650 view

X(旧Twitter)

著名人らのTwitter“公式マーク”が次々と剥奪……かと思いきや復活?公式マーク削除の経緯や復活の条件とは

\ この記事をシェア /

先日、著名人のTwitter公式マークが大量に剥奪される事態が起きました。

公式マークが無くなった著名人らはその旨をツイートし、「公式マーク」が一時Twitterトレンド1位を獲得するほど注目を浴びました。

しかし数日後、削除された公式マークがいきなりの復活。

なにやら復活したアカウントには共通の条件があるのだとか……。そのワケを本記事にて探っていきます。

Twitter公式マークが大量削除

著名人らの公式マークが剥奪されたのは20日。

そもそも公式マーク(青色の認証バッチ)とは、著名人や企業へ向けたアカウントが本物であることを示す役割があり、無料で配布されていました。

しかし認証バッチの有料化に伴い、有料化に対応しなかったユーザー、つまりTwitter Blueのサブスクリプションを購入しなかったユーザーの認証バッチ削除に踏みきったというわけです。

これには「ただの課金マークじゃん」といった声が多く見られ、公式マークに続き“課金マーク”もトレンド入りするほどに。

アカウントが本物であることを証明する、という本来の公式マークの意味がなくなってしまうことにはやはり疑問を抱きます。

公式マークを剥奪された著名人について

公式マークを剥奪された著名人は、続々とその思いをツイート。

嘆きの声をあげる方もいれば、特に気にしていない方もいて意見はさまざまなようです。

公式マーク剥奪後の著名人ツイート

●河野太郎議員

衆議院議員の河野太郎氏は、公式マーク剥奪を受けて“無印良人”とツイート。無印良品をもじったセンスあるツイートにフォロワーからは「さすが」といったリプライが飛んでいました。

また本人であることを証明するためか、アカウントのヘッダー画像を公式マークがついていた際のプロフィールのスクショに。どこまでもセンスのある方です。

●藤田ニコルさん

モデル兼タレントの藤田ニコルさんは、高校時代に公式マークがついた際の思い出を交えつつも、いざ消えると「お金払ってまでの価値があるのかもわからない」と正直な思いを吐露。

本ツイートはなんと11.5万いいねを獲得。ニコルさんの的を射た発言に多くのユーザーが共感の意を示していました。

●松丸亮吾さん

タレントの松丸亮吾さんは、以前から公式マークが付く日を心待ちにしており、やっと付いたにも関わらず剥奪……。

しかし、「無くても全然生きていける」とポジティブな投稿でユーザーを笑わせ、Yahoo!ニュースに取り上げられるほど話題になっていました。

●みちょぱ(池田美優)さん

みちょぱこと池田美優さんは、もともと公式マークはついていたものの、Twitterを乗っ取られたことがある経緯からTwitter Blueに加入していたのだとか。

結果、数々の著名人らが公式マークを剥奪されるなか、公式マークがついたままに。また、「芸能人とかのなりすまし増えたりしそうだねこれから、、、」と核心を付く発言もしていました。

公式マーク代わりに絵文字⁉

公式マーク剥奪を経て、多くの著名人が取った行動がこちら↓

公式マークの代わりに絵文字を付けたのです。

こちらは霜降り明星・せいやさんのツイートですが、ほかにも名前の後ろに絵文字をつける著名人や企業が多発しました。

上記は、主に魚肉練り製品などを製造する食品メーカー「紀文食品」の公式Twitter。

「私だけ公式マークがなるとになる」と書かれたツイートがなんと5.2万いいねを獲得しました。

実際には公式マークが剥奪された後になるとの絵文字を追加したと思われますが、本当になるとになってしまったかのようなツイートは非常に面白いですよね。

一部著名人の公式マークが復活!

それから3日後の23日、なんと一部のユーザーの公式マークが復活しました。

またも突然の出来事に、一度剥奪された著名人らは困惑。

しかし、復活した著名人らを見てみると、どうやら皆フォロワー数100万人越えのようです。

前にご紹介した公式マークを剥奪された著名人のなかでも、250万越えのフォロワーを持つ藤田ニコルさんと河野太郎議員のみが復活しています。

執筆時点でイーロン・マスク氏からの正式な発表はないため明言は避けますが、ほかのフォロワー100万人越えの著名人も公式マークが復活していることからその可能性は高いと言えます。

まとめ

突然のTwitter公式マーク剥奪に復活……。

多くのユーザーを困惑に招いた今回の事態ですが、イーロン・マスク氏から真相が明かされる日は来るのでしょうか。

また公式マークの条件がフォロワー100万人越えだと仮定しても、サブスクに加入していれば公式マークの取得が可能なことから、より本物か偽物かの判別が付きづらくなると感じました。

個人的には、著名人らに与えられる認証マークとサブスクに加入している課金マークの色を分けたら分かりやすいのでは?と考えます。

兎にも角にも、今後なりすまし等の被害が増えないことを祈るばかりです。

\こちらもおすすめ/

【TwitterAPIが有料化】それに伴い多くのユーザーに影響あり?有料化に踏みきったワケや料金などの詳細を解説

Twitter 新APIの開始でTwitter連携サービスが次々と終了・・・無料プランはどうなる?既存のAPI利用者の今後は?色んな疑問を含めて解説します

【2023年最新】企業のTwitterインスタントウィン成功事例7選!セブンイレブン、サントリー、ビックカメラ…etc ~リツイート数1万越え~

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

\インフルエンサーマーケティングに興味がある方へ/

【インフルエンサーマーケティング】月額4万円~PR依頼し放題!圧倒的コスパの『トリドリマーケティング』初月半額+1万円キャッシュバック

\ この記事をシェア /

ライター紹介

あんず

インタビュアー、ライター、編集

NO SNS,NO LIFE. SNS時代と呼ばれる今に欠かせない情報を、Z世代ならではの視点で発信していきます。
あんずの記事を見る

  • PR

  • x
  • このライターの記事

    あんずの記事を見る

  • PR

  • x
  • ランキング

    タグ一覧

    • PR

    • インターネット・光回線総合比較メディア:厳選.com
    • みりょくがいっぱい。台東区をご案内