936 view

TikTok

【商品が爆売れ】TikTok売れを徹底解剖!参考事例も含めてご紹介

\ この記事をシェア /

SNSでの投稿が「バズる」ことにより、その商品が爆売れしたというケースはさまざまあります。

その中でも「TikTok売れ」という現象をご存じでしょうか。今回の記事では、今注目の「TikTok売れ」を徹底解剖していきます。実際に「TikTok売れ」した商品の成功事例から紐解き、解説していきます。「TikTok売れ」の仕組みや、Z世代の購買行動について、マーケティングに役立つ情報を詳しく見ていきましょう。

さまざまなSNSを使って試行錯誤している企業のみなさま!「TikTok売れ」で商品をバズらせてみませんか?

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

TikTok売れとは

「日経トレンディ2021年12月号」で発表された「2021年ヒット商品ベスト30」で、1位を獲得したキーワードが「TikTok売れ」です。さまざまな商品がTikTokをきっかけに、爆発的に売れたことから生まれた言葉です。

実際の成功事例を見てみよう

それでは早速、実際にTikTok売れした商品の数々を見ていきましょう!

地球グミ

おそらく、みなさま一度は耳にしたことのある「地球グミ」。これもTikTokが火種となり、爆発的なヒットとなりました。

地球型のグミのケースをパキっと割って出すところから始まる動画たち。触感が気になる見た目や、食べた後真っ青になった舌など、動画で注目されるポイントが多いアイテムです。思わず自分もマネしたくなります。

実際、さまざまなインフルエンサーもTikTokの動画に取り入れ、商品は爆売れ。しばらく地球グミを買いたくても手に入らない状況が続いたほどです。

KATE「リップモンスター」

@arichan_make

いまSNSで大バズりしているこのリップ、もう買った?💄👾 #コスメ #リップモンスター

♬ オリジナル楽曲 – 蒼 葉 _そ よ_ – 𝙢𝙞𝙣𝙖

カネボウ化粧品KATEの「リップモンスター」も、TikTok売れした商品の一つです。コロナの影響でマスク着用が当たり前になった世の中で、リップはもう売れないといった風潮になっていました。しかし、リップモンスターは発売から約10か月で約240万本を販売。

なぜTikTok売れにつながったのでしょうか。それはカラーの豊富さに加え「パンプキンワイン」「3:00AMの微酔」などと名付けられたそれぞれのカラーネーミングにあります。それってどんな色?比べてみたい!といった、ユーザーのニーズに応えるようなインフルエンサーの動画がたくさん投稿されました。

雪印メグミルク「さけるチーズ」

雪印メグミルク「さけるチーズ」の商品を使ったアレンジレシピの動画がたくさん投稿され、商品そのものもヒットしました。

雪印メグミルクの公式サイトで「さけチー焼き」が紹介され、そこからTikTokでもさまざまなアレンジレシピの投稿が相次いだのです。チーズが伸びる感じや、食べた後のリアクションなど動画向けのアイテムといえます。思わず自分でもオリジナルレシピを考案して、投稿したくなりますね!

雨穴「変な〇〇」

TikTokがきっかけとなり、ヒットした書籍も数多くあります。その中でも雨穴さんの「変な〇〇」シリーズは話題となりました。書籍紹介で人気のインフルエンサーが火種となったこのシリーズ。とにかく不気味な感じが伝わってくる動画で、実際に読んでみなければ気が収まらなくなります!「面白そう!」「続きが気になって仕方ない!」などユーザーの心を掴み、TikTok売れにつながりました。

TikTok売れの共通点とは

TikTokでバズることにより、モノが飛ぶように売れるこの現象。商品とその関連投稿についてどういった共通点があるのか分析すると、ある傾向が見えてきます。それは「体験欲求」です。

TikTok売れした商品は、すべてZ世代の体験欲求を刺激する内容です。例えば地球グミは「不思議な質感のグミを実際に食べてみたい」「食べた後に舌が真っ青になる体験をしたい」といった体験欲求が購買につながっています。

さけるチーズに関しても、単純にフライパンで焼くだけの投稿から「もっとアレンジしてみたい」という体験欲求を刺激し、さまざまなアレンジレシピの投稿が相次ぎ、さらにバズる結果に。

このように「TikTok売れ」した商品は、Z世代の体験欲求をかき立てる表現がされているという特徴があります。Z世代はモノが欲しい!という「物欲」よりも、自分もやってみたい!という「体験欲求」が勝っているようです。そのZ世代の「体験欲求」とTikTok内で表現される「商品体験」が起こす化学反応でTikTok売れが発生していると考えられます。これから、どんな「TikTok売れ」が生まれるのか楽しみですね!

まとめ

TikTokでバズることにより、商品ブランドの価値の定着・継続的な集客や売り上げを獲得できます。しかし、実際の成功事例でご紹介したケースは「偶然的なバズり」がほとんどです。企業が戦略的にTikTokを使って商品をバズらせたケースは稀です。企業が自社商品をアピールすると、どうしても広告感が前面に出てしまい疎まれてしまいます。

\こちらもおすすめ/

【TikTok流行語大賞2022】あの大バズリした〝チグハグ〟が大賞に!今年のTikTokトレンドを一挙にご紹介

TikTokのバズらせ方を解説します。TikTokでバズれば人生が変わります。

【企業向け】TikTok参入企業が意識すべき5つのポイントとは?

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

\インフルエンサーマーケティングに興味がある方へ/

【インフルエンサーマーケティング】月額4万円~PR依頼し放題!圧倒的コスパの『トリドリマーケティング』初月半額+1万円キャッシュバック

\ この記事をシェア /

ライター紹介

minami

フリーライター

一度きりの人生☆とことん楽しむぞ!! いろいろなことに興味を持って毎日を楽しく生きるフリーライター。 出版社勤務の経験を活かして、質の高い記事をお届けします^^
minamiの記事を見る

  • PR

  • x
  • このライターの記事

    minamiの記事を見る

  • PR

  • x
  • ランキング

    タグ一覧

    • PR

    • インターネット・光回線総合比較メディア:厳選.com
    • みりょくがいっぱい。台東区をご案内