツールなどを活用するのがおすすめです。
YouTubeに特化したキーワードサーチツールもあるので、積極的に活用してみましょう。

合わせて、動画の関連性(キーワードと内容がマッチしているか)や動画の視聴時間(最後まで見てもらえたかどうか)という点も重要です。

これらの基準を満たすことで評価が高い動画として、検索上位に上がりやすくなります。
そのため、ユーザーが検索した意図に沿った動画内容を意識しましょう。

また、サムネイルも視聴者が動画を見るかどうかを判断する重要な要素です。
サムネイルには、内容がひと目でわかる工夫(タイトルの文字入れ等)や、続きが気になるような場面を切り取ったものにするとエンゲージが伸びます。

YouTubeで動画を投稿する際には内容はもちろんのこと、キーワードやサムネイルで優位になるような工夫をしていきましょう。

企業の動画投稿事例

実際にどのような動画投稿をしていいのかどうかわからない方に向けて、企業の投稿事例をいくつか紹介します。

任天堂

Nintendo公式チャンネルは、チャンネル登録者数217万人と企業チャンネルの中でも多くの登録者がいるチャンネルです。
ワクワクするようなカットを盛り込んだゲームの紹介動画を多数投稿しています。

「このゲームではどんなプレイを楽しめるのか」といった説明部分を余すところなく伝えており、ユーザーが購入したくなるような行動につなげる工夫が感じられます。

SBI証券株式会社

SBI証券公式チャンネルは、マーケット情報や投資に関する情報を伝えているチャンネルです。
初心者向けの動画も多く展開しており、説明が明快で分かりやすい内容となっています。

株や投資に関する説明には丁寧な図解を交え、ハードルを下げる工夫が感じられます。
視聴者の層に合わせた動画の展開は、参考にできる点が多いといえるでしょう。

森ビル株式会社

こちらのブランドコンセプトムービーでは、時代の移り変わりとともに変化していく街並みを表現しています。

ブランドコンセプトを伝える動画として、大きな成功を収めた例です。
YouTubeチャンネル自体の規模は大きくはありませんが、クオリティの高い作品として人々の心を動かすコンテンツとなっています。
企業のブランディングを目的として動画コンテンツを制作するなら、森ビル株式会社の動画は参考にできる部分が多いでしょう。

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

まとめ

今回は、YouTubeマーケティングのポイントと、企業の成功事例を紹介しました。
成功しているYouTubeチャンネルや再生回数の多い動画を分析することで、コンテンツ発信に役立てることができます。

視聴回数やいいねの多い動画を見つけ、「なぜ再生数が伸びているのか」という点に着目してみるとよいでしょう。
本記事で紹介した内容を参考にしながら、YouTubeマーケティングに活用してみてはいかがでしょうか。


\こちらの記事もおすすめ/
▼【インフルエンサーマーケティング】月額4万円~PR依頼し放題!圧倒的コスパの『トリドリマーケティング』初月半額+1万円キャッシュバック

\ この記事をシェア /

ライター紹介

つむぎ

フリーライター

1995年生まれの女性フリーライター。 当時2歳の子どもを育てながら、26歳でWEBの世界へ飛び込みました。 SNSの運用やWEB活用方法についての記事をお届けします。
つむぎの記事を見る

  • Twitter
  • このライターの記事

    【Instagram】笑って泣いて共感できる!描く育児インスタの人気投稿を分析
    つむぎの記事を見る

  • Twitter
  • ランキング

    タグ一覧

    • みりょくがいっぱい。台東区をご案内