175 view

知識・勉強

フォロワー数だけ追ってない?SNSマーケティングで陥りがちな5つの失敗

フォロワー数だけ追ってない?SNSマーケティングで陥りがちな5つの失敗
\ この記事をシェア /

「フォロワー数だけ追ってない?」と問われて、ドキッとした担当者は要注意。
それはSNSマーケティングで陥りがちな失敗例の1つです。
なぜフォロワー数だけ追うのはダメなのか?
本記事ではその理由も含め、SNSマーケティングで陥りがちな5つの失敗について解説します。

すでにSNSマーケティングを実施している企業も、これからの企業もSNSマーケティング成功のためにぜひ参考にしてください。

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

SNSマーケティングに陥りがちな5つの失敗

フォロワー数だけ追っている

SNSマーケティングではフォロワー数を1つの指標として設定する企業が多くいます。
それ自体は間違っていませんが、フォロワー数だけを追ってしまうと成功とは違った方向へ進んでしまうかもしれません。

まず、ありがちなパターンが「フォローを増やしてフォロワーを獲得する方法」です。

この問題点は、フォロワーが自社のビジネスや商品・サービスに興味を持っているかどうかは無関係である、ということです。
目先のフォロワー数を増やそうとしても、それがビジネスに繋がらなければ意味はありません。
したがって、SNSマーケティングではフォロワー数だけでなく、必ず複数のKPI(成否を確認する指標)を設定するのがポイントです。

事前の目的が未設定

SNSマーケティングの目的について、漠然とブランディングなどと考えていないでしょうか?
ブランディングも確かに1つの目的ですが、もっと具体的な目的を設定していないとSNSマーケティングは成功しません。

たとえば新商品・サービスの認知拡大を目的とするのか、あるいは企業のイメージアップを目的とするのかによって、投稿すべきコンテンツやその頻度、さらには選ぶべきSNSが異なります。

SNSマーケティングで成功できていない企業の多くが、事前の目的が未設定のままSNSアカウントを運用しています。

今からでも決して遅くはないので、SNSマーケティングの目的について再考してみましょう。

ターゲットが不明確

ターゲットが不明確というのも、SNSマーケティングでは致命的な失敗です。
性別・年代・職業など、どういったターゲットに向けて情報発信することが、SNSマーケティングの成功につながるのか、しっかりと定義されていなければ成功もありません。

また、SNS媒体によってユーザー層が違います。
ターゲットが明確にできていないと間違ったSNS選びをしてしまい、結果としていつまで経っても成果が現れないままSNSマーケティングが終わってしまうのです。

SNS選びが間違っている

「事前の目的が未設定」と「ターゲットが不明確」、これら2つの失敗が合わさることで、SNS選び自体間違ってしまうという最悪の事態を招きます。

例えてみればプロテインなどの本格フィットネス向けサプリメントを、英会話教室へ売り込みに行くようなものです。
全く的外れなマーケティングを行なってしまいます。

昨今ではさまざまなタイプのSNSが登場し、それぞれにユーザー層や主な使い方が異なります。
それらの違いを踏まえ、さらに事前の目的とターゲットをしっかりと定義しなければ、正しいSNS選びはできないでしょう。

SNS広告を活用していない

「できる限り費用を抑えてブランディングなどの目的を達成したい」と考える企業は多いでしょう。
実際、少ない費用で高い成果を出せる可能性があるのがSNSマーケティングであり、そうした事例も転がっています。

しかし低予算にこだわり過ぎると、たくさんの機会損失を生んでしまうリスクもあります。

一般的に低予算でSNSマーケティングの成果を出すには、1年以上の長い時間が必要です。

一方、SNS広告を利用すれば費用こそかかるものの、それ以上の広告効果を発揮し、さらにフォロワー獲得などにも貢献できます。
SNSマーケティングで大切なのは「費用<マーケティング効果」という式を作ることなので、時にはSNS広告というカードを切る方が効果的なケースが多いのです。

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

まとめ|SNSマーケティングで成功するには?

01.フォロワー数に固執しすぎない

02.目的・目標を明確にする

03.ターゲットを選定する

04.自社に合うSNS媒体を選定する

05.SNS広告を利用する

SNSマーケティングの成功で何より欠かせないのは、「一連の取り組みや指標が、すべて連動されていること」です。

事前の目的からターゲット、SNS選び、フォロワー数とその他のKPI、さらにはSNS広告などのマーケティング選択肢など、これらを論理的に組み立てられるかが成否の鍵になります。
1つでも欠けているとSNSマーケティングの効果は半減、または失敗してしまうでしょう。

したがって、本記事で解説したSNSマーケティングの失敗例を参考にしながら、それぞれの要素をしっかりと取り入れられているか、再確認してみてください。
その上でこれからのSNSマーケティングを新しく組み立て、成果の出るSNSマーケティングを実施していきましょう。


\こちらの記事もおすすめ/
▼【インフルエンサーマーケティング】月額4万円~PR依頼し放題!圧倒的コスパの『トリドリマーケティング』初月半額+1万円キャッシュバック

\ この記事をシェア /

ライター紹介

カシトモ

ウェブライター

2013年に夫婦でウェブライターとして独立。企業のブログ記事を中心に執筆し、今まで10,000本以上を提供する。 Google検索での上位表示記事多数。 夫は元通訳・翻訳家、妻は元大手アパレルのエリアマネージャー。
カシトモの記事を見る

  • Twitter
  • このライターの記事

    カシトモの記事を見る

  • Twitter
  • ランキング

    タグ一覧

    • みりょくがいっぱい。台東区をご案内