505 view

TikTok

【すぐ真似できる】TikTokでおすすめに載るには? 基準はある? 再生回数を伸ばす方法を解説

\ この記事をシェア /

“TikTokの再生回数を伸ばしたい”

本記事をクリックしたあなたは、上記のように考えておすすめに載る方法を調べているのではないでしょうか。

そんな方へ向けた、TikTokのおすすめに載る基準と具体的な方法・コツを解説します。

初心者の方でもすぐ真似できる方法ばかりですので、ぜひご一読ください。



TikTokのおすすめに載る基準とは?

そもそもTikTokのおすすめとは、ユーザーの興味関心に合わせて厳選された動画が表示されるフィードのこと。

おすすめに載る基準は、主に下記の5点が加味されます。

①視聴時間・再生回数
②いいね数
③コメント数
④シェア数
⑤プロフィール表示回数

ひとつずつ見ていきましょう。

視聴時間・再生回数

TikTokの動画では、視聴時間が長く再生回数が多いほどおすすめに載りやすくなります。

ユーザーがどれだけその動画に興味を示したか、目に見えてわかる数値だからです。

2022年からTikTokに掲載できる最大時間が10分間になり、視聴時間はより伸びやすくなりました。

しかし再生回数を考えると、ショート動画の方がサクサク見られて再生回数が伸びやすくなる傾向も。

動画内容によってうまく使い分ける必要がありますね。

いいね数

一般的にいいね数は、視聴時間・再生回数に比べて獲得しにくい傾向にあります。

なぜなら、動画を視聴しても満足できなかったらいいねは付かないからです。

だからこそ、いいね数が多い投稿ほどおすすめに載りやすくなります。視聴者が「面白い」「共感した」と感じる魅力的な動画作りが必要です。

コメント数

いいね数より獲得のハードルが高いのが、コメント数。

「いいね」はワンタップで済む手軽さがあるのに対し、「コメント」は視聴者に手間を取らせるからです。 そのため、思わずコメントしたくなるキャッチーな動画がおすすめに載りやすい傾向にあります。

シェア数

TikTokでは、気に入った動画を他の人に共有できる「シェア機能」が備わっています。

TikTok内のユーザーだけでなく、LINE・Twitter・Instagramなど他のSNSにも共有できる便利な機能です。

シェア数が多いほど話題性が高い動画だと評価されて、おすすめに載りやすくなります。

プロフィール表示回数

プロフィールの表示回数は、投稿を見てユーザー自身に興味を持った視聴者がプロフィールに飛んできた数ということになります。

つまり、それほど魅力的な動画だと評価されるためおすすめに載りやすいのです。

また、プロフィールに飛んだ=ユーザー自体の評価も上がり、今後にも好影響を与えることができます。

〈実用編〉おすすめに載る方法・コツ

おすすめに載る基準がわかったところで、次は実用編としておすすめへ載る方法やコツをお伝えしていきます。

流行りの音源を使用する

最もポピュラーな方法は、流行りの音源を使用すること。

TikTokを利用している方は、おすすめフィードに同じ音源ばかり出てきた経験はありませんか?

単純に流行りの音源は興味のあるユーザーが多く、使用するだけでおすすめに載る確率が上がるのです。

人気インフルエンサーの使用音源を見たり、楽曲の使用人数(目安は10,000人以上)を見たりして、流行りの音源を見極めましょう。

適切なハッシュタグをつける

SNSにおいてハッシュタグの選定は必須ですが、TikTokでは2つの意図があります。

1つは、TikTokのアルゴリズムに動画のジャンルを認識してもらうこと。

ハッシュタグを定めることで、その動画に興味がありそうなユーザーのおすすめフィードに載りやすくなります。

もう1つは、視聴者の検索ワードに引っかかること。

今の時代、Google検索よりSNS検索を行う若者が増えてきているため、検索からの流入も期待できます。 投稿文を作成する際に「#(半角)」と入力すると、トレンドのハッシュタグが表示されるのでうまく活用しましょう。

投稿ジャンルを統一する

アカウント自体のジャンルを定めることは、再生回数を伸ばす上で欠かせません。

例えば、美容系の動画に興味を持ったユーザーが他の動画を見るためにプロフィールへ飛んだとします。

その際、グルメ系やエンタメ系と投稿ジャンルがバラバラな場合、視聴者が求めているものとは異なって次に繋がりません。

より多くの視聴者をフォロワーに繋げるためにも、投稿ジャンルを統一しましょう。

投稿文を疑問形にする

投稿文を疑問形にすることの意図は、コメント欄への誘導です。

例えば、「(動画の内容に対して)こんな時どうしたらいい?」と質問を投げかけることで、見た人はついコメントしたくなりますよね。

コメントしている間にも動画は再生されるため、コメント欄への誘導は一石二鳥なわけです。 コメントをするアクションは視聴者にとってハードルが高いからこそ、投稿文を通してコメントしやすい工夫をしましょう。

開始3秒にインパクトを

TikTokの動画は、開始3秒で決まると言っても過言ではありません。

最初の3秒で視聴者の興味を惹きつけられなければ、スクロールされてしまうからです。

すぐにスクロールされた動画=ユーザーに興味を持たれていない動画と判断されないために、テキストを効果的に入れましょう。

例えば「最後に驚くべきことが…⁉」といった文面を見たら、つい気になって最後まで見てしまいますよね。 ほかにも動画加工において、「目を引く色使い」「印象的な効果音」を利用して視覚的・聴覚的にユーザーを惹きつけましょう。

TikTokは量より質!

TikTokのおすすめフィードは、ちょっとした一工夫をするだけでも載りやすくなります。

しかし最後に1つお伝えしたいのは、TikTokは量より質ということです。

特に流行りの音源やハッシュタグに関しては、使用するユーザーが多い分そのなかで何か秀でるものがないといけません。

だからこそ、ただ動画を上げ続けるのではなくクオリティを気にしてみてください。

まず今回解説したポイントを1つでも取り入れて、再生回数を伸ばしていきましょう。

\こちらもおすすめ/

【効率的にファンを増やす】TikTok分析の方法を解説!アカウントを伸ばすために注視すべきポイント

【TikTok成功例】驚異の1000万回再生動画も!企業らしくないTikTokアカウント「おさ活」がバズったワケは“Z世代企業”にあった?

顔出しせずにTikTokを伸ばす方法を解説します【ライブ配信をして稼ぐ】



トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

\インフルエンサーマーケティングに興味がある方へ/

【インフルエンサーマーケティング】月額4万円~PR依頼し放題!圧倒的コスパの『トリドリマーケティング』初月半額+1万円キャッシュバック

\ この記事をシェア /

ライター紹介

あんず

インタビュアー、ライター、編集

NO SNS,NO LIFE. SNS時代と呼ばれる今に欠かせない情報を、Z世代ならではの視点で発信していきます。
あんずの記事を見る

  • PR

  • x
  • このライターの記事

    あんずの記事を見る

  • PR

  • x
  • ランキング

    タグ一覧

    • PR

    • インターネット・光回線総合比較メディア:厳選.com
    • みりょくがいっぱい。台東区をご案内