75 view

X(旧Twitter)

筆者も活用中!X(旧Twitter)で使える時短コマンド一覧!

\ この記事をシェア /

X(旧Twitter)を運用していると「もっと手軽に絞り込みできないか」と悩みを抱えている方も少なくないでしょう。

高度な検索をすれば絞り込みできますが、コマンドを活用すれば入力の手間を大幅に削減できるのです。

そこで今回は、筆者も活用しているX(旧Twitter)のコマンドを紹介します。

実際に活用しているコマンドをお伝えするので、よかったらコピペして使ってもらえたら幸いです。

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

X(旧Twitter)のコマンドにおける基礎知識

X(旧Twitter)のコマンド機能は、検索ウィンドウに特定のキーワードやユーザー検索などの手間を省ける機能です。

多くのユーザーが検索ウィンドウに入力して、特定の検索をしているでしょう。

X(旧Twitter)のコマンドを検索ウィンドウに入力すれば、特定のユーザーがポストしている特定のキーワードで、指定した期間に絞るような使い方もできるのです。

ただし、話題(トレンド)の投稿をみるには従来の検索機能を使った早いケースもあります。

筆者自身も、バズっているポストを研究・分析するのに、X(旧Twitter)のコマンドを活用していました。

後述するX(旧Twitter)のコマンドは、PCであれば保存できますが、使っているスマホ次第で保存できません。

ちなみに筆者はスマホでも検索できるように「リプ」と打てば「to:shibasuke0813 -min_replies:1」と出るよう設定しています。

X(旧Twitter)で使えるおすすめのコマンド一覧

X(旧Twitter)のコマンドは、以下のケースで活用できます。

◎特定のユーザー検索
◎日付や期間の指定
◎画像や動画などの検索

それぞれおすすめのコマンドもあわせて紹介していきます。

特定のユーザー検索

発信軸が似ているユーザーやバズっているポストを分析するのに、特定のユーザー検索におけるコマンドが役立ちます。

@ユーザー名(ID)

特定のユーザーに関連したポストがすべて絞れます。

検索しようしているユーザーに送られたリプライも表示される点には注意が必要です。

from:ユーザー名(ID)

特定のユーザーがポストした内容のみ絞れます。

to:ユーザー名(ID)

特定のユーザーに送られたリプライやメンションが絞れます。

自分宛のリプライにおける「返事漏れ」を確認するのに活用できます。

上級者向けのコマンドを紹介すると、以下の組み合わせ方があります。

from:shibasuke0813 min_faves:50 -filter:retweets-filter:replies

(指定したアカウント:50いいね以上 リポストなしとリプなし)

日付や期間の指定

X(旧Twitter)を分析するうえで「過去のポストを遡りたいけど、スクロールし続けるのは面倒」と感じた経験はありませんか。

実はコマンドを活用すると、簡単に日付や期間を絞れるのです。

since:年-月-日 until:年-月-日

「since」のコマンドのみ使うと、指定した日付以降のすべてが絞れます。

一方で「until」を入れると、指定した日付までのポストが絞れます。

つまり、両方のコマンドを活用すると、指定した期間に絞ったポストが表示されるのです。

上級者向けの活用を紹介すると、以下の活用方法があります。

from:shibasuke0813 since:2023-02-01 until:2023-02-28 -filter:replies

(指定したアカウント:一定期間のポストのみ、リプなし)

画像や動画などの検索

画像や動画を絞る際、以下のコマンドを活用しましょう。

・filter:images(画像のみ)
・filter:videos(動画のみ)
・filter:media(画像もしくは動画)

番外編として紹介すると「filter:verified」を入力すると、認証済みのユーザーのみに絞れます。

イラストレーターや動画クリエイターなど、複数のメディアを投稿している場合、前述で紹介した「期間の指定」で絞るのも1つの手です。

ユーザー名(ID) filter:media since:2024-1-1 until:2024-1-31

ユーザー名の部分を特定のキーワードに書き換えれば「色んな人が投稿している猫の写真が見たい」と思った時にすぐ実現できます。

X(旧Twitter)のコマンドがうまくいかない際の対処法

X(旧Twitter)のコマンドを検索ウィンドウに入力しても、うまく表示できない場合、以下のような原因が考えられます。

●「:」を付け忘れている(全角だと表示されません)
●コマンドとコマンドの間に半角スペースが入っていない
●「-」が「_」など、別のコマンドが入力されている
●表示したいユーザーが鍵アカウント(非公開設定)になっている

入力したコマンドをチェックして対処できない場合、検索したいユーザーが鍵アカウントになっている可能性が大半です。

鍵アカウントにフォロー申請し、許可されるのが条件になってしまうので注意しましょう。

まとめ

今回は筆者が活用しているX(旧Twitter)のコマンドについて解説しました。

X(旧Twitter)のコマンドを活用すると、発信軸が似ているユーザーの分析やバズっているポストの絞り込みができます。

返信漏れがチェックできる「to:shibasuke0813 -min_replies:1」など、コマンドを組み合わせれば、活用の幅が広がります。

検索保存したりブックマーク保存したりすれば、入力する手間も省けるので、一度試してみてください。

\こちらもおすすめ/

X(旧Twitter)の予約投稿はスマホでできる?やり方や編集方法、企業が活用するメリットまで解説

X(旧Twitter)運用にSocialDog(ソーシャルドッグ)がおすすめな理由と運用時の注意点

Xの対話型AI「Grok」の回答が面白すぎる。特徴やバズった回答集をご紹介

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

\インフルエンサーマーケティングに興味がある方へ/

【インフルエンサーマーケティング】月額5万円~PR依頼し放題!圧倒的コスパの『トリドリマーケティング』初月半額+1万円キャッシュバック

\ この記事をシェア /

ライター紹介

柴﨑 祐介

フリーライター

元お坊さん|(正座苦手な)僧侶歴14年|メディア出演した元説法のプロ|2022年ライター活動開始|電子書籍出版9部門1位|趣味はTwitterとYouTube|「関わった方が喜ぶ姿を見ること」をモットーに活動しています!
柴﨑 祐介の記事を見る

  • PR

  • x
  • このライターの記事

    柴﨑 祐介の記事を見る

  • PR

  • x
  • ランキング

    タグ一覧

    • PR

    • インターネット・光回線総合比較メディア:厳選.com
    • みりょくがいっぱい。台東区をご案内