270 view

YouTube

ハードオフ久留米国分店のYouTubeは何故ここまでバズるのか? その魅力に迫る!

\ この記事をシェア /

ハードオフとは、楽器や家電・パソコン・ゲームなどの不用品を回収するショップです。

そんなハードオフの店舗の1つである久留米国分店のYouTubeは高い再生回数を誇り、多くの人から注目を集めています。

昨今YouTubeを運用する企業や個人が増えており、「YouTubeチャンネルを伸ばす秘訣を知りたい!」とお考えの方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、ハードオフ久留米国分店のYouTubeに焦点を当て、成功の秘訣を探ります。

YouTube運用をお考えの方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

ハードオフ久留米国分店のYouTubeってどんなチャンネル?

ハードオフ久留米国分店のYouTubeは、店長の永田さんが運営しているチャンネルです。

出典:@nagata-hardoffkurumekokubuten

店長の永田さんご本人が動画に出演し、楽器を演奏したり歌を歌ったりしています。

永田さんは2021年1月に自身のYouTubeチャンネル「永田 ハードオフ久留米国分店」を開設しました。

その際、ジャンク品の楽器を使って有名な曲を演奏する動画を投稿。 投稿してすぐは注目されませんでしたが、後に話題となり、現在ではチャンネル登録者数30万人近くのチャンネルへ成長しました。

2021年11月1日に投稿された「ハードオフ店員がジャンク品でX JAPANのRusty Nailを演奏」という動画は、なんと再生数600万回越えを誇ります。

演奏シーンだけでなく、登場シーンにもたっぷり時間を費やしているのが印象的。

永田さんの演奏は、ジャンク品とは思えないほどクオリティが高く、演出方法も魅力的です。そのため、多くの人から注目を集めています。

さらに先ほど紹介した動画は、X Japan・YOSHIKIさんご本人まで届いて投稿が引用されました。

そのほかにも定期的に話題の楽曲を扱っており、どれも人気の高い動画へと成長しています。

出典:@nagata-hardoffkurumekokubuten

ハードオフ久留米国分店のYouTubeはなぜ魅力的なのか?

「1人でここまで表現できるなんてすごい」「才能がありすぎる」と絶賛されている店長の永田さん。

なぜこんなにも多くの人から愛されているのでしょうか。

ここからは、ハードオフ久留米国分店のYouTubeが魅力的な理由を深堀りしていきます。

編集方法や演出が独特

永田さんの演奏は、演奏のクオリティが高いだけでなく、その独創的なアイデアも多くの人を魅了しています。

全て1人で演奏しているだけでなく、ギターやドラム、キーボード、ボーカルと何パターンも撮影して複数人を演じているのが特徴です。

すべて同一人物ですが、それぞれに個性があるため、見ごたえ十分です。

演奏のクオリティと相まって、相乗効果的に動画全体のクオリティも高まっているといえるでしょう。

店長永田さんの表現力がすごい

撮影・編集・演奏とすべて1人でこなしている永田さん。その表現力には目を見張るものがあります。こちらの動画をご覧ください。

「月光花」はしっとりとしたバイオリンの旋律からスタートする曲ですが、それを自らの声で表現しています。

セグウェイに乗って登場するシーンを撮ったり、ジャンク品の紹介をしたり、多彩な表現方法で視聴者を楽しませてくれます。

1曲にここまでの要素を詰め込んだ動画は、なかなか見られないのではないでしょうか。

また編集技術も素晴らしく、遊び心のある動画に仕上がっています。

永田さんの歌唱力や演奏技術、ジャンク品の活用につい見入ってしまいますね。

楽しんでいる気持ちが伝わる!

ジャンク品は、本来は捨てられたり格安で売られたりするものですが、永田さんはそれらを組み合わせることで、新たな価値を生み出しています。

ご本人は音楽が大好きで、X JAPANやGLAYなどのロックバンドを好んでよく聴いているとのこと。

自分が好きなことを全力で表現している姿は、とても魅力的に映ります。

SNSや動画のコメント欄でも、好意的なコメントが多数寄せられています。

動画を見ていると、ジャンク品に対する思いや、自分が楽しんで表現していることが伝わりますね。

永田さんの楽しむ姿に、元気づけられている人がたくさんいるようです。

まとめ:愛されるYouTubeチャンネルを作る秘訣は?

ハードオフ久留米国分店のYouTubeには、愛されるポイントが詰まっています。

チャンネルを見て、重要であると感じたポイントを下記に示しました。

  1. 動画投稿者本人が楽しんで取り組んでいる
  2. 得意の分野を伸ばしている
  3. 独自性のある内容を発信している
  4. 積極的に視聴者とのコミュニケーションをとっている
  5. 流行りを取り入れている

ハードオフ久留米国分店のチャンネルの動画は、永田さんの明るい人柄が伝わってくるような、温かみのある雰囲気があります。

また、動画のコメント欄では、永田さんと視聴者との交流が行われていることも印象的でした。

このように自分が好きなことを表現し、視聴者に寄り添うことが、チャンネルのファンを増やすことにつながるのかもしれません。

動画を制作する際には、永田さんのように楽しみながら、視聴者が共感できるよう心がけることが重要であるといえます。

ぜひ、ご自身のチャンネルにもこのような工夫を活かしてみてはいかがでしょうか。

\こちらもおすすめ/

【Twitchパートナー1周年】現役Vtuberりえぺこさんにインタビュー|たくさんのファンに囲まれて配信できている体験談

焼き鳥どんがTikTokでバズり中!「あるある動画」が面白すぎると話題に

【集客】PR動画に力を入れる地方自治体が増加! 成功のコツや制作時の注意点とは

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

\インフルエンサーマーケティングに興味がある方へ/

【インフルエンサーマーケティング】月額5万円~PR依頼し放題!圧倒的コスパの『トリドリマーケティング』初月半額+1万円キャッシュバック

\ この記事をシェア /

ライター紹介

つむぎ

フリーライター

1995年生まれの女性フリーライター。 当時2歳の子どもを育てながら、26歳でWEBの世界へ飛び込みました。 SNSの運用やWEB活用方法についての記事をお届けします。
つむぎの記事を見る

  • PR

  • x
  • このライターの記事

    つむぎの記事を見る

  • PR

  • x
  • ランキング

    タグ一覧

    • PR

    • インターネット・光回線総合比較メディア:厳選.com
    • みりょくがいっぱい。台東区をご案内