233 view

TikTok

【だれでも応募可】縦型映像コンテスト『VERTICAL MV CONTEST 2023 Powered by TikTok|日本テレビ』開催中!

\ この記事をシェア /

縦型動画のプラットフォーム・TikTokと日テレがタッグを組んだコンテスト『VERTICAL MV CONTEST 2023』が現在開催中です。

TikTokと言えば、縦型動画にフォーカスした多様な試みを行っていますが、今回のテーマは“縦型ミュージックビデオ”。

コンテスト課題曲のカバーを「JO1」が務めていることでも注目を集めています。

本記事にてコンテストの詳細をまとめたので、興味のある方は必見です。

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

JAPAN VERTICAL MV CONTEST 2023』について

出典:JAPAN VERTICAL MV CONTEST 2023

コンテスト概要

『JAPAN VERTICAL MV CONTEST 2023』は、ショートムービープラットフォームのTikTokと日本テレビがタッグを組んだコンテストです。

SNS時代の今、ネット上にはさまざまな映像作品がアップされており、プロ・アマの境界線はなくなりつつあります。

実写・CG・アニメーションといった表現手法だけでなく、生成AIも活用されて映像の可能性はさらに広がっているのです。

そんな時代の変化を受け、これからどんな“表現”が生まれてどんな“クリエイター”が現れるのか、見てみたいし多くの人に見てほしいとの想いからスタートされました。

募集テーマは“JO1”歌唱曲

出典:JAPAN VERTICAL MV CONTEST 2023

募集テーマ曲は、『WOW WAR TONIGHT~時には起こせよムーヴメント(JO1 ver.)』

1995年に浜田雅功(ダウンタウン)と小室哲哉による音楽ユニット・H Jungle with tが歌い一斉を風靡した名曲で、令和の時代に大人気のグローバルボーイズグループ・JO1が新たなアレンジを加えてカバーしました。

@jvmc.tiktok #JVMC2023 @JO1 の皆様よりコメントを頂きました!✨ 課題曲「WOW WAR TONIGHT ~時には起こせよムーヴメント(JO1 ver.) 」を使用した縦型映像であればどんなジャンルでもOK👍 応募方法は、楽曲を紐付けた上で、TikTokでハッシュタグ #JVMC2023 #縦型MV をつけて投稿するだけ👌沢山の素敵なご応募、お待ちしております!✨ #縦型MV #縦型映像コンテスト #JO1_WOW_WAR_TONIGHT #JO1 ♬ WOW WAR TONIGHT ~時には起こせよムーヴメント – (JO1 ver.) -MV Contest サビ- – JO1

ドラマ・CG・アニメなどのジャンルは一切問わず、縦型のショート尺のなかで表現する標線的なフィールド“ミュージックビデオ”が舞台です。

平成の名曲が令和でリバイバルされ、縦型ミュージックビデオとして新しい表現や映像が募集されます。

課題曲はABメロパート、サビパート、ダンスブレイクパートの3種類からどれか1つを選ぶことが可能です。

コンテストの《応募方法》

作品の応募期間は、2023年12月1日(金)~2024年2月13日(火)23時59分まで

下記の手順にしたがって、TikTok投稿を行いましょう。

①投稿する動画(10分未満)を選択します。

出典:JAPAN VERTICAL MV CONTEST 2023

②3つの課題曲から1曲(60秒未満)を選び、楽曲設定を行いましょう。

出典:JAPAN VERTICAL MV CONTEST 2023

③ハッシュタグに「#JVMC2023」、「#縦型MV」をつけて投稿したら応募完了!

出典:JAPAN VERTICAL MV CONTEST 2023

応募様式は、「縦であれば、自由」とのこと。

縦画角であれば、ドラマ・CG・アニメ・AI・パフォーマンス・イラストなど応募者の自由です。

ただし、作品は1投稿で完結されていることが条件で、複数投稿で構成された作品やエピソードは選考対象外となるのでご注意ください。

グランプリ発表までの流れ

コンテスト審査はまず、視聴数といいね数を加味した総合評価により、ファイナリストが15作品ほど選出されます。

その後、TikTok LIVEで生配信される授賞式(都内)にて、最終結果の発表および賞の贈呈が実施予定です。

  • 2023年12月1日(金) 応募受付開始
  • 2024年2月13日(火) 応募受付締切
  • 2024年3月上旬 ファイナリスト発表
  • 2024年3月中旬 最終結果発表

グランプリはなんと、賞金100万円。次いで準グランプリ、観客賞はともに賞金10万円となっています。

さらに各賞を受賞した作品は、日本テレビ「SENSORS」で放送されることも決定。

クリエイターが活躍できるチャンスが用意されています。

まとめ

TikTokと日テレがタッグを組んだ縦型映像コンテスト『VERTICAL MV CONTEST 2023』。

平成と令和が融合した新たな可能性を感じることができる試みです。

本コンテストで、次世代のクリエイターが発掘されるかもしれません。

規定を満たしていればだれでも応募できるので、少しでも気になった方はぜひトライしてみては?

\こちらもおすすめ/

TikTokで密かなブーム⁉ AIが歌う嵐、back number、あいみょんのクオリティが高すぎる【AIカバー】

『TikTok TOHO Film Festival 2023』のグランプリが決定! 新たなジャンル”縦型映画”の受賞作品を一挙ご紹介

【TikTokで話題】恋愛タイプ診断のやり方は? サイトはどれ? 当たると噂の「RAYSEE(レイシー)」をご紹介

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

\インフルエンサーマーケティングに興味がある方へ/

【インフルエンサーマーケティング】月額5万円~PR依頼し放題!圧倒的コスパの『トリドリマーケティング』初月半額+1万円キャッシュバック

\ この記事をシェア /

ライター紹介

あんず

インタビュアー、ライター、編集

NO SNS,NO LIFE. SNS時代と呼ばれる今に欠かせない情報を、Z世代ならではの視点で発信していきます。
あんずの記事を見る

  • PR

  • x
  • このライターの記事

    あんずの記事を見る

  • PR

  • x
  • ランキング

    タグ一覧

    • PR

    • インターネット・光回線総合比較メディア:厳選.com
    • みりょくがいっぱい。台東区をご案内