109 view

YouTube その他のSNS

ゲーム実況・配信で収益化できる?方法や注意点を解説!

\ この記事をシェア /

動画を配信して稼ぐ「YouTuber」や、ライブ配信で稼ぐ「ライバー」などの職業が世の中に広く認知されはじめています。

近年、ゲームの実況動画を投稿したりライブ配信を行なったりする「ゲーム配信者」を目にする機会も増えました。

そんなゲーム配信者に憧れを抱く人も少なくないのではないでしょうか?

しかし、気になるのは収益化の問題です。

今回は、ゲーム実況や配信で収益化したい場合の注意点や方法について解説します。

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

そもそも、ゲーム実況・配信で収益化はできる?

ゲームの実況や配信で稼ぐことは「可能」です。

実際にYouTubeやニコニコ動画、Twitchといった動画配信サイトで収益化している人たちがいます。

ゲームの実況や配信でファンがつけば、お金を稼ぐことも十分に可能なのです。

ただし、配信や実況を行なうときには、注意しておきたいポイントがあります。

どんなゲームでも収益化できるわけではありませんし、自由にプレイしながら配信できるゲームばかりではありません。

ゲームの実況・配信を始めたいときには、次で紹介する注意点を参照してみてください。

ゲーム実況・配信の注意点

ゲーム実況・配信を行なう際に必ず確認しておきたいのが、「著作権」「収益化条件」「ガイドライン」の3点です。 それぞれについて解説します。

著作権に注意しよう

まず、ゲームには著作権があることを覚えておきましょう。

配信不可のゲームをプレイした場合、著作権法に抵触してしまう可能性があります。

著作権法に違反しないためにも、ゲーム会社に実況・配信の許諾を得なければいけません。

ただし、毎回ゲーム会社に問い合わせをせずとも、実況者や配信者に向けた規定が設けられていることもあります。

実況や配信をしたい場合は、まずゲーム会社のHPを確認し、規定やガイドラインが確認できなければ、直接問い合わせて許諾を取りましょう。

ガイドラインを守る

最近では、ゲーム実況や配信のニーズが高まっていることから、ゲーム会社ごとにガイドラインを設けているケースが増えています。

ゲーム会社のHPに掲載されているガイドラインを確認し、実況や配信を行っても問題ないかどうかを確認しましょう。

ガイドラインに定められたルールに則って実況や配信をすれば、問題はありません。

例として、ゲーム会社のスクウェア・エニックスでは、ゲームソフトやシリーズごとに細かく規約を設けており、撮影禁止区間が設定されています。

ガイドラインに抵触した場合は、権利問題に発展する恐れがあるので、十分に注意しましょう。

収益化条件を確認する

著作権の問題がクリアできても、収益化が許可されていない場合は、実況や配信で利益を獲得できません。

ゲーム会社によって、収益化の条件は異なります。

たとえば、ニンテンドーでは全てのゲームに対して収益化を解禁していますが、その条件は、YouTubeなどの収益化を許可している一部のプラットフォームに限ります。

ゲーム配信・実況で収入を得たいと考えている場合は、実況・配信ができるかどうかだけでなく、収益化条件も合わせて確認しておくようにしましょう。

ゲーム実況・配信で稼ぐ方法

ゲーム実況や配信で稼ぐ方法には、「広告収入を得る」「寄付や投げ銭をもらう」の2通りがあります。

それぞれについて解説します。

広告収入を得る

動画に広告をつけて、視聴者にクリックされることで利益を得る方法です。

ゲームの配信ではなく、実況で稼ぎたいと考えている場合は、広告収入がメインとなる可能性が高いといえるでしょう。

YouTubeやニコニコ動画など、どのプラットフォームで配信を行なうかによって広告収入のシステムが異なります。

たとえばYouTubeでは、「YouTubeパートナーシップ」という広告収入システムが適用されます。

広告を利用するための条件もプラットフォームごとに違うため、広告収入での収益化を目指す場合は事前に確認をしておきましょう。

寄付や投げ銭をもらう

動画の視聴者やファンから寄付や投げ銭をもらう方法です。

ドネーションとも呼ばれており、配信者に寄付や投げ銭を行なうシステムをライブ配信に紐づけられるサービスもあります。

YouTubeの収益化条件を満たしていない場合でも、ライブ配信にドネーションシステムを導入すれば、拡張機能によって投げ銭を受け取ることも可能です。

また、寄付は配信中でなくても受け取ることができます。

ただし、積極的に投げ銭を受け取りたいのであれば収録済みの実況動画を投稿するよりも、配信を行なうのがおすすめです。

視聴者からすれば、リアルタイムで投げ銭できて配信者の反応が見られるほうが喜ばれます。

ゲーム配信で収入を得たい場合は、寄付や投げ銭による収益化を検討してみてください。

まとめ

ゲーム実況・配信で稼ぐためには、まず確認すべきことがたくさんあります。

プレイするゲームを選ぶことから、ガイドラインの確認、収益化する方法、配信サービスの選択など、さまざまな問題をクリアしていかなければなりません。

実況や配信で収入を得ることは簡単なことではありませんが、ひとつひとつ課題をクリアしていくことで、夢に近づいていけますよ。

ゲーム実況や配信に興味のある方は、ぜひ諦めずに挑戦してみてくださいね。

\こちらもおすすめ/

【副業初心者へ】ライブ配信で稼ぐ時代。時流に合わせた稼ぎ方を解説します

顔出しせずにTikTokを伸ばす方法を解説します【ライブ配信をして稼ぐ】

【稼ぐ】TikTokのギフト(投げ銭)はライブ配信だけじゃない。ショート動画にもギフト機能が実装!動画で稼げるの?

トリドリマーケティング -インフルエンサーに商品をPRしてもらおう-

\インフルエンサーマーケティングに興味がある方へ/

【インフルエンサーマーケティング】月額4万円~PR依頼し放題!圧倒的コスパの『トリドリマーケティング』初月半額+1万円キャッシュバック

\ この記事をシェア /

ライター紹介

つむぎ

フリーライター

1995年生まれの女性フリーライター。 当時2歳の子どもを育てながら、26歳でWEBの世界へ飛び込みました。 SNSの運用やWEB活用方法についての記事をお届けします。
つむぎの記事を見る

  • Twitter
  • このライターの記事

    つむぎの記事を見る

  • Twitter
  • ランキング

    タグ一覧

    • みりょくがいっぱい。台東区をご案内