55 view

知識・勉強

生成AIテキストや画像は見分けられるのか!?判別ツールが続々登場!

\ この記事をシェア /

生成AIの進歩が著しく、「この論文まさか生成AIを利用していないよな!?」「このアイドル生成AIだったなんて!」という経験をした方も多いのではないでしょうか。

生成AIの技術は、テキストにとどまらず画像や動画にまでおよび、人間による作品との見分けが難しくなっています。

一方で、テキストや画像が生成AIによるものかどうかを判別するツールの開発も進んでいるようです。具体的にどのようなポイントで判別するのか気になりますよね。本記事では、生成AI vs 判別ツールについて深掘りします!

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

生成AIが注目されている理由

生成AIには、次のような種類があります。

テキスト

テキスト生成AIとは、言語処理技術を活用した人工知能がテキストを自動的に生成する技術です。Chat GPTの登場により一気に注目を集めました。

「人工知能について詳しく解説して」「トレーニング中はどのような栄養素を摂取すべきか教えて」など指示を送るだけで、スラスラとテキストが生成されます。

生成AIのなかでもとくに広く普及しており、日常業務に取り入れられています。

【主なテキスト生成AIツール】
・Chat GPT
・SAKUBUN
・Kasanare

画像

画像生成AIとは、完成形のイメージをテキストで送ると自動的に画像やイラストが生成される技術をさします。「窓際でくつろぐ子猫たち」「100年後の地球」など指示を送るだけでよいため、イラストレーターやフォトグラファーに依頼せずとも誰でも簡単に質の高い画像やイラストが手に入るようになりました。広告やSNSなどで広く活用されています。

【主な画像生成AIツール】
・Sea Art
・Bing Image Creator
・Canva

動画

動画生成AIとは、テキストや画像で指示を送ると動画を自動的に生成する技術です。

プロモーションや教材などで使用されるケースが多くあります。

生成AIのなかでも動画は難易度が高いと考えられていましたが、現在では高い性能のコンテンツが次々と発表されています。

【主な動画生成AIツール】
・Runway Gen-2
・Sora
・video BRAIN

生成AIの進歩による弊害

生成AIは利便性の高さにより注目を集めていますが、信頼性においてはまだまだ問題点があると考えられます。

たとえば、生成AIによるテキストをビジネスで活用する場合を考えてみましょう。

内容の真偽を確認することなく発表し、のちに誤った内容でるとわかれば企業の信用低下につながりますよね。

また、最近では「著名人の詐欺広告」が問題となっています。

著名人に成りすました偽の広告や勧誘動画を使った詐欺事件が相次いでいるのです。

このように、生成AIが著しく発展したために起こっている弊害にも注目する必要があるでしょう。

おすすめのテキスト生成AI判別ツール

利便性の高い生成AIですが、信頼性に問題がある点や悪用される可能性も踏まえると上手に付き合っていかなければなりません。

ここからは、生成AIによる作品かどうかを素早く判別するツールをご紹介します。

Content at Scale

テキストをコピペしたりファイルをアップロードしたりすると、わずか数秒で判別してくれる便利なツールです。

また、生成AIによるテキストである可能性が高い場合、その理由について詳細に説明してくれるのもうれしいポイント。

ただし、海外のツールであるためサイト内は英語で書かれているので注意が必要です。

使用する際は、翻訳機能を利用してくださいね。

生成AIチェッカー

生成AIチェッカーは、日本語の文章に対応したツールです。

無料で使用できるため、気軽に試せるでしょう。

学生のレポートや論文が生成AIによるものかどうか判別する際に使用されるケースが多いようです。

正確に判別するためには、500文字以上のテキストが必要で、上限は1万文字です。

画像生成AIの判別は難しい!?

調べてみると、テキスト生成AI判別ツールはいくつも出てきますが、画像生成AIツールとなるとグッと情報が少なくなります。

テキストの判別ツールは豊富にあるものの、画像の判別ツールはまだ少ないようです。

では、画像が生成AIによるものなのかイラストレーターや画家によって書かれたものであるのか見分けるにはどうしたらよいのでしょうか。

ポイントは背景。

画像生成AIの場合、背景が不自然だったりうねっていたりするケースが多きため、背景に注目すると見分けられる可能性が高くなりますよ。

まとめ

生成AIをビジネスに活用しようと考えている企業も多いでしょう。

利便性が高い生成AIですが、知識がないまま活用するのは非常に危険です。

とくに、テキスト生成AIツールを活用する場合は、内容に誤りがないかどうか十分に確認しましょう。反対に、生成AIによるテキストかどうか判断したい場合は、判別ツールを活用することがおすすめです。

画像や動画の場合も、「もしかしたら生成AIによるものかもしれない」と疑うことが大切でしょう。

\こちらおすすめ/

AI小池百合子にAI野々村真⁉増えるAIデジタルヒューマンについて解説

Xの対話型AI「Grok」の回答が面白すぎる。特徴やバズった回答集をご紹介

TikTokで密かなブーム⁉ AIが歌う嵐、back number、あいみょんのクオリティが高すぎる【AIカバー】

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

\インフルエンサーマーケティングに興味がある方へ/

【インフルエンサーマーケティング】月額5万円~PR依頼し放題!圧倒的コスパの『トリドリマーケティング』初月半額+1万円キャッシュバック

\ この記事をシェア /

ライター紹介

minami

フリーライター

一度きりの人生☆とことん楽しむぞ!! いろいろなことに興味を持って毎日を楽しく生きるフリーライター。 出版社勤務の経験を活かして、質の高い記事をお届けします^^
minamiの記事を見る

  • PR

  • x
  • このライターの記事

    minamiの記事を見る

  • PR

  • x
  • ランキング

    タグ一覧

    • PR

    • インターネット・光回線総合比較メディア:厳選.com
    • みりょくがいっぱい。台東区をご案内