156 view

TikTok Instagram YouTube ライブ配信

【話題沸騰】ライブ配信を活かしてマーケティングで成果を出す

\ この記事をシェア /

最近話題の「ライブ配信」というのをご存知でしょうか?

特に有名なのがYouTube、Instagram、TikTokが有名です。

他にもライブ配信に特化したプラットフォームがあります。

今回はこのライブ配信がマーケティングを成功させる鍵を握っているという話をしていきます。

最近はライブ配信を活用している人が個人でも企業でも増えてきています。

マーケティングの可能性を広げて、売上を伸ばしたいという人は最後まで必ず読んでください!

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

ライブ配信とは

そもそもライブ配信とはどういったものなのかをご存知でしょうか?

ライブ配信とは、主催者が主催しているものリアルタイムでユーザーが確認できるものになっています。

テレビの生放送とほぼ同じです。テレビの生放送と違うのは、ユーザーが主催者に絡んでいくことができるかどうかです。

テレビは視聴者が出演者に絡んでいくことはできませんが、前述したYouTube、Instagram、TikTokではユーザーが主催者に絡んでいくことができます。

「絡む」というのは質問をしたり、いいねをしたり、オンラインでプレゼントを渡したりすることができます。

そこで主催者からも反応してもらえることがあるので、ライブ配信を楽しみにしているユーザーはかなり多くなっています。

ライブ配信でマーケティングをする

ライブ配信でできるマーケティング戦略は、基本的に「ブランディング」と「認知拡大」になります。

ライブ配信をして直接集客をしたり、何かの登録をしてもらうというのはあまり取られない手段になります。

例えば、「うちの会社はこんな会社だよ」とか「この商品使ってこうなったよ」とかが多いです。

また、ユーザーからの質問に答えることでどんな考えを持っているのかや、専門的な知識などを伝えることもできます。

また新しいユーザーにアプローチできる可能性も増えます。

YouTubeやInstagramはチャンネル登録をしてい人、フォローしている人にしかライブ配信していることが伝わりませんが、TikTokであればフォローしていない人にも表示されます。

例えば、あなたがダイエット系の発信をしているTikTokerで、ライブ配信をしている時に、ダイエットに関する情報をよく見ているユーザであればフォローしていなくても表示される可能性があります。

このようにしてまだ知らない人にもアプローチできる媒体もあります。

ライブ配信のメリット

では、ライブ配信のメリットはどのようなものなのでしょうか? なぜブランディングや認知の拡大につながるのかについて解説をしていきます。

信頼関係の構築

まずはリアルタイムでつながるので、信頼関係の構築につながります。

やはり、リアルタイムで視聴することで”人となり”がわかるので、信頼につながります。

「こんな一面もあるんだ」「意外と優しい」「こんな価値観なんだ」とたくさんのことを知れるので、信頼を築きやすくなります。

前はあまり良い印象を持っていなかったけど、ライブ配信で色々知ることで印象が良くなりましたという声はたくさんあります。

認知拡大

先ほどもお伝えした通り、「認知の拡大」にもつながります。

YouTubeやInstagramのライブ配信はチャンネル登録者やフォロワーにしかライブ配信をしている通知がいきませんが、話題性があればチャンネル登録及びフォローをしていない人にも視聴してもらえます。

特にTikTokであれば、フォローをしていない人でも表示される可能性があるので認知の拡大を目指すには適した媒体になります。

ブランディング

ライブ配信を通して自社のブランディングを図ることができます。

ブランディングとは何かと言うと「うちはこういう会社です!」という方向性のことを指します。

ライブ配信で視聴者の質問に答えたり、自社の商品やサービスのPRをしたり、考えや目標を発表することで「こんな会社なんだ!」と魅力を感じてもらえます。

とにかく知ってもらうことで、よりファンを獲得することにつながります。

ライブ配信をマーケティングにつなげる

ライブ配信を通して「信頼関係の構築」「認知拡大」「ブランディング」をできたとしてどのようにマーケティングにつなげるのかはまだ分からないですよね。

ここからはどのようにしてマーケティングへとつなげていくのかを解説していきます。

ライブ配信をして売上につなげる方法は基本的には2つしかありません。

1つは「自然と商品購入・サービス登録につなげる」という方法です。2つ目は「宣伝をする」という方法です。

1つ目の方法に関しては、前述した通りライブ配信をすれば「信頼構築」「認知拡大」「ブランディング」ができます。

それができると自然と成約につながります。

ライブ配信がもたらす影響をそのまま利用して自然と売上につなげていきます。

もう一つの「宣伝をする」というのは、「こんな商品が出ました」とか「こんなサービスを始めました」などと宣伝をするものになります。

直接的に伝えることで「自分もほしい!」とか「このサービスを受けたい!」と思ってもらえるようにするという方法があります。

ライブ配信の注意点

最後にライブ配信をするにあたっての注意点を解説しておきます。

ライブ配信はその名の通り「リアルタイム」で行われるものです。

例えば、配信中に誤って不適切な発言をしてしまったりすると取り返しがつかなくなってしまいます。

良くも悪くも逃げ場がないのです。炎上するような内容を発信してしまえば、信頼を取り戻すのはかなり大変になります。

ですので、ライブ配信をする時には自分の言動には特に注意を払う必要があります。 ライブ配信がきっかけで炎上した企業や個人もたくさんいるので気をつけましょう!

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

まとめ

今回は「ライブ配信をマーケティングに活かす」というテーマで解説をしてきました。

ライブ配信は最近は活用している個人や企業がかなり多くなってきています。

そのトレンドに乗り、マーケティングで成果を出すライブ配信をしていきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

\ この記事をシェア /

ライター紹介

タクマ

フリーライター

"成約につながる"Web制作が得意です!頼の希望に沿うように対応します! LP制作・ブログ記事・メディア運営などご希望に沿う形でサポートします! 現在、2つの企業様からメディア運営を任せて頂いており、半年で月間PV数1万を達成しました。
タクマの記事を見る

  • Twitter
  • このライターの記事

    タクマの記事を見る

  • Twitter
  • ランキング

    タグ一覧

    • みりょくがいっぱい。台東区をご案内