137 view

Twitter Instagram

【SNSマーケティング】飲食店を盛り上げるSNSマーケティング戦略、注意点を解説

\ この記事をシェア /

経費が多くかかる広告宣伝。この問題を解消するのが無料ではじめられるSNSです。

飲食店を経営している方の中には、SNSを活用して効果的な宣伝をしてどうにか集客を増やして顧客の流入をもくろんでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、具体的な運用方法と効果に関しては知らない方が多いのが実情です。

本記事ではSNSを飲食店の広告として利用した時のメリットからその成功事例、そしてSNSで宣伝する際の注意点までを解説していきます。

飲食店がSNSを宣伝に使うメリット

飲食店は、たくさんの顧客にお店まで足を運んでもらうことが売上を伸ばす上で最も必要なことになります。

売りとなる料理やサービスにアイデアを絞ることは尽力するべき要項となりますが、とにかく集客して、店舗に顧客を流入させなければ全ては意味のないことになってしまうのです。

しかし、宣伝広告費を多くかけられない飲食店は、店名や所在地を多くの人に認知してもらうことが難しいです。

解決方法としてあげられるのが、検索で引っ掛かりやすいハッシュタグをつけた投稿をすること。また、InstagramやTwitter、TikTokのようなSNSでハッシュタグをつけてユーザーに商品を食べている動画を投稿してもらうことで認知度の向上を見込むことが可能となります。

SNSは実質無料で店舗の情報や商品の紹介を多くのユーザーに提供することができるようになるのです。

その結果、高額な広告を作って配布したり、ホームページを構築したりする費用をかけなくても集客、来客という目的を達成することが可能となります。

SNSを使った集客とその成功例

飲食店がSNSを利用すれば無駄な広告宣伝費をかけなくても、多くのユーザーを顧客として集客できることがお分かりいただけたのではないでしょうか?

それではその成功例を2つご紹介します。

Instagramでの効果的な集客

あるハンバーガー屋では、サーブされるハンバーガーや飲み物を若い世代が注目するように見た目の美しさに工夫を凝らしてInstagramに投稿しています。

その写真はどれも鮮やかで俗にいう〝インスタ映え〟するもの。投稿写真を見た若い年齢層のユーザーが顧客として店舗に流入して売上を上げているのです。

大衆の視覚を刺激する投稿は、統一感のある写真とシンプルな文章で商品説明や店舗紹介を記載したもの。そういった投稿を続けることでInstagramを多用する世代のユーザーを顧客とするための宣伝活動に成功しています。

Twitterでの効果的な集客

元来短い文章の投稿しかできないTwitterを駆使した飲食店の宣伝活動でも、集客を伸ばして売上に大きく貢献できます。

短文でユーザーに必要な情報だけ伝えられることから、店舗の営業時間や今日のおすすめなどリアルタイムの情報を提供することが可能。結果、集客や商品に対しての強い訴求ができるのです。

ある居酒屋では開店時間と本日のおすすめ商品の紹介を毎日配信することで、既存顧客の定着と新規顧客の流入に成功しています。

また、InstagramとTwitterをかけ合わせて、商品の写真と情報をユーザーに配信することで、さらに強力な集客力と宣伝効果が見込めます。顧客の大きな流入に貢献するマーケティング戦略となるはずです。

SNSマーケティングを利用する際の注意点

上記でご説明した通り、SNSでのマーケティングは宣伝広告費を極力抑えたい飲食店にとって大変相性がいいマーケティング手法となることは確かです。

しかし、SNSマーケティングを飲食店のマーケティングとして活用する際に注意すべき点が2点あります。それは「コンセプトの統一」と「提供情報の管理」です。

店舗のイメージ向上にもつながるInstagramの投稿写真からは、その店舗イメージも顧客に伝達されることになります。

ですから、ブランドイメージに沿ったコンセプトを予め決定してコンセプトに沿った統一された写真を投稿する必要があるでしょう。

また、Twitterで配信される情報に間違いがあっては流入してくる顧客に不信感を与えかねませんし、〝炎上〟に繋がる恐れもありますから注意が必要となります。

配信する情報は確実なものとなるように、適切に管理する必要があるのです。

飲食店に最適なSNSマーケティング まとめ

ここまでにお伝えしてきたように、SNSマーケティングは広告宣伝費を最小限にとどめたい飲食店にとって大変有効なマーケティングのひとつといえます。

無料で運用できるInstagramやTwitterなどのSNSを駆使して、店舗のイメージに合った写真を配信してファンを集め、新規顧客を開拓していくことも可能でしょう。

毎日の旬な情報の提供は既存顧客の定着を促して、売上の安定にもつなげることができます。

コンセプトに沿った写真の投稿で店舗イメージをユーザーに伝えて店舗への流入を促し、確かな情報を配信することで、無料で売上に貢献できる良質な宣伝を可能とするのが飲食店におけるSNSマーケティングなのです。

\ この記事をシェア /

ライター紹介

カリスマめぐり編集部

SNSマーケティングについて発信します

カリスマめぐり編集部です。 企業・個人のSNSマーケティング戦略のお手伝いができるよう精進していきます。
カリスマめぐり編集部の記事を見る

  • Twitter
  • このライターの記事

    【2022年】SNS動画マーケティング SNSが提供する動画配信サービスの有効活用と効果をご紹介
    Pinterestとは?企業で活用するために意識しておきたいことをわかりやすく解説
    カリスマめぐり編集部の記事を見る

  • Twitter
  • ランキング

    タグ一覧

    • みりょくがいっぱい。台東区をご案内