286 view

Instagram TikTok X(旧Twitter) YouTube

SNSで大人気の料理系インフルエンサー(バヤシ、リュウジ、まるみキッチン……etc)5選! 料理本を出版するほど注目される需要について

\ この記事をシェア /

近年、料理系インフルエンサーの需要が急上昇しています。

きっかけはコロナ禍。

一時期おうち時間が増えたことによって、人々の自炊への意識が高まり、簡単レシピなどの料理動画が見られるようになりました。

そこで本記事では、SNSで大人気の料理系インフルエンサー5名をご紹介!

料理本を出版しているほど注目の方々を厳選したので、SNS運用の参考にもなるかと思います。

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

料理系インフルエンサーに注目!

X(旧Twitter)、Instagram、TikTokとさまざまなSNSで料理系インフルエンサーを見かけるようになった今。

その競争率は激しさを増していますが、特に需要があるとされているのは簡単かつおいしいレシピ動画です。

いわゆる「ズボラ飯」と呼ばれるような、とにかく簡単だけど本格的な味わいの料理が人気となっています。

SNSで話題となったペッパーランチやライスペーパーが具体例として挙げられるでしょう。

そういった簡単レシピ動画を投稿する料理系インフルエンサーの中でも、特に人気を集める方々を以降でご紹介します。

人気の料理系インフルエンサー5選

今回は、下記の料理系インフルエンサー5名をピックアップしました。

・バヤシ🥑Bayashi
リュウジ@料理のおにいさんバズレシピ
まるみキッチン【簡単レシピ】
Mizuki【#料理・#簡単レシピ】
・だれウマ

1人ずつ見ていきましょう。

バヤシ🥑Bayashi

バヤシ
出典:bayashi.tiktok

バヤシさんは、「料理×ASMR×大食い×音ハメ」をテーマに動画を制作しているクリエイターです。

TikTokフォロワー数日本1の記録を持ち、累計いいね数は脅威の16億回……。

世界的スターであるBTS・ジョングクがフォロー&コメントをしたことでも話題となりました。

@bayashi.tiktok #tiktokfood ♬ Seven (feat. Latto) – Clean Ver. – Jung Kook & Latto

思わず真似したくなるような簡単レシピに加え、食欲をそそられるビジュアル、ASMRによる音ハメが相まって数多くのファンを獲得しています。

リュウジ@料理のおにいさんバズレシピ

リュウジ@料理のおにいさんバズレシピ
出典:@ore825

リュウジさんは、SNS総フォロワー900万人越えの料理研究家です。

料理研究家になったきっかけは、X(旧Twitter)に投稿した「大根のから揚げ」。

このありそうでなかった唯一無二のレシピが反響を呼び、数えきれないほどのバズレシピを生み出しています。

さらに多くのレシピ本も出版しており、なかでも『至高のレシピ』は2022年「料理レシピ本大賞 in Japan」の大賞を受賞するほど勢いがとどまることを知りません。

まるみキッチン【簡単レシピ】

まるみキッチン【簡単レシピ】
出典:@marumi_kitchen

まるみキッチンさんは、”だれでもカンタンに作れる”をモットーとした料理研究家です。

SNS総フォロワー250万人越えで、炊き込みご飯の超お手軽レシピは多くのテレビに取り上げられるほど注目されています。

さらに初書籍『やる気1%ごはん』が、2023年「料理レシピ本大賞 in Japan」の大賞を受賞して話題となっています。

Mizuki【#料理・#簡単レシピ】

Mizuki【#料理・#簡単レシピ】
出典:@mizuki_31cafe

Mizukiさんは、簡単・時短・節約の切り口から料理レシピを提供する料理研究家です。

Instagramフォロワー数は120万人を突破しており、テレビ出演はもちろんのことドラマの料理監修まで務める売れっ子です。

さらに『Mizukiのレシピノート決定版!500品』は、発売からわずか2か月で発行部数10万部を突破し、今年4月には累計25万部を突破してベストセラー本となりました。

だれウマ

出典:@muscle1046

だれウマさんは、ずぼら飯を中心に発信している筋トレ好きの料理研究家です。

SNS総フォロワー200万人を突破しており、料理に苦手意識のある超ズボラな方でも作れるレシピが人気となっています。

2021年に出版された『宇宙一ずぼら絶品めし』では、2022年「料理レシピ本大賞 in Japan」に入賞しており、ズボラの味方として活躍されています。

まとめ

今回は、SNSで大人気の料理系インフルエンサー5名をご紹介しました。

料理系ジャンルは、今後も安定して需要を保ち続けるジャンルだと言えます。

ただし競争率が高い分、そのなかで何か秀でるような”強み”が必要です。

だからこそ、こういったトップインフルエンサーからSNS運用のヒントを得てみてはいかがでしょうか。

\こちらもおすすめ/

【飲食店の集客成功例】インフルエンサーのPRで認知度UP&売り上げ2倍以上!トリドリマーケティング導入事例②飲食店編

自社ファン獲得につながる!レシピを活用したハウス食品のWebマーケティングに注目!

【Z世代に話題】TikTokで噂の“日本一接客態度の悪い”レストランとは? 一見ありえないコンセプトはなぜ受け入れられる?

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

\インフルエンサーマーケティングに興味がある方へ/

【インフルエンサーマーケティング】月額4万円~PR依頼し放題!圧倒的コスパの『トリドリマーケティング』初月半額+1万円キャッシュバック

\ この記事をシェア /

ライター紹介

あんず

インタビュアー、ライター、編集

NO SNS,NO LIFE. SNS時代と呼ばれる今に欠かせない情報を、Z世代ならではの視点で発信していきます。
あんずの記事を見る

  • PR

  • x
  • このライターの記事

    あんずの記事を見る

  • PR

  • x
  • ランキング

    タグ一覧

    • PR

    • インターネット・光回線総合比較メディア:厳選.com
    • みりょくがいっぱい。台東区をご案内