377 view

Twitter

【SNS運用】アイスにサウナ客、そしてイカ?! カップヌードルの公式Twitter=バズリネタの宝庫だった

\ この記事をシェア /

近年、カップヌードルの公式Twitterが注目を集めていることをご存じでしょうか?

拡散力の高いTwitterは、ツイート主をフォローしていなくても、「リツイート機能」でツイートが回ってくることは多々あります。

そんな中、先月大バズリしているツイートが回ってきました。

なんとカップヌードルの上に溶けたアイス?!

こんな溢れんばかりのツイートセンス、ただものではありません。

他にもまだまだ面白いものがあるはず、とTwitterを探ってみると出てくる出てくる……まるでバズりの宝庫でした。

そこで今回は、Twitterを使いこなしているカップヌードルのTwitter運用から様々な面白い取り組みまで一挙にご紹介します!

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

『カップヌードル』の歴史・概要

『カップヌードル』は、世界初のカップ麺として日清食品が1971年から発売を開始したカップ麺およびカップライスのブランド。

1973年にアメリカで発売されて早くも世界進出を果たしたことを皮切りに、2011年時点では世界80カ国に発売。現在(2022年5月時点)累計販売数は500億食を超えます。

発売50周年を迎えた今もなお、国民的人気を誇る超ロングセラー商品です。

コクのあるしょうゆベースの「レギュラー」のほか、シーフード、カレー、チリトマトなどが人気商品として知られています。

海外でも日本と同じ商品を販売しているかと思いきや、実はビーフやシュリンプ、ワサビやとんこつなど日本にはない海外のオリジナル商品が存在していました!

日本の商品も含め100種類ものカップヌードルが販売されているそうです。

カップヌードルの発祥地である日本の人気商品が海外で発売されていないのは驚きですね。

海外旅行の際にお土産として買っていくのもよさそうです♪

公式Twitterを深堀したらバズリの宝庫だった!

カップヌードルの公式Twitterは、2015年5月から開始し今年でなんと8年目に突入する大ベテラン。

現在(2022年6月2日時点)のフォロワー数は約45万人と、人気の高さが伺えます。

個人的にプロフィール欄の“3分の暇つぶしくらいにはなると思います。という文章がツボでした。この一言だけで、カップヌードルSNS担当の方のセンスの良さが伺えます。

そんな人気の秘訣であるツイート内容のなかでも、特にバズっていたツイートをご紹介していきます。

カップヌードルの『ふた止め』シリーズ

まずは最もバズっていた『ふた止め』シリーズ!

お湯を入れて3分待つときに、雑誌などの身近なものを重石代わりにしてふたを止めていた方は多いのではないでしょうか。

現在は開け口が2つになり重石を使わずともふたを止めやすくなりましたが、そんな重石代わりになるような「ふた止め」を制作したツイートが話題を呼んでいるのです!

1.溶けたアイス

こちらは冒頭でもご紹介した『溶けたアイス』のふた止めフィギュア。

総いいね数は脅威の429K

まるで本物のアイスが溶けたようで、「一瞬騙された!」なんてコメントも。

「本物?偽物?」とパッと見騙されるツイートは、つい手を止めて見たくなりますよね。

なかには「これでドッキリを仕掛けたい」と、騙されたことを逆手に取るようなツイートも見受けられました。

2.サウナ

サウナの日にちなんだツイート。

なんとカップヌードルの上にサウナが作られています!

湯気で整っていくサウナ客を見ながら、お湯で整うカップヌードルを待てますと文を添えて、本当に湯気で整っていくサウナ客が動画に収められています。

まさかカップヌードルの湯気を利用するなんて、誰が予想したでしょうか……。

驚きのアイデアに、「売って欲しい」「見てるの楽しくて麺伸びそうw」と称賛のコメントが!

3.シーフードからイカ

カップヌードルの人気商品「シーフード」。

その具材であるイカが、まるごと飛び出してきている?!

一瞬本当にイカが飛び出てきてしまっているようですが、安心してください。

ついにパッケージのふたまで作られた、ふた止めフィギュアとなっています。

ふたを止めるフィギュアなのに、ふたから飛び出すフィギュアを作ってしまう逆転の発想にあっぱれです。

こういったインパクト大なツイートは、多くの人の目に留まりやすい傾向があります。

実はご紹介した3つのツイート、その注目度の高さからテレビでもたびたび取り上げられています。

特に先月(2022年5月25日)、朝の情報番組「スッキリ」にて取り上げられた後は、番組の視聴者がツイートを見に来て多くのコメントが寄せられていました。

朝の情報番組に取り上げられることによって、普段からあまりTwitterを利用しない年齢層にも拡散され、さらに注目度が高まるというワケです。

意外なあの人とも?! コラボCM

企業のCMといえば、俳優などの芸能人を起用する場合が一般的に知られています。

ですがカップヌードルのCMは、アーティストを起用した替え歌CMという一風変わった取り組みを行なっていました!

ひとつは、カップヌードル味噌味の新CM。

なんとコラボ相手は、「イケナイ太陽」などで知られるロックバンド“ORANGE RANGE”

2015年にリリースされた楽曲「スシ食べたいfeat.ソイソース」の替え歌として、「味噌食べたい」を制作。

コメント欄では、「忙しい人のための合わせ味噌」と題して、2つのMVを並べた動画がツイートされていたりと、他にはないシュールな世界観がウケていました♪

もうひとつは、カップヌードルPROの新作「チリトマト」のCM。

こちらのコラボ相手は、YouTube登録者数100万人を越えるアニメ系チャンネル”はじめまして松尾です”と、即興ソングで話題を集めたシンガーソングライターの”眉山ちあき”!

“眉山ちあき”の楽曲「顔ドン」の替え歌と、“初めまして松尾です”が作り出す一癖も二癖もあるキャラクターの融合がなんとも癖になります。

コラボレーションは、アーティストやクリエイターなどコラボ相手のファンを呼び寄せることができるので、拡散力が格段に上がる利点があります!

また若者のテレビ離れが進行する中、TVCMをTwitterで拡散することにより、テレビを見ないSNSを利用する若者にも支持を得ることができます!

Twitterだけじゃない、カップヌードルの試み

Twitterだけでもかなりのインパクトでしたが、そのセンスはTwitterだけではとどまりません!

公式HPのスクロール機能がすごい!

企業のHPは、GoogleやYahoo!などで検索をかけたり、リンクから飛んだりと自発的に見る場合がほとんど。

SNSのように、おすすめに流れてくるといった拡散力はほぼないため、カップヌードルの公式HPを見たことない方は多いと思います。

ですが公式HPを開くと、知らない方が勿体ないと思うほど驚きの連続でした!

注目したいのは右上バナーにある「カップヌードルの裏側」

クリックするとまず、カウントダウンとともにカップヌードルのふたが開いて具材の被り物をしたキャラクターが飛び出してきます!

中身のギモン、工場のギモン、栄養のギモン、みんなのギモンと題して、みんなが知りたい裏側を公開しているページです。

そのまま下にスクロールしていくと……びっくり!

フォークですくったカップヌードルの麺がどんどん伸びていきました!!

しかも湯気も立ち上っていて、つい手を伸ばしてしまいそうになるほどリアルなんです!!!

ここまで遊び心のあるHPは見たことがありません!つい何度もスクロールしちゃいます。

企業のHPってきっちりとしたイメージがあったのですが、カップヌードルがその概念を覆してくれました。

気になる方はぜひ、下記リンクから飛んでみてください。やみつきになりますよ♪

▶︎公式HP

食べられる花束、ヌードルブーケとは?

花束って綺麗だけど枯れてしまうのが残念……そんな悩みが解決できる花束がカップヌードルから発売されていました!

その名も「ヌードルブーケ」

まさかのカップヌードルを花に見立ててブーケに!

しかも麺をデザインしたリボンで結んでいたりと、細部までこだわった仕上がり。

上記の「カラーネーション」のほか、人気商品3種など全5種類のヌードルブーケがあります!

カップヌードルミニを使用した「ミニブーケ」もありますので、ちょっとしたプレゼントにいいかも♪

日清公式オンラインショップから購入できますので、友人や恋人の誕生日、イベント事に贈ってみるのも面白そうです!

▶︎日清公式オンラインショップ

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

まとめ

世界中に愛されているカップヌードルが、こんなにもユニークで他にはない試みをしているとは驚きが止まりませんでした!

拡散力の高いTwitterで「ふた止めシリーズ」をはじめとする発想力に長けたツイートをすることにより、Twitterユーザーのツボをがっちり押さえていました。(3分どころではなく、軽く1時間ほどは暇つぶしできそうです^^)

大企業の存在が近くに感じるような気がして、もっとカップヌードルが好きになりました。こういった愛着を感じてもらうことが、カップヌードルの戦略なのかもしれません。まんまと引っかかりました(笑)

これからも、カップヌードル独自の新たな試みを楽しみにしています!


\こちらの記事もおすすめ/
▼【インフルエンサーマーケティング】月額4万円~PR依頼し放題!圧倒的コスパの『トリドリマーケティング』初月半額+1万円キャッシュバック

\ この記事をシェア /

ライター紹介

あんちゃん

インタビュアー、ライター、編集

出版系の専門学校卒。 バンドとジャニーズで出来てます(^^) 一生音楽聴いてます(^^) イヤフォンないと生きていけません(^^) 一応、ギター歴6年目のアコギ大好きマン(^^) 最近の悩みは、平野紫耀のせいで(お陰で)理想が更新され続けていること(^^)
あんちゃんの記事を見る

  • Twitter
  • このライターの記事

    【企業のSNS担当者必見】有名飲食チェーン店のSNSマーケティングに迫る:第4回総括編
    あんちゃんの記事を見る

  • Twitter
  • ランキング

    タグ一覧

    • みりょくがいっぱい。台東区をご案内